通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

拡張機能について

UiPath 拡張機能では、Web ブラウザー、Java アプリケーション、Silverlight アプリケーション、Citrix Virtual Apps and Desktops、さらには RDP 接続まで、オートメーション機能を拡張することができます。これらの拡張機能では、そうした環境で UI 要素をネイティブで検出できるため、セレクターが適切に構築されます。UiPath 拡張機能は、Studio またはコマンド プロンプトからインストールできます。

次のリストに、使用可能な UiPath 拡張機能とインストール方法を示します。

Citrix Virtual Apps and Desktops および RDP 接続用のオートメーション プロジェクトを作成するには、すべての Citrix サーバーまたは Windows サーバーに UiPath リモート ランタイムをインストールし、クライアント マシンに Citrix または Windows のリモート デスクトップ拡張をインストールする必要があります。

Studio では、拡張機能は Studio の Backstage ビュー[ツール] ページに配置されます。ここから必要な拡張機能をクリックするだけで、インストールすることができます。拡張機能が正常にインストールされたかどうかを知らせるメッセージ ボックスが表示されます。

705705

Installing extensions from the Command Prompt is done with the SetupExtensions tool, which is found in the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\UiPath folder. Please note that administrator rights are required to install extensions from the Command Prompt.

26 日前に更新

拡張機能について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。