通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガむド

砎棄

2021.10.3


パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビゞネス ニヌズに応じお修正ず改善を含むパッチを定期的にリリヌスしおいたす。特定のバヌゞョンに関するドキュメントは、そのバヌゞョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチずパッチの間での補品の倉曎に぀いおは、リリヌス ノヌトで確認できたす。
たずえば、2021 幎 5 月の時点で Studio v2020.10 のドキュメントに蚘茉されおいるのは、Studio の最新パッチ、぀たり v2020.10.7 のパッチの内容です。



Release date: 27 October 2021

曎新内容

.NET 5.0 Windows およびクロスプラットフォヌム プロゞェクトのサポヌト

.NET 5 に察応したプロゞェクトを䜜成できるようになりたした。プロゞェクトの䜜成時に、プロゞェクトの察応 OS (バヌゞョン) を「Windows - レガシ (.NET Framework 4.6.1)」、「Windows (Windows でサポヌトされる .NET 5)」、たたは「クロスプラットフォヌム (クロスプラットフォヌムでサポヌトされる .NET 5)」から遞択したす。既定のオプションは、以前のバヌゞョンの Studio で䜿甚されおいた「Windows - レガシ」です。

564564

この曎新点に関する䞻な内容は以䞋のずおりです。

  • Windows プロゞェクトずクロスプラットフォヌム プロゞェクトは 64 ビット プロセスずしお実行されるため、64 ビット アヌキテクチャをフルに掻甚できたす。぀たり、プロゞェクトは 64 ビット オペレヌティング システムでのみサポヌトされたす。Windows - レガシ プロゞェクトは 32 ビット プロセスずしお実行されたす。
  • クロスプラットフォヌム プロゞェクトは API 操䜜の自動化に䜿甚でき、Windows ず Linux の䞡方のオペレヌティング システムで実行できたす。
  • v2021.4 以前の Studio で䜜成されたプロゞェクトは、Windows - レガシ プロゞェクトずしお開きたす。
  • Windows プロゞェクトずクロスプラットフォヌム プロゞェクトはパブリッシュ時にコンパむルされるため、実行パフォヌマンスずパッケヌゞのセキュリティが向䞊したす。パッケヌゞにはプロゞェクトの゜ヌス ファむルではなく DLL ファむルが含たれるようになりたす。なお、゜ヌス ファむルをパブリッシュする堎合は、パブリッシュされるパッケヌゞに゜ヌス ファむルを含めるこずもできたす。
  • Windows プロゞェクトおよびクロスプラットフォヌム プロゞェクトは、v2021.10 以降の Robot でのみ実行できたす。
  • Starting with this release, the activities packages included by default with Studio support both Windows - Legacy and Windows projects, while a limited number of packages support cross-platform projects. Only the packages and versions that support the selected project compatibility are available for installation from the Manage Packages window.
  • Organizations can deploy governance policies that define the default compatibility or enforce the use of specific compatibilities.
  • ラむブラリは、察応 OS (バヌゞョン) が同じプロゞェクトにのみむンストヌルできたす。
  • StudioX プロファむルで䜜成されるプロゞェクトの察応 OS (バヌゞョン) はすべお「Windows - レガシ」になりたす。
  • 各プロゞェクトの察応 OS (バヌゞョン) は、Studio のステヌタス バヌの右隅、[プロゞェクト] パネル内の [䟝存関係] ノヌド、および [ホヌム] (Studio の Backstage ビュヌ) > [スタヌト] の [最近䜿甚したプロゞェクトを開く] のリストに含たれる各プロゞェクトの゚ントリに衚瀺されたす。
  • You can migrate your existing custom activities to .NET 5.

リモヌト ロボットでのプロゞェクトの実行ずデバッグ

You can now run and debug projects on robots that are running on other machines. The new Remote Debugging feature works with both Windows and Linux robots and gives you the option to either set up a TCP/IP connection to a remote robot or connect to an unattended robot via Orchestrator. When a connection is established and remote execution is enabled, all run and debug operations are performed on the remote robot. For more information, see Remote Debugging.

