通知を受け取る

UiPath StudioX

UiPath StudioX ガイド

チュートリアル: フォルダー内のファイルに関する情報の Excel ファイルへの追加

このチュートリアルでは、あるフォルダー内のすべてのファイルの名前とサイズを取得し、その情報を Excel ファイルに追加するオートメーションを作成します。

プロジェクトを作成したら、まずは使用する Excel ファイルを指定する [Excel ファイルを使用] アクティビティを追加します。次に、[繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティを追加して、ファイル情報を取得するフォルダーを指定します。[繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] 内に [セルに書き込み] アクティビティを 2 つ追加します。1 つは各ファイルの名前、もう 1 つは各ファイルのサイズをプロジェクト ノートブックのセルにコピーします。最後に、[範囲を書き込み] アクティビティを追加して、2 つのセルに各ファイルの情報が入力された後に、それらのセルが Excel ファイル内の範囲に追加されるようにします。

ステップ 1: プロジェクトを設定し、プロジェクト フォルダーに Excel ファイルを作成します。

  1. 既定の設定を使用して新しい空のプロジェクトを作成します
  2. プロジェクト フォルダー内に Excel ファイルを作成し、files.xlsx という名前を付けます。
  3. 新規に作成したファイルを Excel で開き、セル A1 にテキスト File Name、セル B1 にテキスト File Size を入力します。
  4. files.xlsx を保存して閉じます。

ステップ 2: プロジェクトにこの Excel ファイルを追加して、反復処理するファイルを含むフォルダーを指定します。

  1. StudioX の [アクティビティ] パネルで [Excel] タブを選択し、[Excel ファイルを使用] をダブルクリックします。[Excel ファイルを使用] アクティビティがデザイナー パネルに追加されます。
  2. [Excel ファイルを使用] アクティビティで次の操作を行います。
    • [Excel ファイル] フィールドの横にある [参照] browse filesbrowse files アイコンをクリックし、files.xlsx ファイルを参照して選択します。
    • [参照名を指定] フィールドに「FilesSizes」と入力します。
  3. [アクティビティ] パネルで [ファイル] タブを選択し、[繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティをドラッグして [Excel ファイルを使用] アクティビティ内にドロップします。
  4. [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内で、[フォルダー] フィールドの横の [参照] browse filesbrowse files をクリックし、コンピューター上のファイルが存在するフォルダー (例: デスクトップ) に移動して、そのフォルダーを選択します。

ステップ 3: Excel ファイルにファイル情報をコピーします。

  1. [アクティビティ] パネルで [Excel] タブを選択し、[セルに書き込み] アクティビティをドラッグして [繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内にドロップします。
  2. [セルに書き込み] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [書き込む内容] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[CurrentFile] > [名前] を選択して、反復処理で現在のファイルの名前をコピーすることを指定します。
    • [書き込む場所] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択してプロジェクト ノートブックを開きます。ファイルの Scratchpad シートのセル A1 を選択し、Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。これで、反復処理内の現在のファイルの名前を、プロジェクト ノートブックの Scratchpad シートのセル A1 に貼り付けるように指定したことになります。
  3. 最初の [セルに書き込み] アクティビティの下に、2 番目の [セルに書き込み] アクティビティを追加します。
  4. [セルに書き込み] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [書き込む内容] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[CurrentFile] > [サイズ] を選択して、反復処理で現在のファイルのサイズ (バイト単位) をコピーすることを指定します。
    • [書き込む場所] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択してプロジェクト ノートブックを開きます。ファイルの Scratchpad シートのセル B1 を選択し、Excel のリボンの [UiPath] タブで [Confirm (確定)] をクリックします。これで、反復処理内の現在のファイルのサイズを、Excel ファイル FilesSizes の Scratchpad シートのセル B1 に貼り付けるように指定したことになります。
  5. 2 つの [セルに書き込み] アクティビティをより簡単に識別するには、各アクティビティの上部のバーで名前を編集します。たとえば、最初のアクティビティには Write Cell Name、2 番目のアクティビティには Write Cell Size を使用します。
  6. [アクティビティ] パネルで [範囲を書き込み] アクティビティをドラッグして、[繰り返し (フォルダー内の各ファイル)] アクティビティ内の 2 番目の [セルに書き込み] アクティビティの下にドロップします。
  7. [範囲を書き込み] アクティビティで、以下の手順を実行します。
    • [次の範囲の後に追加] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[FileSizes] > [Sheet1] を選択します。
    • [追加する範囲] フィールドの右側にあるプラス記号 plus buttonplus button をクリックし、[プロジェクト ノートブック (Notes)] > [Excel 内で示す] を選択してファイルを Excel で開きます。ファイルでセル A1:B1 を選択し、Excel のリボンの [UiPath] タブで [確定] をクリックします。これで、反復処理内の現在のファイルの情報を、FileSizes ファイルの列 A と B の既存のデータの後に追加するように指定したことになります。
  1. StudioX のリボンで [保存] をクリックしてオートメーションを保存し、[実行] をクリックしてオートメーションを実行します。
    指定されたフォルダー内の各ファイルの名前とサイズは、プロジェクト ノートブックの Scratchpad シートのセル A1 と A2 に 1 つずつコピーされ、files.xlsx に追加されます。

サンプルをダウンロード

10 か月前に更新



チュートリアル: フォルダー内のファイルに関する情報の Excel ファイルへの追加


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。