通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

一括更新コマンド ライン パラメーター

プロジェクト依存関係一括更新コマンド ラインのユーザー インターフェイスでは、複数のオートメーション プロジェクトに属する project.json ファイルを一括更新できます。依存関係の追加や削除、パッケージ バージョンやランタイム ルールの変更、パブリッシュ前のプロセスまたはライブラリの署名を行うことができます。

プロジェクト依存関係一括更新ツールを使用することにより、更新するそれぞれのパッケージ バージョンのライセンス条件に黙示的に同意したことになります。

📘

注:

Studio Enterprise Edition 用の [プロジェクト依存関係一括更新] コマンド ラインのユーザー インターフェイスは、Studio v2018.4.4 以降で利用可能です。

UiPath.Studio.CommandLine.exe はインストール フォルダーにあります。既定では、Studio の Windows インストーラー (.msi) のパスは C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\ です。

ユーザー モード (.exe) でインストールされている Studio の既定のパスは、%LocalAppData%\UiPath\[Studio_version]\ になります。

938938

各コマンド固有の引数を確認するには、--help を使用します。--version を使用して、UiPath.Studio.CommandLine.exe のバージョンを確認します。

1 つのコマンド ラインから複数のコマンドを組み合わせて使用できます。さらに、同一のコマンド ラインで、特定の引数を繰り返す必要はありません。たとえば、svn loginsvn checkout を使用する際には r, --repository になります。

📘

重要

プロジェクト依存関係一括更新 コマンドラインのユーザー インターフェイスを TFS で使用する際には、事前に更新しようとするプロジェクトが現在のユーザーの TFS から切断されていることを確認してください。

プロジェクト依存関係一括更新ツールを使ってプロジェクトを変更する場合は、あらかじめ Studio でプロジェクトを保存して閉じておくことを推奨します。

ローカル ファイル更新のコマンド

  • list - 特定のディレクトリ配下の project.json ファイルへのパスを検出して表示します。ローカルのネットワーク ドライブのプロジェクトもリストに表示されます。list コマンドでは次の引数を使用します。
ArgumentDescription
-d, --directoryThe directory that stores the files that you want to list. Use -u, --user and -p, --pass arguments for password-protected remote directories.

📘

注:

--directory 引数を list コマンドで使用すると、作業ディレクトリからのすべての project.json ファイルへのパスが表示されます。

  • manage - 特定のプロジェクトを管理します。複数の依存関係およびルールを追加/削除するには、これらを空白で区切る必要があります。manage コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-a, --add-refAdds or updates the dependency and runtime rule to the project.json file.
”dependencyname|version|runtimerule” = adds or updates the dependency version and runtime rule.
”dependencyname|prereleaseversion|runtimerule” = adds the dependency’s prereleased version and the specified runtime rule.
r, --rem-refRemoves the specified dependencies from the project.json file.
"dependencyname" - the dependency to be removed from the project, regardless of its version.
"dependencyname|version" - removes the dependency with this specific version, regardless if it’s a prerelease version.
-p, --project-pathThe path to the project.json file(s).

📘

注:

ランタイム ルールの構文は、最も低い適用可能なバージョンlowestストリクト バージョンで strict です。これらのパラメーターを指定しない場合、既定で最も低い適用可能なバージョンが適用されます。

たとえば、次のコマンド manage --project-path "C:\Users\username\Documents\UiPath\BlankProcess\project.json" --add-ref "UiPath.Excel.Activities|2.6.2|lowest" は、パッケージ バージョンを 2.6.2 に、ランタイム ルールを最も低い適用可能なバージョンに変更します。

  • publish - 依存関係への変更とともに、プロジェクトをパブリッシュします。publish コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-p, --project-pathThe path to publishing the project, either Orchestrator, a custom feed or locally. The argument is mandatory.
-c, --custom-urlThe custom URL for publishing the project. The -c, --custom-url can also stand for a custom local directory, similar to the path in the Publish Project window in Studio.
-a, --api-keyThe API key for publishing the project. This argument should be used together with the -c, --custom-url argument.
-n, --notesRelease notes that contain changes brought to the project.
-v, --new-versionThe new version for the project.
-t, --timeoutSpecifies the timeout value for publishing projects. The default timeout is 30 seconds. This setting only applies for the package transfer to Orchestrator duration.
--cer-pathThe local path to the certificate for package signing.
--cer-passwordThe password for the certificate.
--timestamper-urlThe URL to the timestamper.

