通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Studio の設定を構成する

Studio の設定をホーム (Studio の Backstage ビュー) > [設定] から構成します。設定は C:\Users\your_user_name\AppData\Roaming\UiPath に保存されます。

全般

[設定] タブの [全般] を選択して、Studio の全般的な設定を構成します。

11251125
  • 言語 - 使用可能な言語のいずれかを選択して Studio と Assistant のインターフェイス言語を変更できます。言語は、英語日本語フランス語ロシア語中国語 (簡体字)ドイツ語スペイン語スペイン語 (中南米)ポルトガル語 (ポルトガル)ポルトガル語 (ブラジル)韓国語トルコ語のいずれかを選択できます。
  • テーマ - Studio のインターフェイス テーマは、ドロップダウン メニューから [ライト] または [ダーク] のいずれかを選択して変更できます。変更を適用するには Studio を再起動します。
    Windows オペレーティング システムで [ハイ コントラスト] オプションを選択した場合、再起動した StudioXはハイコントラスト モードに切り替わります。
12911291

📘

注:

ダークテーマを使用するには、オートメーション プロジェクトが少なくとも UiPath.UIAutomation.Activities v18.4.2 および UiPath.System.Activities v18.4.1 以降を依存関係として持つ必要があります。

  • Telemetry - Select whether to allow Studio to collect and send anonymous usage data and UI Descriptors created using the Object Repository. For more information about anonymous data collection, see Opting Out of Telemetry in the Installation and Upgrade Guide.

  • 設定をリセット - Studio の次の設定を既定のステートに戻します。

    • [全般][デザイン] のすべての設定
    • 最近のファイルのリスト。
    • [お気に入り] アクティビティのリスト。
    • Studio のレイアウト調整。
    • [実行] タブ > [オプション][例外中に中断] オプション。
    • [アクティビティを表示] オプションと [アクティビティ] パネルでピン留めされたアクティビティ。
    • [スニペット] パネルのユーザーが追加したフォルダー、プロジェクトを最後に開いたディレクトリ、および安定版に切り替えられる更新チャネル

    なお、設定をリセットしても、フィードへの影響はありません。

デザイン

[設定] タブの [デザイン] を選択して、このバージョンの Studio で開いたすべてのプロジェクトに適用される一連のグローバルなデザイン設定を構成します。

11251125
  • 保存およびパブリッシュ
    • 自動バックアップの実行間隔 - プロジェクトを定期的に自動バックアップする間隔を設定できます。これは、前回保存したワークフローのコピーを復元する際に役立ちます。既定値は、30,000 ミリ秒に設定されています。最小値は 10,000 ミリ秒、最大値は 9,999,999 ミリ秒です。
    • [プロジェクトのパブリッシュ時のタイムアウト] - プロジェクトをパブリッシュする際のタイムアウト値を設定します。既定値は 30 秒です。タイムアウトの最大値は 999,999 秒、最小値は 1 秒です。
    • [プロジェクトを開く動作] - プロジェクトの再開時に既定でどのファイルを開くかを選択します。[最後に開いたタブを保持][メイン エントリ ポイントを開く] または [タブなし] から選べます。
    • Enforce Analyzer before Publish - Select this option to prohibit publishing projects with Workflow Analyzer errors.
    • Enforce Analyzer before Run - Select this option to prohibit running and debugging files or projects with Workflow Analyzer errors.
    • RPA XAML ファイルのみを分析 - このオプションを選択すると、プロジェクトでワークフロー アナライザーを実行するときに、テストケースが含まれる XAML ファイルが分析から除外されます。選択しない場合、RPA ファイルとテスト ケース XAML ファイルの両方が分析されます。この設定が適用されるのは、アナライザーが手動でトリガーされるときのほか、プロジェクトの実行/デバッグ前、およびテスト ケースまたはプロジェクトのパブリッシュ前に、アナライザーが自動的に実行およびトリガーされるときです。
    • パブリッシュ直前にチェックインを強制実行 - このオプションを選択すると、ソース管理リポジトリに追加されたプロジェクトにローカルで変更が加えられた場合に、そのプロジェクトのパブリッシュが制限されます。
  • 実行
    • 出力コンソールのサイズ - 1 つのセッションで [出力] パネルに表示できる行の最大数を設定します。既定値は 2,000 行です。追加できる最大値は 9,999 行、最小値は 1 行です。
    • [既定の動作を実行/デバッグ] - [実行/デバッグ] リボン ボタンの既定の動作を設定できます。[ファイルをデバッグ][ファイルを実行][プロジェクトをデバッグ][プロジェクトを実行] の中から選択します。
    • 実行時に最小化 - プロジェクトの実行時に Studio を最大化するか最小化するかを、トグルで選択して設定できます。
  • デザインのスタイル
    • C# 言語を使用 (Studio Pro only) - Select the default language to use for expressions in new projects. If selected, C# is by default the language used for expressions in new projects. If not selected, new projects use VB. You can select a different language than the default whenever you create a new project.
      このオプションは、Studio Pro プロファイルでのみ利用できます。Studio および StudioX プロファイルで作成されたプロジェクトでは、式に VB 言語を使用します。
    • 注釈をドッキング - アクティビティに注釈を追加するための既定の方法を選択します。このオプションを選択した場合は、注釈がアクティビティの中に固定され、選択しない場合は、アクティビティの横にフローティング表示されます。
    • Use Modern for new projects - Enable a modern experience of working with UI Automation for new projects, with new and improved activities, recorders, and wizards. For more information, see Modern Design Experience.
    • オブジェクト リポジトリの使用を強制 - このオプションを選択すると、UI Automation アクティビティでオブジェクト リポジトリの要素のみが許可されます。
    • [折りたたまれたアクティビティのスリム ビュー] - タイトル バーのみを表示するビューを有効にして、折りたたまれたアクティビティが占めるスペースを削減することができます。

