通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: セルの書式設定

このチュートリアルでは、スプレッドシートのヘッダー行のセルに 1 つの書式設定を、同じスプレッドシートの第 1 列のセルに別の書式設定を適用する簡易なオートメーション プロジを作成します。各書式設定をプロジェクトのプロジェクト ノートブックのセルに 1 つずつ適用し、2 つの [範囲をコピー] アクティビティを使用して、各セルの書式設定をスプレッドシートの目的の行や列にコピーします。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、必要なファイルを取得

  1. 既定の設定を使用して新しい空のプロジェクトを作成します
  2. このチュートリアルでは、このページ下部にあるボタンを使用して、オートメーション プロジを含むアーカイブをダウンロードして展開し、DoubleUI.xlsx ファイルをプロジェクト フォルダーにコピーします。

ステップ 2: 希望の書式設定をプロジェクト ノートブックの 2 つのセルに適用します。

  1. StudioX のリボンの [プロジェクト ノートブック] をクリックします。ファイル Project_Notebook.xlsx が開きます。
  2. 第 1 列用の次の書式設定をプロジェクト ノートブックの Scratchpad シートのセル A1 に適用します。
    • 塗りつぶしの色: ライト ブルー
    • 小数点以下 2 桁の数値形式
  3. ヘッダー行用の次の書式設定をプロジェクト ノートブックの Scratchpad シートのセル B1 に適用します。
    • 塗りつぶしの色: ライト グレー
    • フォント スタイル: 太字
  4. プロジェクト ノートブックを保存して閉じます。

ステップ 3: DoubleUI.xlsx をプロジェクトに追加し、書式設定を列と行にコピーします。

  1. デザイナー パネルで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部の検索ボックスで [Excel ファイルを使用] アクティビティを検索して、それを選択します。[Excel ファイルを使用] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. アクティビティで次の操作を行います。
    • [Excel ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、DoubleUI.xlsx ファイルを参照して選択します。
    • [参照名を指定] フィールドに「DoubleUI」と入力します。
      これで、このオートメーションでは名前を DoubleUI としたファイル DoubleUI.xlsx を操作対象として指定したことになります。
  3. [Excel ファイルを使用] アクティビティで [アクティビティを追加] plus_iconplus_icon アイコンをクリックし、画面上部にある検索ボックスで [範囲をコピー] アクティビティを検索し、ダブルクリックします。このアクティビティが [Excel ファイルを使用] アクティビティに追加されます。このアクティビティが [Excel ファイルを使用] アクティビティに追加されます。
  4. [範囲をコピー] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [元の範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択します。
    • Excel ファイルの Scratchpad シートでセル A1 を選択します。Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。
      これで、プロジェクト ノートブックの Scratchpad シートの A1 セルをコピーするように指定したことになります。
    • [対象範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[DoubleUI] > [Excel 内で示す] を選択します。
    • Excel ファイルで、列 A 全体を選択し、Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。
      これで、DoubleUI ファイルの第 1 列にデータを貼り付けるように指定したことになります。
    • [コピーする内容] ドロップダウン メニューから [形式] を選択し、セルの書式設定のみがコピーされるよう指定します。
  5. 2 つ目の [範囲をコピー] アクティビティを既存の当該アクティビティのすぐ下に追加します。
  6. 2 つ目の [範囲をコピー] アクティビティで、次の操作を行います。
    • [元の範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択します。
    • Excel ファイルの Scratchpad シートでセル B1 を選択します。Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。
      これで、プロジェクト ノートブックの Scratchpad シートの B1 セルをコピーするように指定したことになります。
    • [対象範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[DoubleUI] > [Excel 内で示す] を選択します。
    • Excel ファイルで、ヘッダー行 (範囲 A1:D1) を選択し、Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。
      これで、DoubleUI ファイルの範囲 A1:D1 にデータを貼り付けるように指定したことになります。
    • [コピーする内容] ドロップダウン メニューから [形式] を選択し、セルの書式設定のみがコピーされるよう指定します。
  7. 2 つの [範囲をコピー] アクティビティをより簡単に識別するには、各アクティビティの上部のバーで名前を編集します。たとえば、最初のアクティビティには Copy Format Column、2 番目のアクティビティには Copy Format Row を使用します。
  1. StudioX のリボンで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてオートメーションを実行します。

書式設定は、プロジェクト ノートブック ファイルの Scratchpad シートの 2 つのセルから DoubleUI ファイルのヘッダー行と第 1 列にコピーされます。

サンプルをダウンロード

10 か月前に更新



チュートリアル: セルの書式設定


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。