通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

Outlook アカウント カード

UiPath.Mail.Activities.Business.OutlookApplicationCard

オートメーションで使用する Outlook アカウントを選択し、StudioX が Outlook と連携できるようにして、プロジェクトのすべてのアクティビティがアカウント データを使用できるようにします。カードを追加した後は、アクティビティを設定する場合に StudioX から直接アカウントのデータを選択できます。また、アカウントのデータを使用して実行する他の Outlook アクティビティを追加するコンテナーとしても機能します。

このアクティビティの使い方については、以下をご覧ください。

アクティビティの本体

  • メール アカウントを選択 - StudioX は自動的に既定の Outlook アカウントを選択します。ドロップダウン メニューから別のアカウントを選択できます。
  • 後で参照する名前 - オートメーション プロジェクトのアクティビティで後で Outlook アカウントを参照するときに使用する名前を入力します。

プロパティ

共通

  • 表示名 - デザイナー パネルに表示されるアクティビティの名前です。

ファイル (File)

その他

  • プライベート - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

3 年前に更新


Outlook アカウント カード


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。