場所

[設定] タブの [場所] を選択して、プロジェクト、パブリッシュ先、ワークフロー アナライザーのカスタム ルールの既定の場所をそれぞれ設定します。

11251125
  • プロジェクト パス - プロジェクトが作成される既定の場所。
  • プロセスのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にプロセスのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • ライブラリのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にライブラリのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • プロジェクト テンプレートのパブリッシュ先 URL - カスタム フィードのオプションを選択している場合にプロジェクト テンプレートのパブリッシュ先とする既定の場所。
  • Custom Workflow Analyzer rules location - The folder from which to add custom Workflow Analyzer rules to Studio. If no location is provided, the default location for custom rules is used.

オプションごとに目的の場所を参照して選択するか、テキスト ボックスにフル パスを入力できます。

パッケージ ソースを管理

Select Manage Sources in the Settings tab to manage feeds for activities packages from Studio Backstage view without having to open a project. This section is similar to the one in the Manage Packages window, which lets you adjust feeds per project.

12121212

📘

注:

ローカル アクティビティ フィードは、既定で有効化されています。ロボットが Orchestrator に接続されている場合には、Orchestrator フィードも有効化されています。

ライセンスとプロファイル

[設定] タブで [ライセンスとプロファイル] を選択してローカル ライセンス キーを追加するか、別のユーザー プロファイルに切り替えます。

11251125
  • Studio がローカルでライセンスされているときに新しいライセンス キーを追加するには、[ローカル ライセンスを変更] をクリックし、新しいライセンス キーを入力して、[続行] をクリックします。
  • 別のプロファイルに切り替えるには、[プロファイルを確認または変更] をクリックし、Studio、StudioX、Studio Pro のいずれかを選択します。
10001000

📘

注:

Studio Pro プロファイルは、Studio Pro ライセンスがある場合にのみ利用可能です。StudioX のライセンスをアクティベートした場合は、StudioX プロファイルしか使えません。

チーム

Select Team in the Settings tab to enable or disable Source Control plugins. For more information, see About Version Control.

12121212

Labs

📘

注:

このタブは、Community ライセンスでのみ使用できます。

このセクションでは、[試験段階] とマークされた機能が提供されています。これらの機能は、まだ開発中であり、完全にリリースされるまでは互換性の保たれない変更が加えられる可能性があります。UiPath は [試験段階] の機能の後方互換性をサポートしません。

12801280

[Labs] タブでは、プロセスおよびライブラリのエディター拡張機能を有効化または無効化できます。

このオプションを有効化した場合は、アクティビティの本体または [プロパティ] パネルのいずれかのテキスト入力フィールドの右側をマウスでホバーすると、プラス plus buttonplus button ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、メニューが開き、以下のオプションが表示されます。

  • Open in Advanced Editor - Open the Expression Editor.
  • 変数を作成 - アクティビティの必須の種類と同じ種類の変数を作成します。
  • 値をクリア - フィールドに値が既に存在する場合は、このオプションを使用してその値をクリアできます。
670670

1 年前に更新

Studio の設定を構成する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。