通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

モダン デザイン エクスペリエンス

モダン エクスペリエンスについて

UiPath v2020.4 では UiAutomationNext アクティビティ パッケージが導入されました。このパッケージでは、新しいアクティビティ、一体型レコーダー、新しいデータ スクレイピング ウィザードを使用してターゲット UI 要素を識別、設定、検証するための新たな方法が提供されます。v2020.10 以降、UIAutomationNext パッケージは非推奨となっており、UiAutomationNext でこれまで利用可能だった最新の機能をすべて含めるよう、既存の UIAutomation パッケージが拡張されています。

オートメーション プロジェクトでモダン デザイン エクスペリエンスを有効にすることで、新しい機能を使用できるようになります。モダン デザイン エクスペリエンスがもたらす変化については、「モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い」をご覧ください。

StudioX プロファイルで作成されたすべてのプロジェクトで、モダン デザイン エクスペリエンスが既定で使用されます。

モダン エクスペリエンスの有効化

モダン デザイン エクスペリエンスは既定では有効化されていません。Studio v2020.4 以前のリリースで利用可能だったアクティビティ、ウィザード、レコーダーを含むクラシック デザイン エクスペリエンスが、このバージョンの Studio で作成されたプロジェクトでも既定で有効化されています。

各プロジェクトでモダン エクスペリエンスを有効化して、すべての新しいプロジェクトの既定のエクスペリエンスにするようグローバル設定を行うことができます。プロジェクト レベルの設定がグローバル設定よりも優先されます。

  • プロジェクトでモダン エクスペリエンスを有効化するには、[プロジェクト] パネルで [プロジェクト設定] を選択し、さらに [全般] タブから [モダン デザイン エクスペリエンス] を選択して、プロジェクトを再読み込みします。
    :information-source: Note: You can enable the modern experience for projects created in Studio versions prior to v2020.10, which use the classic experience by default.
656656
  • すべての新しいプロジェクトでモダン エクスペリエンスを既定のエクスペリエンスにするには、[ホーム] (Studio の Backstage ビュー) > [設定] > [デザイン] に移動し、[モダン デザイン エクスペリエンス] を選択します。これにより、新たに作成されたすべてのプロジェクトで、モダン デザイン エクスペリエンス プロジェクトの設定が有効化されます。

モダン エクスペリエンスとクラシック エクスペリエンスの違い

レコーダー

アクティビティ

各エクスペリエンスで個別のアクティビティのセットを既定で利用できます。

プロジェクトで選択されているエクスペリエンスとは関係なく、他のエクスペリエンスで既定でのみ利用可能なアクティビティを有効化することもできます。[アクティビティ] パネルの上部にある [オプションを表示] をクリックし、以下を選択します。

  • モダンを表示: クラシック エクスペリエンスを使用するプロジェクト内にモダン アクティビティを表示します。
  • クラシック アクティビティを表示: モダン エクスペリエンスを使用するプロジェクト内にクラシック アクティビティを表示します。
373373

以下の表に、一方のエクスペリエンスでのみ既定で利用可能なアクティビティを示します。表に掲載されていない UI Automation アクティビティは、両方のエクスペリエンスで既定で利用できます。

オブジェクト リポジトリ

オブジェクト リポジトリは、モダン エクスペリエンスのモダン アクティビティでのみ利用可能です。

スクレイピング ウィザード

  • モダン エクスペリエンス - データ スクレイピング用に表抽出ウィザードを利用できます。
  • クラシック エクスペリエンス - データ スクレイピング ウィザードと画面スクレイピング ウィザードを利用できます。

1 年前に更新

モダン デザイン エクスペリエンス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。