通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Webdriver プロトコルについて

WebDriver は、ブラウザーの自動化に使用される一般的なプロトコルです。ブラウザー自体とは別の実行可能ファイルで REST API を公開します。このプロトコルは、ブラウザーの起動 (ヘッドレスかどうかにかかわらず)、要素のクリック、文字を入力フィールド、タブを開く、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) の探索、Javascript の挿入などの操作で広く使用されています。

UiPath Platform では、WebDriver プロトコルにより、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションのサポートが導入されています。これは、ブラウザーのオートメーションが、必ずしもウィンドウ フレームなどの画面上の視覚要素に依存する必要がないことを意味します。オートメーションはバックグラウンドで実行され、ブラウザー ウィンドウを表示しておく必要はありません。ただし、WebDriver プロトコルは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションを厳密に意図したものではなく、ブラウザーを視覚的に操作するためにも使用できます。

WebDriver プロトコルを使用したオートメーション プロジェクトは、次のブラウザーを対象に作成できます。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox

📘

注:

WebDriver プロトコルを適用した新しい Edge ブラウザーの自動化は、UIAutomation パッケージ v19.11.3 ではサポートされていません。Edge Chromium を WebDriver で使用する必要がある場合は、UIAutomation v20.4.1 以降へのアップグレードを検討してください。

WebDriver プロトコルによるオートメーションでは、対応するブラウザー拡張機能をインストールする必要はありませんが、対応するブラウザーの WebDriver 実行可能ファイルをインストールする必要があります。

WebDriver プロトコルは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に使用できますが、UiPath ブラウザー拡張機能に代わるものではなく、最適なオプションを自由に使用できます。

WebDriver プロトコルによって生成されるセレクターは、UiPath ブラウザー拡張機能によって生成されるものと同じです。これは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に適用されますが、ウィンドウ フレームには適用されません。

WebDriver は毎回新しいブラウザー セッション (プロセス) を開きます。これは他のブラウザー セッションとは無関係です。ブラウザーを閉じると、対応するすべてのブラウザー セッションとともに、対応する WebDriver アプリケーション (ChromeDriver.exegeckodriver.exe、または msedgedriver.exe) も終了します。

WebDriver プロトコルで作成されるオートメーションは、Open Browser コンテナーの内側と外側でブラウザー系のアクティビティを実行できます。これは、ヘッドレス ブラウザーのオートメーションとビジュアル ブラウザーのオートメーションの両方に当てはまります。さらに、ビジュアル ブラウザーのオートメーションに対する完全な対話型の選択がサポートされた、ネイティブ セレクターが生成されます。

9 か月前に更新

Webdriver プロトコルについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。