通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

オートメーション プロジェクトについて

UiPath Studio では、プロセスとライブラリという 2 種類のスタンドアロンのオートメーション プロジェクトを作成できます。プロセスは、ワークフロー、シーケンス、フローチャート、ステート マシン、グローバル例外ハンドラーのすべてを組み込むことができますが、後者はライブラリには使用できません。また、ライブラリは、オートメーション プロセスの依存関係として追加できます。

When you start a new process in Studio, a folder is created with your custom name to the selected location. Projects are saved in the %USERPROFILE%\Documents\UiPath directory by default, unless this location is manually changed.

このフォルダーには、次が含まれています。

  • a Main.xaml file is automatically created, which should hold your main workflow.
  • all other automation .xaml files included in the project. Please note that these files have to be linked to the Main.xaml through the Invoke Workflow File activity, because only the Main.xaml file is executed when you run a job.
  • a .screenshots folder, if you are dealing with UI automation.
  • a project.json file that contains information about your automation project.

📘

重要:

新しいバーションの Studio で作成したプロジェクトは古いバージョンの Studio では実行できない場合があります。詳しくは、「相互運用性」をご覧ください。

プロジェクト バージョンの設定

セマンティック バージョン管理

セマンティック バージョン管理スキームは、Major.Minor.Patch[-Suffix] という形式です。ここで、

  • Major は、メジャーバージョンです。
  • Minor は、マイナーバージョンです。
  • Patch は、パッチバージョンです。
  • -Suffix (任意) は、パッチバージョンに続いて、ハイフンの後にドットで区切られた識別子が付加されます。これは、プレリリースバージョンを表します。

識別子は、ASCII 英文字とハイフンのみで指定してください。空欄にすることはできません。数値識別子は、0を先頭につけることはできません。また、ビルドのメタデータは、パッチバージョンまたはプレリリースバージョンの後にハイフンが続き、その後にプラス記号が付加された構成になることがあります (例: 1.0.0-alpha+1)。

When creating a new process or library, the default version scheme is semantic. It can be changed from the Publish window by simply adding an extra digit to the version number. The project’s semantic version can be modified from the project.json file too. The patch number 0 is automatically added to projects with version number major.minor です。

レガシーバージョン管理

プロジェクトにより生成されるレガシーのバージョン番号の形式は、「M.m.bbbb.rrrrr」です。それぞれの意味は次のとおりです。

  • M はメジャーバージョンです。
  • m はマイナーバージョンです。
  • bbbb はビルドバージョンです。
  • rrrrr はリビジョンバージョンです。

The major and minor versions can be edited in the project.json file also, while the build and revision versions are generated according to an algorithm - the build value is the number of days that elapsed since 01.01.2000. The revision value is the number of seconds which elapsed since the current day, until the moment of the release. The result is divided by 2, so that the maximum revision number does not exceed 65535.

[パブリッシュ] ウィンドウに候補として表示されるバージョン番号は、このプロジェクトの以前のバージョン管理スキームに基づいて生成されています。タイムスタンプは、4 桁のバージョン管理スキームを使用するプロジェクトを考慮に入れたものです。

プロジェクト設定の調整

作業中のオートメーション プロジェクトごとに、一連の設定を個別に作成できます。これらの設定は [プロジェクト設定] ウィンドウで行えます。[プロジェクト設定] ウィンドウを開くには、[プロジェクト] パネルの settings_iconsettings_icon をクリックします。

945945

[プロジェクト設定] ウィンドウでは、以下の設定が可能です。

  • プロジェクトの [名前][説明] - これらのフィールドは、それぞれ 128 文字と 500 文字に制限されています。空白文字は使用できますが、パブリッシュ時に削除されることに注意してください。
  • Disable Pause - enable or prevent users from pausing processes from the Robot tray. If pausing the process during execution would result in an error, then the toggle should be set to Yes. For example, if an activity in your workflow uses the Timeout property, pausing the execution might cause the timeout to expire, thus breaking the execution.
  • Background Process - mark the current .xaml as a Background Process which does not use any user interaction activities. This toggle sets the requiresUserInteraction parameter to false in the project.json file.
  • Supports Persistence - together with the Background Process toggle set to Yes, this marks the current project as an Orchestration Process that works with the UiPath.Persistence.Activities pack. This toggle sets the supportsPersistence parameter to true です。

Click OK and the changes are made visible in the Project panel and project.json file.

プロジェクト レベルでアクティビティのプロパティを調整する方法については、「アクティビティのプロジェクト設定を行う」をご覧ください。

📘

注:

Windows Workflow Foundation の制限により、大量のアクティビティを 1 つのシーケンスから別のシーケンスにコピーする場合は必ず、下にスクロールして、あらかじめ [Designer] パネルを開いておくことをお勧めします。

2 年前に更新


オートメーション プロジェクトについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。