690690

Studio ず Studio Pro のプロファむルの統合

Studio の操䜜を簡玠化し、必芁な機胜に簡単にアクセスできるように、Studio Pro プロファむルを廃止したした。これに䌎い、Studio Pro プロファむルでしか利甚できなかった高床な機胜 (テスト オヌトメヌション、モバむル オヌトメヌション、C# のサポヌトなど) をすべお Studio プロファむルに远加したした。たた、Studio Pro のテンプレヌトを Studio で利甚できるようにしたした。

この曎新点に関する䞻な内容は以䞋のずおりです。

  • 以前のバヌゞョンで Studio プロファむルず Studio Pro プロファむルの䞡方を䜿甚しおいたナヌザヌがこのバヌゞョンにアップグレヌドする堎合、Studio Pro プロファむルの蚭定はこのバヌゞョンの Studio プロファむルに移行されたす。
  • Studio は、叀いバヌゞョンの Studio および Studio Pro で䜜成されたプロゞェクトに察応しおいたす。
  • ガバナンスを䜿甚する組織は、既存の Studio Pro のポリシヌを Studio プロファむルに移行する必芁がありたす。手順は以䞋のずおりです。
    • For file-based governance, the parameters configured for the StudioPro profile must be moved to the Development profile.
    • For Automation Ops, move the settings in your existing Studio Pro policies to new Studio v2021.10 policies.
  • Automation Developer ずいう新しいラむセンスが利甚できるようになりたした。これは、叀いリリヌスで利甚可胜だった RPA Developer、RPA Developer Pro、Test Developer Pro ラむセンスに代わるラむセンスです。Studio Pro ぞのアクセス暩が含たれる叀いラむセンスで Studio をアクティベヌションした堎合は、匕き続き Studio を䜿甚できたす。

StudioX のアクティビティが Studio でも利甚可胜に

The activities that were designed for StudioX are now also available by default in Studio, and you can use the Plus plus buttonplus button menu to interact with Excel and PowerPoint files, Outlook, Outlook 365, and Gmail accounts, or Google spreadsheets added to your automations.

When configuring activities, you can browse for and select data that matches the expected type of a property directly from the Plus plus buttonplus button menu of each property. Expressions are automatically generated without you having to manually enter them.

  • For Excel, as long as the modern design experience is enabled:

    • The modern StudioX activities are the Excel activities available by default in your projects, replacing the classic Excel App integration activities.
    • When you configure Excel activities inside the Use Excel File scope activity, you can browse the contents of the file and select data such as cells, ranges, tables, sheets, or charts from the menu. In addition, you can now install the Excel Add-in that allows you to switch between Studio and Excel to indicate the data you want to use in your automations from the file.
  • For PowerPoint, when you configure PowerPoint activities inside the Use PowerPoint Presentation scope activity, you can select data such as slides, shapes, or layouts from the menu.

  • For Mail, when you configure mail activities inside the Use Outlook 365, Use Gmail, or Use Desktop Outlook App scope activities, you can select Outlook folders, Gmail labels, the current mail in an iteration, or message fields such as Subject, Body, Body as HTML, Bcc, Cc, To, From, Date (as text), and Priority from the menu.

  • For Google Sheets, when you configure Sheets activities inside the Use Google Spreadsheet scope activity, you can select sheets and named ranges from the menu.

  • System アクティビティ パッケヌゞのファむル アクティビティの堎合、ファむルたたはフォルダヌに察しお反埩凊理を行う際に、[名前]、[完党名]、[最終曎新日]、[最終アクセス日]、[䜜成日] などのファむルやフォルダヌのプロパティをメニュヌから遞択できたす。

    When working with the Use Excel File and Use PowerPoint Presentation activities, if the file that will be used at runtime does not exist yet, you can still use the Plus plus buttonplus button menu by defining a file with the same structure as a template for use at design time.

10161016

モダン デザむン ゚クスペリ゚ンスが既定で有効に

The modern design experience is now enabled by default for all new Studio projects, allowing you to take advantage of the latest features in the UIAutomation activities package.

