通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Citrix App の自動化の例

Citrix テクノロジーの自動化の仕組みを例示するために、電卓を開き、UI 要素とやりとりして単純な操作を実行し、計算結果を取得してメッセージ ボックスに表示する、単純なオートメーション プロセスを作成しました。

  1. こちらの手順に従って、電卓を開きます。
  2. [レコーディング] メニューから、[ネイティブ Citrix] を選択します。ネイティブ Citrix レコーディング ウィザードが表示されます。
  3. 電卓上の目的のボタンに[クリック] 機能を使用して、単純な操作を実行します。この場合、5、+、9= をクリックします。
  4. レコーディング ウィザードから [テキストをコピー] を選択し、電卓の結果フィールドをクリックします。
  5. レコーディング ウィザードで [保存 & 終了] をクリックします。これにより、[ネイティブ Citrix] コンテナーがオートメーション プロジェクトに追加されます。このコンテナーは、必要な [クリック] アクティビティに加えて、結果を取得する [テキストを取得] アクティビティを保持します。
476476
  1. [メッセージ ボックス] アクティビティを Native Citrix コンテナーの下に追加します。
  2. [メッセージ ボックス] アクティビティの [テキスト] フィールドに、関連するテキストを書き入れ、[テキストを取得] アクティビティで取得した変数を含めます。この場合、”The number is ” + TextResult.ToString と書き入れます。TextResult 変数は、[シーケンス] スコープ内であることを確認します。
  3. [クリック] アクティビティを追加します。電卓の [閉じる] ボタンの場所を画面上で指定することを選択します。
  4. F5 を押してオートメーションを実行します。下図のとおり、電卓が開き、UI 操作により単純な計算が実行され、計算結果がコピーされてメッセージ ボックスに表示されます。
12871287

1 年前に更新

Citrix App の自動化の例


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。