通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

オートメーション プロジェクトのパブリッシュ

オートメーション プロジェクトのパブリッシュ とは、ワークフローおよびその他のファイルをフォルダーにアーカイブし、そのフォルダーをロボットに送信して実行できるようにすることをいいます。

オートメーション プロジェクトは、Orchestrator、カスタム NuGet フィード、またはローカルにパブリッシュできます。Orchestrator にパブリッシュすると、アーカイブされたプロジェクトが [パッケージ] ページに表示されます。ここから他のロボットに配布するには、パッケージを [ロボット グループ] に割り当てて、プロセスを作成します。

さらに、オートメーション プロジェクトは、カスタム NuGet フィードにパブリッシュできます。フィードで認証が必要な場合には、API キーを追加するオプションも提供されます。

プロジェクトをローカルにパブリッシュするには、ローカル マシン上のパスを指定する必要があります。このパスは、プロセスパッケージがパブリッシュされた場所とは別の場所へのパスです。ここから、後でロボットにパッケージを手動で送信してロボットで実行することができます。既定では、ローカルなパブリッシュの場所は %ProgramData%\UiPath\Packages です。

この操作は、[デザイン] リボン タブの [パブリッシュ] ボタンを使用して簡単に行えます。project.json ファイルが読み取り専用の場所に置かれていた場合、オートメーション プロジェクトはパブリッシュできません。

📘

重要

現時点では、StudioX プロジェクトを Orchestrator から実行することはできません。StudioX がローカルでライセンスされていて、Robot が Orchestrator に接続されていない場合は、プロジェクトを Robot デフォルトにパブリッシュしてロボットから実行できます。

オートメーション プロジェクトをパブリッシュするには、次の操作を行います。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。
  2. [デザイン] リボン タブで、[パブリッシュ] をクリックします。[プロジェクトをパブリッシュ] ウィンドウが開きます。
  3. [パブリッシュする場所] セクションで、プロジェクトをパブリッシュする場所を選択します。
    • [Orchestrator] - Robot が Orchestrator に接続されている場合は、パッケージを Orchestrator に送信します。
    • Robot デフォルト - Robot が Orchestrator に接続されていない場合は、パッケージをローカルでパブリッシュするために既定のフォルダー %ProgramData%\UiPath\Packages に保存します。
    • カスタム - カスタム NuGet フィードにパブリッシュするか、ローカル マシン上のフォルダーにパブリッシュします。
  4. [リリース ノート] セクションには、バージョンなどの関連情報の詳細を入力します。パブリッシュしたプロジェクトのリリース ノートは、Orchestrator の [パッケージ] セクションに表示されます。[リリース ノート] フィールドには、10,000 文字まで入力できます。
  5. [新しいバージョン] でプロジェクトに新しいバージョンを追加し、必要に応じて [プレリリース] チェック ボックスをオンにしてバージョンに alpha を示します。これにより、プロジェクトのバージョン スキーマがセマンティックに変更されます。プロジェクトのバージョン管理の詳細については、「オートメーション プロジェクトについて」ページをご覧ください。
  6. [パブリッシュ] をクリックします。プロジェクト フォルダー全体が .nupkg ファイルにアーカイブされ、選択したパブリッシュする場所に送信されます。
  7. プロジェクトが正常にパブリッシュされると、[情報] ダイアログ ボックスが表示され、パブリッシュする場所にプロジェクトがコピーされます。
    [情報] ダイアログ ボックスには次の情報が表示されます。
    • パブリッシュしたパッケージの名前。
    • パブリッシュしたパッケージのバージョン番号。
    • プロジェクトがパブリッシュされた場所 (プロジェクトがローカルにパブリッシュされた場合)
    • [クリップボードにコピー] オプション

📘

注:

[パブリッシュ] をクリックすると、そのたびにプロジェクトの新しいバージョンが作成されてパッケージ フィードに送信されます。セキュリティ保護されているフィードへのパブリッシュは、ロボット キー、Orchestrator の資格情報、Windows 認証、または API キーのいずれかで認証できます。

2 年前に更新


オートメーション プロジェクトのパブリッシュ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。