通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ST-DBP-020 - 未定義の出力プロパティ

ルール ID: ST-DBP-020

範囲: アクティビティ

説明

このルールは、特定のアクティビティの出力プロパティが宣言および使用されているかどうかを確認します。特定のアクティビティを除外できます。このルールで既定で除外されるアクティビティは次のとおりです。

  • 繰り返し (コレクションの各要素) - 名前空間は UiPath.Core.Activities.ForEach です。
  • メッセージ ボックス - 名前空間は UiPath.Core.Activities.MessageBox です。
  • マクロを実行 - 名前空間は UiPath.Excel.Activities.Business.ExecuteMacroX です。
  • アプリのステートを確認 - 名前空間は UiPath.UIAutomationNext.Activities.NCheckState です。

推奨

特定のアクティビティの出力プロパティが宣言された変数に設定されていることを確認してください。

ルールの変更

[プロジェクト設定] ウィンドウで、[ワークフロー アナライザー] タブを選択します。以下の画像のように、ルールを見つけて選択します。

ST-DBP-020 の既定の除外アクティビティは、繰り返し (コレクションの各要素)メッセージ ボックスマクロを実行です。その他のアクティビティを [除外] フィールドに追加するには、それらの名前空間をコンマで区切って入力します。たとえば、パラメーターにUiPath.Core.Activities.ForEach, UiPath.Core.Activities.MessageBox, UiPath.Excel.Activities.Business.ExecuteMacroX, UiPath.Core.Activities.GetVisibleText を指定すると、確認対象から除外されるアクティビティのリストに [表示中のテキストを取得] が追加されます。

既定値にリセット

値を既定値に戻すには、[プロジェクト設定] ウィンドウのルールを右クリックして、[既定値にリセット] をクリックします。

1 年前に更新


ST-DBP-020 - 未定義の出力プロパティ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。