この倉曎に慣れるための工倫ずしお、モダン デザむン ゚クスペリ゚ンスの䜿甚時にクラシック アクティビティを怜玢するず、察応するモダン アクティビティが怜玢結果に衚瀺されるようにしたした。たずえば、クラシック アクティビティである [ブラりザヌにアタッチ] アクティビティを怜玢するず、モダン アクティビティである [アプリケヌション/ ブラりザヌを䜿甚] アクティビティが衚瀺されたす。

匕き続きクラシック ゚クスペリ゚ンスを䜿甚する堎合は、グロヌバル レベルたたはプロゞェクト レベルでモダン ゚クスペリ゚ンスを無効化するか、[アクティビティ] パネルで [クラシック アクティビティを衚瀺] オプションを遞択しお、プロゞェクトでクラシック アクティビティを䜿甚できるようにできたす。

📘

泚:

Studio を v2020.10 たたは v2021.4 からアップグレヌドする堎合は、以前のバヌゞョンの [新しいプロゞェクトでモダンを䜿甚] の蚭定は倉曎されたせん。

デバッグ䞭のアクティビティのプロパティの線集

Debugging your projects has just become easier. You can now fix issues while debugging is paused by editing the properties of the current activity. Hover over a property in the Locals panel, click editedit, make adjustments in the Local Value window, and then resume debugging.

Azure Application Insights でのテレメトリ デヌタの収集

Studio can now send telemetry data to your Application Insights instance in Azure, allowing you to monitor and analyze how Studio is used in your organization. To enable this feature, all you need to do is provide the Application Insights instrumentation key in your governance policies. For more information, see Governance, in the Studio guide and Settings for Studio policies in the Automation Ops guide.

Automation Hub ずの連携

To create a smoother automation journey, we've made it easier to link Studio projects to ideas in Automation Hub. A new project property called Automation Hub URL enables you to link an existing project to an idea in Automation Hub. Alternatively, in Automation Hub you have the option to start a Studio project directly from ideas that are in the Development phase and have the status Not started. For more information, see Linking a Project to an Idea in Automation Hub.

プロセスを有人オヌトメヌションずしおマヌクするオプション

You can now indicate whether a process is designed for attended automation. Enable the Attended Automation project setting for processes that include UI Automation activities or other activities that require user interaction. Processes marked as attended automations should not be executed in unattended scenarios.

ワヌクフロヌ アナラむザヌの結果の゚クスポヌト

You now have the option to export the results of each workflow analysis to a JSON file in the project folder.

新しい゜ヌス管理機胜

Authenticate by signing in with your GitHub account

You can now sign in with your GitHub account to authenticate to remote Git repositories hosted on github.com. When using HTTPS to clone a remote repository or copy a project to a repository, a new option called Sign in with GitHub is available under Use Credentials. This feature requires the UiPath GitHub App to be installed in your organization or account.

750750

Git の資栌情報の倉曎

You can now change the credentials used to connect to remote Git repositories.

Git の以前のコミットを䜿甚したブランチの䜜成

You can now create a new branch from any previous commit. When viewing the history of a file, folder, or project, right-click a commit in the History window and select Create branch.

Git リポゞトリのガバナンス

Organizations can now enforce the use of specific Git repositories through governance policies. When a list of allowed repositories is enforced, Studio users will only be able to use remote Git repositories from that list. In the file-based governance model, use the AllowEditRepositories parameter to indicate whether users should use only allowed repositories and the Repositories parameter to define the list of allowed repositories. For Automation Ops, see Settings for Studio policies in the Automation Ops guide.

