通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Studio ログ

Studio トレース

Studio トレースは、Studio で生成された診断ログメッセージで、その動作に関連する情報が含まれています。

ログ レベルの設定ログ ファイルのパスは、<Installation Folder>\UiPath.Studio.exe.config ファイルを編集することにより変更できます。このファイルが存在しない場合は、イベント発生時に自動的に作成されます。このセクションは、<nlog> タグの下に表示されます。

UiPath Studio トレースのログ レベル

既定で選択されている Studio のログ レベルは、Information です。ただし、同じ構成ファイルに他のレベルを追加したり、除外したりすることができます。

Error および Warning のレベルのみをログするには、<rules> タグの間で指定します (下の例を参照)。

<rules> <logger name="*" level="Error" writeTo="AsyncTarget" />
<logger name="*" level="Warning" writeTo="AsyncTarget" /> </rules>

ログを特定のサイズに制限するには、archiveAboveSize="<value in bytes>"<target> セクションに追加します。

<target name="AsyncTarget" xsi:type="AsyncWrapper" minlevel = "Off"> <target name="logfile" xsi:type="File" fileName="${logDirectory}/${shortdate}_Studio.log" layout="${time} =&gt; [${level:uppercase=true}] [${logger}] [${threadid}] ${message}" archiveAboveSize="<value in bytes>/> </target>

ログを無効にするには、下記のように、minlevel タグを ”Off” に設定します
<rules> <logger name="*" minlevel="Off" writeTo="AsyncTarget" /> </rules>

UiPath Studio トレースのターゲット

Studio の既定のログ ファイル パスは %localappdata%\UiPath\Logs\<shortdate>_Studio.log です。<shortdate> の形式は yyyy-mm-dd です。

ログ ファイルのパスを変更するには、logDirectory パラメーターの値を使用するパスに変更します。

たとえば、ログ ファイル パスをデスクトップに移動するには、value="${specialfolder:folder=LocalApplicationData}/UiPath/Logs" パラメーターを value="${specialfolder:folder=DesktopDirectory" に変更します。

📘

注:

Windows キーボードの言語を日本語、ロシア語、またはフランス語に設定して、いくつかの Studio ログがその指定した言語にローカライズされていることを確認します。

1 年前に更新

Studio ログ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。