通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

Salesforce Lightning のインターフェイスのサポート

When automating the Salesforce Lighting interface, the out-of-the-box generated selectors contain specific Lightning attributes that are stable and will not change over time, thus making them very reliable and resilient to UI changes. This means the UIAutomation Activities Pack is a great choice for automating this environment. The attributes are sfl-path, sfl-name and sfl-type.

📘

注:

Salesforce Classic および Lightning UI インターフェイスの自動化には、汎用の UiPath ブラウザー自動化サポートを提供する、任意のバージョンの UiPath.UIAutomation.Activities パッケージを使用できます。

以下に示す特定の属性を使用して Salesforce Lightning インターフェイスのオートメーション プロジェクトを作成するには、UiPath.UIAutomation.Activities v21.10 以上が必要です。

を使用する sfl-path

Salesforce Lightning のほとんどの要素は、sfl-path 属性を使用して識別できます。以下に、いくつかの例を示します。

検索入力フィールドを識別するセレクターには、要素の正確なパスを特定する sfl-path 属性が含まれます。

アイコンを識別するセレクター

sfl-namesfl-type を使用する

ただし、sfl-path 属性では、自動化する要素を正確に特定するのに不十分なことがあります。そのような場合は、UIExplorer に sfl-name 属性と sfl-type 属性が表示され、必要に応じてセレクターに含めることができます。

標準の HTML 属性を使用する

ページ上の要素を一意に特定するのに、Salesforce Lightning 特有の属性が不要で、標準の HTML 属性で十分な場合は、標準の <html> 戦略で次のようなセレクターが生成されます。

2 か月前に更新

Salesforce Lightning のインターフェイスのサポート


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。