📘

注:

現在、プロジェクトの署名では、証明書の拡張子として .pfx および .p12 が認められています。詳細については、「パッケージの署名」ページをご覧ください。

上記から例に基づいて構築される次のコマンドは、UiPath.Excel.Activities パッケージをバージョン 2.6.2 に更新し、最も低い適用可能なバージョンにランタイム ルールを変更し、リリース ノートと新バージョンを追加し、カスタムの場所にプロジェクトをパブリッシュします。
manage --project-path "C:\Users\username\Documents\UiPath\BlankProcess\project.json" --add-ref "UiPath.Excel.Activities|2.6.2|lowest" publish --custom-url "C:\Users\username\Desktop\myfeed" --notes "Changes were made to the Excel package" --new-version "1.0.2" です。

Workflow Analyzer のコマンド

コマンドライン パラメーターを使用して、一連のルールに対してファイルまたはプロジェクトを分析できます。

  • analyze - プロジェクト全体を分析します。project.json ファイルへのパスが必要です。
  • analyze-file - 単一のファイルを分析します。.xaml ファイルへのパスが必要です。
ArgumentDescription
-p, --project-pathFor analyzing one file, provide the path to the .xaml. For analyzing the entire project, specify the path to the project.json file.

コマンドライン パラメーターを使用してファイル/プロジェクトのルールを分析および設定する方法の詳細については、「ワークフロー アナライザー」ページをご覧ください。

SVN 固有のコマンド

  • svn login = 特定の SVN リポジトリにログインするために資格情報を使用します。svn login コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
r, --repositoryThe repository address/URL that stores the projects that you would like to modify. The argument is mandatory.
-p, --passwordThe password required for authentication to the SVN repository.
-s, --password-stdinReads the authentication password from STDIN (standard input). You are prompted to input the password to the desired repository.
u, --userThe username required for authentication.
  • svn checkout = SVN リポジトリからプロジェクトをチェックアウトします。svn checkout コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-d, --directoryThe destination checkout folder for the files. The argument is mandatory.
-r, --repositoryThe address of the repository that stores the files you want to checkout. The argument is mandatory.
  • svn edit = 1つ以上のプロジェクトをロック解除して変更可能な状態にします。svn edit コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-f, --filesThe paths to the files that you want to edit. The paths should be relative to the working directory and separated by semicolons. The argument is mandatory.
-d, --directoryThe working directory which contains the files that you want to edit. If a working directory isn’t specified, the current environment directory is used.
  • svn checkin = オートメーション プロジェクトへの変更をチェックインします。svn checkin コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-m, --messageWrite a commit message to detail the changes brought to the projects. The commit message is mandatory.
-d, --directoryThe working directory where the projects are being checked in. If a working directory isn’t specified, the current environment directory is used.
-f, --filesThe paths to the files that you edited. The paths should be relative to the working directory and separated by semicolons.

TFS 固有のコマンド

  • tfs login = 特定の TFS リポジトリにログインするために資格情報を使用します。tfs login コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-t, --typeThe login method for the TFS repository:
ntlm = authentication through NT LAN Manager on a local TFS repository.
token = authentication using a personal access tokens enabled on the TFS repository.
basic = basic authentication on a secure TFS repository.
-p, --passwordThe password required for authentication to the SVN repository.
-s, --password-stdinReads the authentication password from STDIN (standard input). You are prompted to input the password to the desired repository.
u, --userThe username required for authentication.
-c, --collectionRefers to the collection URI. The argument is mandatory.
  • tfs checkout = TFS リポジトリからプロジェクトをチェックアウトします。tfs checkout コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-c, --collectionSpecify the collection URI.
-d, --directoryThe destination checkout folder for the files. The argument is mandatory.
-r, --remotedirThe path to the project directory, relative to the collection root. It starts with $/ and is preceded by the collection URI.
  • tfs edit - 1つ以上のプロジェクトをロック解除して変更可能な状態にします。tfs edit コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-f, --filesThe paths to the files that you want to edit. The paths should be relative to the working directory and separated by semicolons.
-d, --directoryThe working directory which contains the files that you want to edit. If a working directory isn’t specified, the current environment directory is used.
  • tfs checkin - オートメーション プロジェクトへの変更をチェックインします。tfs checkin コマンドでは次の引数をします。
ArgumentDescription
-m, --messageWrite a commit message to detail the changes brought to the projects. The commit message is mandatory.
-d, --directoryThe working directory where the projects are being checked in. If a working directory isn’t specified, the current environment directory is used.
-f, --filesThe paths to the files that you edited. The paths should be relative to the working directory and separated by semicolons.

古いオートメーション プロジェクトの更新

コマンドライン ユーザー インターフェイスを使用して、v2018.3 より前のバージョンの Studio で作成したオートメーション プロジェクトに依存関係をインストールする際には、次のことに注意してください。

  • このプロジェクトがパブリッシュされておらず、したがって依存関係がインストールされていない場合、移行プロセスにより既定のパッケージがインストールされます。詳細については、「依存関係の管理」ページをご覧ください。
  • v2018.3より前のバージョンの Studio で作成されたプロジェクトでは、UiPath.Core.Activitiesパッケージが UiPath.System.Activities および UiPath.UIAutomation.Activities に移行されます。

2 年前に更新

一括更新コマンド ライン パラメーター


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。