通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

アクティビティをテストする

アクティビティをテスト

デザイナー パネルの [アクティビティをテスト] コンテキスト メニュー オプション部分は、現在選択されているアクティビティに対するテストを実行するために使用されます。クリックすると、[ローカル] パネルが開き、範囲内の変数と引数が表示されます。

テストアクティビティは、次の 2 つの方法で使用できます。

  • プロパティに既定値を追加してテスト
  • アクティビティのプロパティに引数および/またはプロパティを追加し、[ローカル] パネルを使用して、テストアクティビティオプションをクリックした後に値を追加します。

変数や引数の値フィールドをダブルクリックするか、[ローカル] パネルで editedit アイコンをクリックして、新しい値を追加します。次に、[ステップ イン] をクリックしてアクティビティにフォーカスして実行し、[ローカル] パネル内の変数や引数の値を監視します。

[続行] をクリックしても同じことが可能ですが、値は [ローカル] パネルには表示されません。

変数が後で定義される他の変数に依存する場合の動的チェックはサポートされていないことに留意してください。

テスト アクティビティ操作によって生成された実行ログは [出力] パネルに表示されます。Studio の例外はバブルアップされる可能性があります。これは、例外が親コンテナーによって処理される可能性がある場合に、例外が親コンテナーに渡される場合があることを意味します。

テストアクティビティオプションは、デバッグ時には使用できません。

テストアクティビティの使用例

If アクティビティの例では、ユーザーに 2 つの数字の入力を求め、一方が他方で割り切れるかどうかをチェックし、その結果に基づいて異なるメッセージを [出力] パネルに表示するプロセスを作成しました。

プロセスで定義された[条件分岐 (if)]アクティビティの動作を確認するには、以下に示すように [アクティビティをテスト] オプションを使用します。

12741274

[アクティビティをテスト] 操作は、デバッガーにアクティビティを配置し、変数の値を要求します。入力したら、[続行] ボタンをクリックして、デバッグ プロセスを続行します。この特定のケースでは、メッセージが [出力] パネルに正解とともに書き込まれました。これは、[条件分岐 (if)] アクティビティに書き込まれた式が正しかったことを意味します。

テスト ベンチを作成

テストベンチの作成オプションを使用すると、オートメーションのビルディング ブロックを作成できます。これは、最終的なワークフローにテストして追加することができます。

アクティビティのテスト、変数の操作、プロセスのデバッグに使用されます。これらはすべてテストベンチワークフローで行われます。これは、現在のプロジェクトの一部ではなく、閉じられたときに破棄される一時的なシーケンスです。

テストベンチの作成オプションは、後者が含まれいて実際のワークフローに定義されていることを除いて、テストアクティビティオプションと同様です。

[テスト ベンチを作成] オプションを使用するには、[アクティビティ] パネルの検索バーに移動するか、Ctrl + Alt + F キーボード ショートカットを使用します。アクティビティの名前を入力し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。

テストベンチの作成を選択し、プロジェクトに含まれていないシーケンス ファイルに自動的に追加されます。そこから他のアクティビティを追加し、既定のプロパティを変更してプロセスをデバッグできます。[出力] パネルにデバッグ中に見つかったログやエラーが表示されます。

ファイルをプロジェクトに保存するには、リボンの [名前をつけて保存] オプションを使用し、ファイル名を指定してプロジェクトと同じファイル パスに保存します。

[分岐] アクティビティでは、[テスト ベンチを作成] は機能しないことに注意してください。

このアクティビティまで実行

[デザイナー] パネルでアクティビティを右クリックすると、このアクティビティに実行オプションを使用できます。

このオプションは、デバッグ プロセスを開始し、選択されたアクティビティが実行される前に一時停止して、パネルで強調表示します。デバッグが既に一時停止しているときに、[このアクティビティまで実行] がトリガーされた場合、アクティビティに到達するまで実行が継続されます。

このアクティビティから実行

[このアクティビティから実行] コンテキスト メニュー オプションが、一時停止ステートでデバッグになり、[ローカル] パネルから変数や引数の値を変更することができます。[続行] を押してデバッグを開始するか、[ステップ イン][ステップ オーバー][ステップ アウト] などの操作を使用します。

2 年前に更新


アクティビティをテストする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。