通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

テレメトリをオプトアウトする

UiPath は、問題の診断および製品の改善を目的として、使用状況とパフォーマンスに関するデータを収集しています。UiPath プライバシー ポリシーのプラクティスについては、プライバシー ステートメントをご覧ください。

テレメトリ データは、新機能の開発、ユーザー エクスペリエンス向上のための改善、ユーザーが最も必要とするツールの Studio への搭載のために使用されます。

さらに、当社は、オートメーション プロセスの設計、デバッグ、実行が容易になるように、ユーザーのニーズに応えて製品を向上させる目的でもテレメトリ データを使用します。

Orchestrator でテレメトリをオプトアウトする方法については、こちらのページをご覧ください。

テレメトリ データは、この Robot については収集されていません。

📘

注:

Studio において、使用状況データの収集は既定で有効化されています。これは、Studio が Enterprise ライセンスでアクティブ化された場合にのみ、無効化できます。

インストール時にオプトアウトする

Disabling the usage data collection can be done at install time for Studio using command-line parameters. This is available only when using UiPath.Studio.msi です。

  1. コマンド プロンプトを管理者として開きます。
  2. Go to the directory in which you saved the .msi, for example cd C:\UiPath.Studio.msi です。
  3. Run the setup artifacts with the parameters for installing Studio and Robot, together with the TELEMETRY_ENABLED=0 parameter for disabling telemetry. TELEMETRY_ENABLED=1 is the parameter for enabling data collection.

例: Studio、サービス モードの Robot、アクティビティ パッケージをインストールし、テレメトリをオプトアウトする - UiPathStudio.msi ADDLOCAL=DesktopFeature,Studio,Robot,RegisterService,Packages TELEMETRY_ENABLED=0

インストール時のコマンド ライン パラメーターの詳細については、このページをご覧ください。

📘

注:

★削除★ TELEMETRY_ENABLED parameter can also be added when updating your Studio instance. If the parameter is omitted on updates, the previous value is preserved.

If the key was missing in the previous version of Studio and you do not provide the TELEMETRY_ENABLED parameter during the update, Telemetry.Enabled is automatically set to true です。

インストール後にオプトアウトする

After installing UiPathStudio.msi, you can opt out of telemetry at user-level by using the Telemetry toggle in Studio Backstage view.

The second method requires the "Telemetry.Enabled" parameter in the uipath.config file to be modified. Please note that this method is recommended at organization level. Once the change is made in the uipath.configfile, it can not be reverted by using the telemetry toggle in Studio > General Settings.

ユーザーレベルでオプトアウトする

Studio の Backstage ビューで、[設定] > [一般] 設定に移動します。[テレメトリ] カテゴリで、トグルを [無効] に切り替えます。Studio を再起動します。マシンから匿名のテレメトリが収集されなくなります。

12881288

組織レベルでオプトアウトする

The second way in which you can opt out of telemetry after installation is by modifying the "Telemetry.Enabled" parameter in the uipath.config file, located at %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\uipath.config です。

<analyticsSettings>
  <add key="Telemetry.Enabled" value="true" />
</analyticsSettings>

In the <analyticsSettings> section, change the value for the "Telemetry.Enabled" parameter from "true" to "false". Save the file and restart Studio if needed. UiPath no longer collects telemetry data pertaining to Studio and Robot installed on your machine.

Please note that if you upgrade your Studio instance to v2019 without specifying the telemetry parameter, you also need to add the analyticsSettings section to the uipath.config file, as illustrated below:

<configSections>
  <section name="analyticsSettings" type="System.Configuration.AppSettingsSection" />
</configSections>

1 年前に更新

テレメトリをオプトアウトする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。