通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

メールを既読にする

UiPath.Mail.Activities.Business.MarkMailAsReadX

指定されたメール メッセージを [既読] または [未読] にします。現在選択されているメールに対して使用するか、またはメールのリストを反復処理している間に使用する必要があります。

このアクティビティの使い方については、「チュートリアル : 自動化されたメールからデータを抽出し、デスクトップ アプリケーションにデータを移動する」をご覧ください。

アクティビティの本体

  • メール メッセージ - フィールドの右側にある plus buttonplus button をクリックして、マークするメールをメニューから選択します。アクティビティが [繰り返し (メール メッセージ)] アクティビティ内にある場合は、[CurrentMail] を選択して、反復処理している現在のメールを指定します。それ以外の場合は、[選択されたメール] を選択して、プロジェクトの実行時に Outlook で選択されるメッセージを使用します。または、[詳細エディターを開く] を選択し、VB の式を入力します。
  • マーク - ドロップダウン メニューから [既読] (既定の選択) または [未読] のオプションを選択して、メールをマークする方法を指定します。

プロパティ

共通

  • [示名 - デザイナー パネルに表示される、アクティビティの名前です。

入力

その他

  • プライベート - 選択すると、アクティビティで使用したデータが StudioX のログに記録されなくなります。

2 年前に更新


メールを既読にする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。