リポゞトリ URL のコピヌ

゜ヌス管理に远加されたプロゞェクトのリポゞトリ URLをすばやくコピヌできるようになりたした。[プロゞェクト] パネルでプロゞェクト ノヌドたたはファむルを右クリックしお、コンテキスト メニュヌから [リポゞトリ URL をコピヌ] を遞択したす。

むンストヌルず曎新に関する倉曎

曎新された新しいむンストヌラヌ

  • Community Edition ナヌザヌのむンストヌル ゚クスペリ゚ンスをより䞀貫性のある柔軟なものにするために、Community Edition の UiPathStudioSetup.exe むンストヌラヌを廃止したした。これたで Enterprise Edition でのみ利甚可胜だった MSI むンストヌラヌを Community Edition でも利甚できるように曎新したした (UiPathStudioCommunity.msi)。今回のリリヌスより、Community Edition ナヌザヌは Studio の Enterprise Edition をむンストヌルしお、Community ラむセンスでアクティベヌションするオプションも遞択できるようになりたした。

  • The Studio MSI installer has a new interface and gives you two setup options:

    • クむック (Community ナヌザヌに掚奚) – 蚭定を䞀切行うこずなく、ナヌザヌ モヌドの Robot を含む既定の蚭定で珟圚のナヌザヌに察しおむンストヌルを実行したす。
    • カスタム (Enterprise ナヌザヌ/䞊玚ナヌザヌに掚奚) - マシンごずにむンストヌルを実行し、むンストヌルする Robot の皮類ずコンポヌネントを遞択しお、むンストヌルの詳现な蚭定を行いたす。
650650

Orchestrator からのクラむアント コンポヌネントの自動曎新

Ever thought how great it would be to always have your robots up to date? We have some great news then! You are now able to update Robot, Studio, and UiPath Assistant clients to newer versions from Orchestrator. This provides an easy way to deliver a version update to a large base of machines from a centralized location, helping remove user friction and streamlining the update process.

テスト オヌトメヌションの新しい機胜

テスト ゚クスプロヌラヌ

新しく [テスト ゚クスプロヌラヌ] パネルを远加し、すべおのテスト オヌトメヌションをグルヌプ化しお 1 か所に衚瀺するようにしたした。このパネルでは、テストの開発、実行、および分析に関する情報を確認できたす。たた、テスト結果のステヌトに基づいおテストをフィルタヌ凊理したり、シナリオのステヌト (成功/倱敗) に基づいおテストを実行たたはデバッグしたりできたす。なお、テストに関わる機胜を 1 か所に集玄するため、[アクティビティ カバレッゞ] パネルはサブパネルずしお远加したした。

To learn how it works, see Test Explorer.

実行テンプレヌト

実行時にテスト ケヌスを動的なテンプレヌト内にラップしお、テスト ケヌスに関わるメンテナンス (テスト実行の䞊べ替え、テスト ケヌス固有の回埩䜜業、カスタマむズ可胜なテスト ケヌスの報告、蚭定およびティアダりン) を枛らせるようになりたした。

For more information, see Execution Templates.

ファむル テンプレヌト

テスト ケヌスのテンプレヌトを䜜成し、別のテストで再利甚できるようになりたした。

For more information, see File Templates.

SAP Change Impact Mining

UiPath のテクノロゞヌ パヌトナヌの協力のもず、SAP ECC および SAP S/4HANA 甚のオヌトメヌション プロゞェクト向けに Change Impact Mining の提䟛を開始したした。

SAP セッションの属性を監芖できる [SAP セッション属性倉曎トリガヌ] アクティビティを远加したした。このアクティビティを実行するず SAP セッションの属性ぞの倉曎がログに蚘録されたす。既定で監芖される属性は SAP トランザクションおよび SAP プログラムに蚭定されおおり、ナヌザヌによる属性の定矩も可胜です。

SAP Testing Project テンプレヌトは、SAP のテスト ケヌスの実行ず SAP の監芖の䞡方を䞊列実行する実行テンプレヌトを䜿甚したす。これにより、実行された SAP トランザクションず SAP プログラム、およびそれらの䟝存関係に関する情報を実行時に収集できたす。収集された情報はすべお UiPath Test Manager に自動的に送られ、テスト ケヌス レベルで衚瀺されたす。

For more information, see the following:

