通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Studio ライセンスをアクティベーションする

オンラインでのアクティベーション

インストール後に初めて Studio を実行すると、ライセンス アクティベーション ウィザードが表示されます。ローカル ライセンスは、LicenseTool コマンド ライン ユーティリティからもアクティベーションできます。

  1. [ライセンス キーを追加] ボタンをクリックします。登録ウィンドウが表示されます。
  2. オンラインでライセンスを取得するには、[自動] オプションを選択します。
  3. [ライセンス キーを追加] フィールドに、受け取ったライセンス キーを入力します。
  4. [続行] ボタンをクリックします。これで、UiPath ライセンスがアクティベーションされ、オートメーション ワークフローの作成を開始できます。

📘

注:

マシンにウイルス対策ソフトウェアがインストールされている場合、ライセンス処理中にアクティベーション エラーが表示されることがあります。このエラー メッセージを回避するには、ウイルス対策ソフトウェアとファイアウォールの両方で Studio をホワイトリストに登録する必要があります。

ローカルでライセンスされた Studio を Orchestrator に接続したい場合は、Orchestrator でロボットを作成する際に [外部ライセンス ] チェック ボックスにチェックを入れてください。これにより、Studio が既定でローカル ライセンスに設定されるため、Orchestrator がライセンス プールからライセンスを割り当てなくなります。

Orchestrator からのライセンスによるアクティベーション

ロボットをセットアップして Orchestrator に接続し、Orchestrator からのライセンスで Studio をアクティベーションします。UiPathStudio.msi は Community Edition の Orchestrator からはライセンスを取得できない点にご注意ください。

  1. [ライセンス キーを取得] ボタンをクリックします。ロボットが Orchestrator に接続されていない場合は、エラー メッセージが表示されます。
  1. UiPath Robot のロボット トレイを開き、[設定] ダイアログに進みます。
  2. [UiPath Robot の設定] トレイで、 Orchestrator URL とマシン キーを入力します。
  3. [接続] をクリックします。
  4. [アクティベーションしましょう] ウィンドウで [ライセンス キーを取得] をもう一度クリックします。[プロファイルを選択] ウィンドウが表示されます。
  1. UiPath Studio または UiPath StudioX プレビュー版 プロファイルのいずれかを選択します。アプリケーションが起動します。

Orchestrator から StudioX ロボットでライセンスをアクティベーションした後に Studio ロボットでライセンスをアクティベーションすると、Studio の Backstage ビューから Studio プロファイルに切り替えることができます。詳細はこちらをご覧ください。

Studio が Orchestrator 経由でライセンスされた場合、[ヘルプ] タブに「ライセンス プロバイダー: Orchestrator」と表示されます。その他の場合は「ライセンス プロバイダー: Internal」と表示されます。

Studio を再起動するまでライセンスの変更は反映されない点にご注意ください。

インストール中にライセンスをアクティベーションする

UiPath Platform インストーラーの実行中に UiPath スイートをアクティベーションできます。インストール中にプロンプトが表示されたら、ライセンス コードを入力します。

UiPathStudio.msi インストーラーを使用する場合、コマンド プロンプトを使用してアクティベーションを行うこともできます。これには、CODE 引数に続けてライセンス コードを指定して実行する必要があります。例:
C:\UiPathStudio.msi CODE=1234567890

また、無人インストール用として、いくつかのサイレント パラメーターを使用できます。

  • /quiet - ユーザーの操作を伴わない Quiet モードです。
  • /passive- 無人モード - 進行状況バーのみ表示します。
  • /q[n|b|r] - ユーザー インターフェイス レベルを設定します。
    • n - UI なし
    • b - ベーシック UI
    • r - 簡易 UI

例:
C:\UiPathStudio.msi CODE=1234567890 /passive - すべての既定機能をインストールし、ライセンスをアクティベーションして、進行状況バーを表示します。

