通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ST-USG-026 - アクティビティの制限

Rule ID: ST-USG-026

スコープ: ワークフロー

説明

このルールは、制限されたアクティビティがプロジェクトで使用されているかどうかを確認します。制限されたアクティビティは、次のいずれかのリストで定義されます。

  • 禁止されているアクティビティ - プロジェクト内で禁止されているアクティビティです。このリストにないアクティビティは、すべてプロジェクトで使用できます。
  • 許可されているアクティビティ - プロジェクト内で許可されているアクティビティです。このリストにあるアクティビティのみを、プロジェクトで使用できます。

推奨

自分の組織で許可されているアクティビティのみを使用してください。

875875

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[ワークフロー アナライザー] タブを選択します。ルールを検索して選択し、禁止または許可されているアクティビティのリストを使用して、制限されたアクティビティを定義します。ルールの変更に関する考慮事項は次のとおりです。

  • Add the namespaces of the activities (for example UiPath.Core.Activities.Delete) separated by comma (,).
  • You can use the asterisk (*) wildcard character at the beginning or at the end of each entry. For example, adding UiPath.Core.Activities* to the list of prohibited activities means that no activity with a namespace that starts with UiPath.Core.Activities is allowed.
  • これら 2 つのリストを同時に使用しないでください。両方のリストに値を設定した場合、禁止されているアクティビティのリストの方が優先されます。

既定値にリセット

既定では、ルールによりいずれのアクティビティの使用も制限されることはありません。ルールを既定値に戻すには、[プロジェクト設定] ウィンドウでルールを右クリックして [既定値にリセット] をクリックします。

875875

[既定のアクション] も、その既定値である [警告] にリセットされます。

2 年前に更新


ST-USG-026 - アクティビティの制限


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。