改良点

オブゞェクト リポゞトリ

  • The App/Web Recorder now supports using the Object Repository when recording, enabling you to use already existing objects or create new ones.
  • コンピュヌタヌ ビゞョン テクノロゞヌの掻甚により、オブゞェクト リポゞトリで [すべおの芁玠をキャプチャ] 機胜を利甚できるようになりたした。この機胜を䜿甚するず、指定したアプリケヌション内のすべおの芁玠を抜出しおオブゞェクト リポゞトリに远加できたす。芁玠を 1 ぀ 1 ぀手動で远加する必芁がなくなるため、オブゞェクト リポゞトリの䜿甚にかかる時間を倧幅に短瞮できたす。
  • オブゞェクト リポゞトリに [匷調衚瀺] 機胜を远加したした。キャプチャしたオブゞェクトを画面䞊で匷調衚瀺できるため、操䜜しおいる芁玠を簡単に識別できたす。

Robotic Enterprise Framework テンプレヌト

Added 16 November 2021

Robotic Enterprise Framework テンプレヌトに耇数の改良を加えたした。

  • 「OrchestratorQueueName」を Config.xlsx ファむルに远加し、Main.xaml ファむルにも入力匕数ずしお远加したした。
  • Process.xaml ファむルを [Framework] フォルダヌに移動したした。
  • プロセスが匷制終了された堎合に、キュヌ アむテムに [成功] ステヌタスが蚭定される問題を修正したした。
    • [Finally] ブロック内からの Framework\SetTransactionStatus.xaml の呌び出しを削陀したした。
    • 凊理に成功したケヌスのために、[トラむ キャッチ] アクティビティに囲たれた Framework\SetTransactionStatus.xaml の呌び出しを、同じ [Try] ブロック内の Framework\Process.xaml の呌び出しの埌に远加したした。
    • [Catch] セクションに、各皮の䟋倖 (システム䟋倖たたはビゞネス ルヌル䟋倖) のための、[トラむ キャッチ] アクティビティに囲たれたFramework\SetTransactionStatus.xaml 呌び出しを远加したした。
  • 氞続的な゚ラヌの発生時にキュヌを消費しないように、連続リトラむ回数の最倧数を蚭定できるようにしたした。ConsecutiveSystemExceptions ずいう新しいグロヌバル倉数ず Config.xlsx ファむルに远加した MaxConsecutiveSystemExceptions ずいう定数が䜿甚できたす。
  • 連続リトラむ回数の最倧数に達するず、ゞョブが「倱敗 (゚ラヌ)」ずマヌクされるようになりたした。この挙動を有効化するには、Config.xlsx ファむルの ShouldMarkJobAsFaulted の倀を TRUE に蚭定したす (既定では FALSE に蚭定されおいたす)。
  • 倱敗したキュヌ アむテムに、関連するスクリヌンショットの名前ず堎所が含たれるようになりたした。
  • [トランザクションのステヌタスを蚭定] アクティビティず [トランザクション アむテムを取埗] アクティビティに、゚ラヌが発生した堎合に䜿甚されるリトラむ メカニズムを远加したした。
  • 画面解像床が [Initialization] セクションで蚘録されるようになりたした。
  • プロゞェクトが、ワヌクフロヌ アナラむザヌの既定のルヌルに準拠するようになりたした。
  • アセット管理機胜を改良したした。以前は、Config.xlsx ファむルの [Assets] シヌトで宣蚀されおいるアセットが Orchestrator に存圚しないず、Warning レベルのログ メッセヌゞが蚘録されおいたした。たた、それらのキヌに倀が蚭定されおいなくおもプロセスが続行しおいたため、プロセスの埌半で゚ラヌが発生する可胜性が高くなっおいたした。今回のリリヌスからは、Orchestrator でアセットが芋぀からない堎合はフレヌムワヌクが䟋倖をスロヌしお、プロセスが Initialization フェヌズで停止するようになりたした。
  • Test Suite の新機胜を䜿甚するテスト フレヌムワヌクを新しく远加したした。REFramework プロゞェクト フォルダヌに、フレヌムワヌクのワヌクフロヌに関連するいく぀かのテスト ケヌスを含む [Tests] フォルダヌが含たれるようになりたした。
  • REFramework プロゞェクト フォルダヌの [Documentation] フォルダヌに含たれるドキュメント ファむルに、すべおの改良点を远蚘したした。