プロキシを使用してライセンスをアクティベーションする

プロキシ経由で Studio ライセンスをアクティベーションするには、Robot と同じ方法で行います。 詳しい手順はこちらをご覧ください。

オフラインでのアクティベーション

📘

重要

オフラインでの (手動) アクティベーションは、Community Edition では利用できません。
ライセンスを更新する場合は、以下の手順を実行する前に、%AppData%/UiPath (ユーザーごとのライセンスの場合) または %ProgramData%/UiPath (マシンごとのライセンスの場合) にある LicenseInternal フォルダーを削除します。

UiPath Studio がインターネットに接続されていないマシンにインストールされている場合、またはネットワーク セキュリティ ソフトウェア/ファイアウォールによるライセンス検証サーバーへのアクセス制限がある場合は、LicenseTool コマンド ライン ユーティリティを使用するか、以下の手順に従ってライセンスを手動でアクティベーションできます。

  1. [ライセンス キーを追加] ボタンをクリックします。登録ウィンドウが表示されます。
  2. [ライセンス キーを追加] フィールドに、受け取ったライセンス キーを入力します。
  3. 手動アクティベーション オプションをクリックします。
  4. [続行] ボタンをクリックします。手動によるアクティベーションの最初の手順が表示され、アクティベーション要求コードが生成され、クリップボードにコピーされます。
  1. アクティベーション要求コードをメール メッセージまたはテキスト ファイルにコピーし、[続行] を押します。

📘

注:

アクティベーション ウィザードは、プロセスが完了するまで開いたままにしておきます。

  1. アクティベーション要求コードを、インターネットにアクセスできるコンピューターに送信します。
  2. インターネットにアクセスできるコンピューターで、https://activate.uipath.com/ に移動します。
  1. [ライセンスをアクティベーション] タブが Web ページ上で選択されていることを確認し、[アクティベーション要求証明書] フィールドにアクティベーション要求コードを貼り付けて、[ライセンス ファイルを生成] をクリックします。ライセンス コードが生成されます。
  1. ライセンス ファイルをダウンロードして、マシン上の .txt ファイルにライセンス コードを保存するか、クリップボードにライセンス コードをコピーするかを選択します。
  2. ダウンロードした .txt ファイルを添付するか、ライセンスをメールに貼り付けて、インターネット アクセスやファイアウォールの制限がないコンピューターに送信します。
  1. ライセンスをアクティベーションしたいマシンで、手動アクティベーションウィザードの手順 2 の [続行] ボタンをクリックします。手動アクティベーションウィザードの最後のステップである手順 3 が表示されます。
  1. [アクティベーション] フィールドに、手順 10 で取得したライセンス コードを貼り付けます。
  2. [続行] ボタンを押します。これでライセンスがアクティベーションされました。

📘

注:

Windows ユーザー名に非 ASCII 文字が含まれる場合、[続行] をクリックすると「ライセンス モデル データが対応していません。」というエラーが発生し、オフライン アクティベーションは正常に完了しません。

ライセンスを表示または編集

アクティベーション画面は、Studio から直接、再表示することができます。[ホーム] から Backstage ビュー > [設定] > [ライセンスとプロファイル] に移動します。

[ライセンスを表示または編集] をクリックしてアクティベーション画面を開き、別の方法を選択します。その後、[プロファイルを表示または変更] をクリックして、Studio または StudioX のいずれかのユーザー プロファイルに切り替えます。

次のコマンドライン パラメーターを使用して、複数のプロファイルを切り替えることもできます。

  • -p Development: Studio プロファイルに切り替えます。
  • -p Business: StudioX プロファイルに切り替えます。

これを実行するには、Studio のインストール先ディレクトリで cmd を実行し、UiPath\Studio\UiPath.Studio.exe -p Business コマンドを入力して Enter キーを押します。StudioX のプロファイルで Studio が開きます。

このコマンドでは、大文字と小文字が区別されます。正しくない引数を入力すると、既定の Studio のプロファイルが開きます。[最近] のプロジェクトのリストは、プロファイル単位で保持されています。

5 か月前に更新


Studio ライセンスをアクティベーションする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。