通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

フローチャート

フローチャートは大規模なジョブから小規模なプロジェクトまでのさまざまな設定で使用でき、他のプロジェクトで再利用することもできます。

フローチャートの最も重要な特徴は、シーケンスとは異なり、複数の分岐論理演算子を使用できる点です。そのため、複雑な業務プロセスを作成したり、アクティビティを複数の方法で接続したりすることができます。

フローチャートには、コンテキスト メニューにある自動配置オプションがあります。

フローチャートの例

フローチャートのさまざまなプロパティを紹介するため、ここでは、1~999 までの数字をランダムに生成してユーザーに当ててもらう推測ゲームを作成します。このようなオートメーションを作成するには、次の操作を行います。

  1. 空のプロセスを作成し、[デザイン] タブの [ファイル] グループで、[新規] > [フローチャート] を選択します。[新しいフローチャート] ウィンドウが表示されます。

📘

注:

デザイナー パネルに [フローチャート] アクティビティを追加して新しいフローチャート プロジェクトを作成することもできます。

  1. [名前] フィールドにオートメーションの名前 (例: 「First Flowchart」) を入力し、既定のプロジェクトの場所をそのまま使用するか、サブフォルダーを追加します。[作成] をクリックします。これに従ってデザイナー パネルが更新されます。
  2. 2 つの Int32 変数 (RandomNumberGuessNumber) と 1 つの String 変数 (Message) を作成します。
  3. Message 変数の既定値を「"Guess a number from 1 to 999"」に設定します。RandomNumber には 1~999 までのランダムな数字を格納し、GuessNumber にはユーザーが推測した数字を格納し、Message にはユーザーに入力を求めるために表示するメッセージを格納します。
12141214
  1. デザイナー パネルに [代入] アクティビティを追加し、Start ノードに接続します。
  2. [プロパティ] パネルの [左辺値 (To)] フィールドに、RandomNumber 変数を追加します。
  3. [右辺値 (Value)] フィールドに、「new Random().Next(1,999)」と入力します。

📘

注:

このフィールドでは Random() 関数を使用して 1~999 までのランダムな数字を生成します。変数の詳細については、「変数」をご覧ください。

  1. デザイナー パネルに [入力ダイアログ] アクティビティを追加し、[代入] アクティビティに接続します。
  2. [プロパティ] パネルの [ラベル] フィールドに、Message 変数を追加します。
  3. [結果] フィールドに GuessNumber 変数を追加します。このアクティビティは、ユーザーに数字を推測するよう求め、その数字を GuessNumber 変数に格納します。
  4. [フロー条件分岐] アクティビティを追加し、[入力ダイアログ] に接続します。このアクティビティを使用して、推測した数字が正しいかどうかをユーザーに知らせることができます。
  5. [プロパティ] パネルの [条件] フィールドに、「GuessNumber = RandomNumber」と入力します。これで、ユーザーが追加した数字とランダムに生成された数字が同じかどうかを確かめることができます。
  6. [メッセージ ボックス] アクティビティを追加し、[フロー条件分岐][True] ブランチに接続します。
  7. [プロパティ] パネルの [テキスト] フィールドに、「"Congratulations! You guessed correctly! The number was " + RandomNumber.ToString + "."」と入力します。ユーザーが推測した数字が正しければこのメッセージが表示されます。
  8. 新しい [フロー条件分岐] アクティビティを追加し、前に追加した [フロー条件分岐][False] ブランチに接続します。
  9. [プロパティ] パネルの [条件] フィールドに、「GuessNumber > RandomNumber」と入力します。このアクティビティを使用して、ユーザーが追加した数字がランダムに生成された数字より大きいかどうかをチェックすることができます。
  10. [表示名] フィールドに、「Comparison」と入力します。これで、使用している 2 つの [フロー条件分岐] の違いが簡単にわかります。
  11. [代入] アクティビティを追加し、Comparison アクティビティの [True] ブランチに接続します。
  12. [左辺値 (To)] フィールドに Message 変数を入力し、[右辺値 (Value)] フィールドに、推測した数字が大きすぎることを示すメッセージ (「"Too big. Try again."」など) を入力します。
  13. [代入] アクティビティを選択し、Ctrl + C キーを押します。アクティビティ全体とそのプロパティがクリップボードにコピーされます。
  14. Ctrl + V キーを押します。前の [代入] アクティビティのコピーが表示されます。
  15. これを Comparison アクティビティの [False] ブランチに接続し、[プロパティ] パネルの [右辺値 (Value)] フィールドに、「"Too small. Try again."」と入力します。
  16. [代入] アクティビティ (手順 18~22で作成したもの) を [入力ダイアログ] に接続します。ループが作成され、正しい数字を当てるまで、小さい数字か大きい数字を入力するようユーザーに求めます。
    最終的なプロジェクトは次のスクリーンショットのようになります。
10511051

サンプルをダウンロード

3 年前に更新


フローチャート


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。