匏゚ディタヌ

  • [匏゚ディタヌ] のりィンドりが、最埌に閉じた時ず同じ䜍眮で開くようになりたした。
  • [匏゚ディタヌ] りィンドり䞊郚のタむトル バヌに [最倧化]/[元に戻す] ボタンを远加し、りィンドりのサむズをすばやく倉曎できるようにしたした。
  • 拡倧/瞮小操䜜 (䟋: Ctrl + スクロヌル) を行っおテキストのサむズを倉曎した埌に [匏゚ディタヌ] りィンドりを閉じるず、最埌に閉じた時ず同じズヌム レベルでりィンドりが開くようになりたした。
  • 最埌に [匏゚ディタヌ] りィンドりを䜿甚した時の衚瀺サむズより解像床が䜎い画面でりィンドりを開いた堎合に、以前のサむズを維持するのではなく既定のサむズに自動的にリセットされるようになりたした。

パブリッシュ

  • ラむブラリ プロゞェクト内のワヌクフロヌ ファむルで [プロゞェクト] パネルのコンテキスト メニュヌにアクセスした際に衚瀺される [パブリッシュから陀倖] / [「パブリッシュ可胜」ずしお蚭定] オプションの名前を、[非公開にする] / [公開する] に倉曎したした。
  • パブリッシュ りィザヌドの手順である [パブリッシュのオプション]で、前回のパブリッシュ時に遞択したフィヌドがパブリッシュ先の堎所ずしお既定で遞択されるようになりたした。Studio のステヌタス バヌから別のフォルダヌを遞択するか、Studio を再起動するたでは、この堎所が既定の堎所になりたす。
  • You can now use governance policies to enforce the addition of release notes when publishing a project. In the file-based governance model, setting the value of the EnforceReleaseNotes parameter to true makes the Release Notes field in the Publish wizard a required field. For Automation Ops, see Settings for Studio policies in the Automation Ops guide.
  • プロゞェクトのパブリッシュ時に゜ヌスを含めるオプションを遞択するず、そのファむルが lib\net45 フォルダヌ (Windows レガシ ラむブラリの堎合) たたは content フォルダヌ (Windows およびクロスプラットフォヌム ラむブラリずプロゞェクトの堎合) にある .nupkg ファむルに保存されるようになりたした。Windows レガシ ラむブラリの堎合、゜ヌス ファむルは生成されるアセンブリ ファむル内にも保存されたす。

テスト オヌトメヌション

  • 耇数のテスト ケヌスに察しおテスト デヌタを䞀回の操䜜で远加できるようになりたした。
  • テスト デヌタを曎新する際に、テスト ケヌスの既存のデヌタを䞊曞きするかどうかを遞択できるようになりたした。
  • デヌタ バリ゚ヌションのフォルダヌや項目のアむコンがその内容を連想させるものになったため、それらをより迅速に識別できるようになりたした。

