通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ST-USG-014 - パッケージの制限

Rule ID: ST-USG-014

スコープ: プロジェクト

説明

ルールを設定することで、特定のプロジェクトで使用できるアクティビティ パッケージを制限できます。禁止パッケージのリストを定義すると、それらのパッケージが依存関係としてプロジェクトに追加されていないかどうかをルールが確認します。既定では、いずれかの禁止パッケージがプロジェクトにインストールされていた場合、ルールによって、[エラー リスト] パネルにエラー ログが記録されます。

📘

重要

Studio に組み込まれた既定のアクティビティは特定のパッケージに属していないため、このルールによって除外できません。

推奨

組織が禁止しているパッケージがプロジェクトにインストールされていないことを確認してください。そのようなパッケージは、名前またはバージョンに基づいて除外できます。

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[Workflow Analyzer] タブを選択します。以下の画像のように、ルールを見つけてルールを選択します。

875875

By default, this rule does not prohibit any activity packages. Add a package by writing its full name together with its version separated by the equals sign (=), for example, UiPath.Excel.Activities=2.5.3 です。

Add the greater than (>) symbol to restrict higher versions, for example, UiPath.Excel.Activities>=2.5.3 would restrict all 'UiPath.Excel.Activities' packages having a version of 2.5.3 or higher. The greater than (>) symbol can only be used together with the equals sign (=), inputs such as UiPath.Excel.Activities>2.5.3 are invalid.

The less than (<) and the less than or equals (<=) symbols are not supported, therefore inputs such as UiPath.Excel.Activities<2.5.3 または UiPath.Excel.Activities<=2.5.3 are considered invalid.

Use a wildcard character * to restrict multiple versions of the same package. For example, the UiPath.Excel.Activities=2.7.2-beta* value prohibits all beta versions 2.7.2-beta of the UiPath.Excel.Activities=2.7.2 package, while allowing the usage of other versions of the same package, including UiPath.Excel.Activities=2.7.2, any other prerelease versions of the UiPath.Excel.Activities=2.7.2 package (like alpha versions), or any other stable of prerelease versions of the UiPath.Excel.Activities package.

The wildcard character * can only be used at the end of the version. Furthermore, when using the greater than or equals (>=) symbol together with a wildcard character *, the greater than symbol (>=) is interpreted as the equals sign (=), for example, UiPath.Excel.Activities>=2.7.2-beta* is a valid input, but is interpreted as UiPath.Excel.Activities=2.7.2-beta* です。

例:

  • UiPath.Excel.Activities=2.8.4-*
  • UiPath.Excel.Activities>=2.7.2
  • UiPath.Excel.Activities=2.7.2

The rule does not identify restricted packages if a wildcard is used in a prelease version number, for example, UiPath.Excel.Activities=2.8.2-beta.10*. The rule also doesn't restrict packages when using a wildcard in a major version number, for example, UiPath.System.Activities=1* does not identify UiPath.System.Activities=19.10.1 です。

To restrict multiple packages, simply separate them by a comma, for example, UiPath.Excel.Activities, UiPath.UIAutomation.Activities excludes all versions of these two packages.

📘

注:

アクティビティが、どのパッケージに属しているかを確認するには、こちらで説明しているとおり、[アクティビティ] パネルの [パッケージ別にグループ化] オプションを使用します。もう 1 つの簡単な確認方法は、パネルのアクティビティ上でホバーして、表示されるツールチップを見ます。

ルールにパッケージを追加した後、[プロジェクトを分析] ボタンをクリックすると、ルールを試行できます。

既定値にリセット

既定では、ルールはいずれのパッケージも禁止しません。ただし、自分で追加したパッケージをすばやく削除するには、[プロジェクト設定] ウィンドウでルールを右クリックして [既定値にリセット] を選択します。

875875

[既定のアクション] も、その既定値である [エラー] にリセットされます。

2 年前に更新

ST-USG-014 - パッケージの制限


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。