通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

繰り返し (メール メッセージ)

UiPath.Mail.Activities.Business.OutlookForEachMail

Outlook フォルダーまたは選択されている 1 つ以上のメッセージに含まれる各メールに対して、1 つ以上のアクティビティを実行します。複数のメッセージが作業対象で、各メッセージに対して 1 つ以上のアクティビティを繰り返す場合は、[繰り返し (メール メッセージ)] を使用します。その場合、繰り返すアクティビティは [繰り返し (メール メッセージ)] 内に追加します。アクティビティの入力を設定する場合は、plus buttonplus button メニューから [CurrentMail] を選択して、各メッセージにアクションを繰り返すことを指定します。一部のアクティビティでは、現在のメールのメッセージ フィールド、すなわち [件名][本文] (プレーン テキストのメッセージ本文)、[Bcc][Cc][宛先][送信元] (送信者と受信者のフィールドはメール アドレスのセミコロン区切りのリストを返します)、または [優先度] ([高]、[低]、[標準]) の中から、使用するメッセージ フィールドを選択する必要があります。

このアクティビティの使い方については、以下をご覧ください。

アクティビティの本体

  • [次の送信元のメールを使用] - フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックして、メニューから使用するメール メッセージがある Outlook フォルダーを選択するか、または [選択されたメール (複数)] または [選択されたフォルダー] を選択して、プロジェクトの実行時に Outlook で選択されているメッセージまたはフォルダーを使用します。または、[詳細エディターを開く] を選択し、VB の式を入力します。

プロパティ

共通

  • [示名 - デザイナー パネルに表示される、アクティビティの名前です。

その他

  • プライベート - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

オプション

2 年前に更新


繰り返し (メール メッセージ)


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。