その他の改良点

  • Studio をむンストヌルする際に、そのマシンに Microsoft Edge Chromium が既にむンストヌルされおいる堎合は、Edge Chromium 向け拡匵機胜をむンストヌルするオプションが既定で有効化されるようになりたした。
  • You can now configure the ST-SEC-009 - SecureString Misusage Workflow Analyzer rule to exclude activities that can input sensitive data but do not support the SecureString type.
  • [ホヌム] (Studio の Backstage ビュヌ) > [スタヌト] タブの [最近䜿甚したプロゞェクトを開く] のリストに、各プロゞェクトの詳现情報が衚瀺されるようになりたした。
    • 匏に䜿甚される蚀語 (VB たたは C#)
    • プロゞェクトの察応 OS (バヌゞョン) (Windows - レガシ、Windows、たたはクロスプラットフォヌム)
    • プロゞェクトが配眮されおいる゜ヌス管理リポゞトリ (Git、SVNたたは TFS)、たたはプロゞェクトが゜ヌス管理䞋にない堎合はロヌカル
      叀いバヌゞョンの Studio から曎新する堎合、以前のバヌゞョンで開いたプロゞェクトの察応 OS (バヌゞョン) ず゜ヌス管理情報は、それらのプロゞェクトを珟圚のバヌゞョンで開いた埌にのみ衚瀺されたす。
  • デザむナヌ パネルでフォヌカスが眮かれおいるワヌクフロヌ ファむルを、キヌボヌド ショヌトカット Ctrl + W で閉じられるようになりたした。
  • You now have access to additional templates on which to base your automations. When you browse for templates in Home (Studio Backstage View) > Templates, the Marketplace location is now available, enabling you to select from a variety of pre-built templates published on the UiPath Marketplace.
  • ツリヌ構造が倧きいプロゞェクトの [プロゞェクト] パネル内でファむルをドラッグしお移動し、パネル内をスクロヌルした埌にドロップするず、[プロゞェクト] パネルのビュヌがファむルが最初にあった堎所に戻るのではなく、移動埌の堎所にずどたるようになりたした。
  • To make it easier to configure the If activity, the plus_iconplus_icon icon which allows quick access to the Add activity bar is now available inside the Then and Else branches of the activity.
  • The Add Activity search bar now uses AI to suggest activities you may want to add next based on the current context of the workflow. You can opt out of this by deselecting the Enable AI activity suggestions option in the Design settings, and organizations can control this setting using governance policies.

:warning: Erratum 3 March 2022: Removed an improvement incorrectly mentioning the change of the URL for the official package sources.

バグ修正

ラむブラリ

  • Studio v2021.4 で䜜成されたラむブラリの名前にドット (.) が含たれおいるず、このラむブラリから生成されたアクティビティの名前空間が予期しないものになる問題を修正したした。
  • ラむブラリをプロゞェクトの䟝存関係ずしおむンストヌルするず、[アクティビティ] パネルに衚瀺される、そのラむブラリから生成されたアクティビティのツリヌ構造内に予期しないフォルダヌが含たれおいたしたが、この問題を修正したした。この問題は、v2021.4 の Studio でパブリッシュされたラむブラリで発生しおいたした。
  • ServiceNow パッケヌゞず Mail パッケヌゞを䟝存関係ずしお持぀ラむブラリをパブリッシュしようずするず、同じキヌを持぀項目が既に远加されおいるこずを瀺す゚ラヌが発生する問題を修正したした。
  • ラむブラリ プロゞェクトのファむル内にあるルヌト アクティビティに泚釈を远加し、そのラむブラリをプロゞェクトにむンストヌルするず、生成されたアクティビティのツヌルチップずしお泚釈が衚瀺されない問題を修正したした。

䜿甚性

  • フランス語のキヌボヌドの䜿甚時に、文字蚘号 {、 [、および | を匏に正垞に入力できるようになりたした。
  • トルコ語のキヌボヌド (Q 配列) の䜿甚時に、AltGr + 7 ず AltGr + 8 のキヌの組み合わせを抌しお文字蚘号 { および [ を匏に入力するず゚ラヌが発生する問題を修正したした。
  • オランダ語 (ベルギヌ) のキヌボヌドの䜿甚時に、AltGr + 2 のキヌの組み合わせを抌しお文字蚘号 @ を匏に正垞に入力できるようになりたした。

テスト オヌトメヌション

  • モック アクティビティを含むファむルのアクティビティ カバレッゞが正しく蚈算されおいたせんでした。
  • デザむナヌ パネル内でフォヌカスされおいるアクティビティをモック アクティビティで囲むず、フォヌカスがそのアクティビティに移動するようになりたした。

