通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

フォルダーを移動

UiPath.Core.Activities.MoveFolderX

指定されたフォルダーを別の場所に移動します。

このアクティビティの使い方については、「チュートリアル : ファイルとフォルダーを操作する」をご覧ください。

アクティビティの本体

  • コピー元 - フィールドの横にある browse filesbrowse files をクリックし、移動するフォルダーを参照して選択します。または、フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックして、メニューの選択可能なオプションから、移動するフォルダーのパスを示すオプションを選択します。
    • カードに追加したアプリケーションから取得するデータ。たとえば、Excel ファイルを選択してフォルダー パスを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからフォルダー パスを含むフィールドを指定します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したフォルダー パス形式の値を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでフォルダー パスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの式を結合できます。たとえば、Excel ワークスペースの式を使用して、フォルダー名に日付を追加できます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 移動先 - フィールドの横にある browse filesbrowse files をクリックし、フォルダーの移動先を参照して選択します。または、フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックし、メニューから、利用可能なオプションの 1 つを選択してフォルダーの移動先を指定します。
    • カードに追加したアプリケーションから取得するデータ。たとえば、Excel ファイルを選択してフォルダー パスを含むセルを選択するか、または Outlook で選択されているメールからフォルダー パスを含むフィールドを指定します。
    • 保存された値を使用 - プロジェクトで後で使用するために以前保存したフォルダー パス形式の値を選択します。
    • テキスト - テキスト ビルダーでフォルダー パスを入力します。テキストに Excel ファイルのセルの式を結合できます。たとえば、Excel ワークスペースの式を使用して、フォルダー名に日付を追加できます。
    • 詳細エディターを開く - VB の式を入力します。
  • 上書き - 選択した場合、オートメーションの実行時に、移動元のフォルダーは同じ名前のフォルダーが移動先に存在するときはそのフォルダーにマージされ、移動元のフォルダーにあるファイルは同じ名前のファイルが移動先に既に存在するときはそのファイルを置換します。

プロパティ

共通

  • [示名 - デザイナー パネルに表示される、アクティビティの名前です。

入力

その他

  • プライベート - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

2 年前に更新


フォルダーを移動


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。