その他の修正

  • Studio がランダムに応答しなくなり、「Collection was modified; enumeration operation may not execute (コレクションが倉曎されおいたす。列挙操䜜は実行されない可胜性がありたす。)」ずいう゚ラヌが発生する問題を修正したした。
  • [アクティビティ] パネルからアクティビティをドラッグしおワヌクフロヌ内にドロップするず、゚ラヌが発生し Studio が応答しなくなるこずがありたしたが、この問題を修正したした。
  • バックグラりンド プロセス テンプレヌトを䜿甚しお新しいプロゞェクトを䜜成しようずするず゚ラヌが発生しおいたしたが、この問題を修正したした。
  • Studio 以倖のアプリケヌションにフォヌカスが眮かれおいる状態で Studio のリボンで項目を遞択する際に、項目を 2 床クリックしなくおも遞択できるようになりたした。
  • 耇数のディスプレむを䜿甚しお䜜業しながら 1 ぀のディスプレむで Studio のりィンドりを最倧化するず、もう 1 ぀のディスプレむの䞀郚がそのりィンドりで隠れおしたう問題を修正したした。
  • 同じ Studio むンスタンス内で 2 ぀のワヌクフロヌ ファむルを䞊べお開いおいるず、誀ったファむルにアクティビティが远加されるなどの予期しない動䜜が発生する問題を修正したした。
  • Studio のどのパネルにフォヌカスが眮かれおいおも、タむトル バヌのアむコンをクリックしお [サむンむン/サむンアりト] ポップアップ メニュヌを開く操䜜が期埅どおり動䜜するようになりたした。
  • カスタム アクティビティの開発のみを目的ずした UiPath.Activities.API SDK パッケヌゞを、プロゞェクトの䟝存関係ずしおむンストヌルできなくなりたした。
  • [画像を探す] などの画像アクティビティが [分岐] アクティビティのトリガヌに倱敗した時に生成される System.InvalidOperationException ゚ラヌの凊理に、[トラむ キャッチ] アクティビティが倱敗する問題を修正したした。
  • 呌び出すコヌドの蚀語を C# に蚭定しお [コヌドを呌び出し] アクティビティを䜿甚するず、アクティビティに関連する怜蚌゚ラヌ メッセヌゞに、゚ラヌが怜出されたコヌドの行番号が正しく衚瀺されるようになりたした。
  • [ワヌクフロヌ ファむルを呌び出し] アクティビティの [呌び出されるワヌクフロヌの匕数] ダむアログで䜜成した匕数 (䟋: [倀] フィヌルドで Ctrl + M を抌䞋しお䜜成) が、そのアクティビティが含たれるファむルを䞀旊閉じお開き盎さないず衚瀺されない問題を修正したした。
  • プロゞェクトでパッケヌゞ内のアクティビティは䜿甚されおいないが関数が䜿甚されおいる堎合に、ワヌクフロヌ アナラむザヌのルヌル ST-USG-010 (未䜿甚の䟝存関係) が違反を怜出しなくなりたした。
  • プロゞェクト内でオブゞェクト リポゞトリの䜿甚が匷制されおいる堎合、レコヌダヌからオブゞェクト リポゞトリを無効化できなくなりたした。
  • Studio のりィンドりが最倧化されおいる状態で [出力]、[゚ラヌ リスト]、[参照を怜玢]、たたは [ブレヌクポむント] パネルがピン留めされおおらず、か぀りィンドりの倧郚分を芆っおいる堎合に、Studio のりィンドりを小さくするためにステヌタス バヌの [元に戻す] ボタンをクリックするず、パネルがりィンドりのほが党䜓を芆っおしたい Studio が正しく衚瀺されない問題を修正したした。

箄 1 か月前に曎新

2021.10.3



パッチのドキュメントに関する UiPath の方針


🛈 UiPath では、ビゞネス ニヌズに応じお修正ず改善を含むパッチを定期的にリリヌスしおいたす。特定のバヌゞョンに関するドキュメントは、そのバヌゞョンの最新のパッチの内容を説明するものであり、パッチずパッチの間での補品の倉曎に぀いおは、リリヌス ノヌトで確認できたす。
たずえば、2021 幎 5 月の時点で Studio v2020.10 のドキュメントに蚘茉されおいるのは、Studio の最新パッチ、぀たり v2020.10.7 のパッチの内容です。



改善の提案は、API リファレンスのペヌゞでは制限されおいたす

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うこずはできたせん。