通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

マウスおよびキーボードのアクティビティ

UiPath Studio は、人間が使用すると考えられる任意の種類のキーボードまたはマウスの入力をシミュレートするアクティビティを備えています。また、特定のウィンドウにフォーカスを設定できるアクティビティ、ウィンドウを最小化または最大化できるアクティビティなど、ウィンドウに対して任意のアクションを実行できるアクティビティも備えています。これらのアクティビティは、人間の操作をシミュレートするオートメーションを作成するうえで必要不可欠なものです。こちらで説明しているように、こうしたアクティビティにはいくつかのテクノロジを利用することができ、それぞれが特定の状況において独自の利点を持っています。

[ダブルクリック][クリック][ホバー] は、UI 要素のクリックやホバーをシミュレートするアクティビティです。これらは、人間の操作を真似る必要がある場合にとても便利です。これらのアクティビティは、入力として「ターゲット」を受け取ります。ターゲットとなることができるのは、Region 変数、UIElement 変数、またはセレクターです。セレクターは、何を自動化する必要があるのか、どこでアクションを実行する必要があるのかを識別するのに役立ちます。また、[画面上で指定] 機能を使用してターゲットを自動的に生成することもできます。この機能は、指定したリージョンで UI 要素の識別を試み、それらに対応するセレクターを生成します。この機能が使用できない場合は、手動での介入が必要になることがあります。

[文字を入力] は、UI 要素にキーストロークを送信します。特殊なキーがサポートされており、ドロップダウン リストから選択できます。これはオートメーションで広く使用される基本的なテキスト入力アクティビティであり、自動レコーディング ウィザードからも生成されます。このアクティビティは、入力として、書き込むテキストを格納した文字列または文字列変数、および「ターゲット」を受け取ります。ターゲットとなることができるのは、Region 変数、UIElement 変数、またはセレクターです。セレクターは、何を自動化する必要があるのか、どこでアクションを実行する必要があるのかを識別するのに役立ちます。また、[画面上で指定] 機能を使用してターゲットを自動的に生成することもできます。この機能は、指定したリージョンで UI 要素の識別を試み、それらに対応するセレクターを生成します。この機能が使用できない場合は、手動での介入が必要になることがあります。

[SecureString で文字を入力] は、UI 要素にセキュリティで保護された文字列を送信します。このアクティビティは、入力として、書き込むテキストを格納した SecureString 変数、および「ターゲット」を受け取ります。ターゲットとなることができるのは、Region 変数、UIElement 変数、またはセレクターです。セレクターは、何を自動化する必要があるのか、どこでアクションを実行する必要があるのかを識別するのに役立ちます。また、[画面上で指定] 機能を使用してターゲットを自動的に生成することもできます。この機能は、指定したリージョンで UI 要素の識別を試み、それらに対応するセレクターを生成します。この機能が使用できない場合は、手動での介入が必要になることがあります。このアクティビティは、SecureString 変数に格納されるパスワードを使用できるため、安全なオートメーションを実現する場合に役立ちます。通常、SecureString 変数は [資格情報を取得] アクティビティから提供されます。

[ホットキーを押下] は、UI 要素にキーボード ショートカットを送信します。このアクティビティは、アプリケーションでショートカットにアクセスする場合に便利であり、オートメーション プロジェクトの簡素化に役立ちます。たとえば、特定の UI 要素を表示したり特定のアクションを実行したりするためのキーボード ショートカットが使用できる場合に、UI オートメーションを実行する複数のアクティビティを置き換えることができます。このアクティビティは、入力として、書き込むテキストを格納した文字列または文字列変数、および「ターゲット」を受け取ります。ターゲットとなることができるのは、Region 変数、UIElement 変数、またはセレクターです。セレクターは、何を自動化する必要があるのか、どこでアクションを実行する必要があるのかを識別するのに役立ちます。また、[画面上で指定] 機能を使用してターゲットを自動的に生成することもできます。この機能は、指定したリージョンで UI 要素の識別を試み、それらに対応するセレクターを生成します。この機能が使用できない場合は、手動での介入が必要になることがあります。

[フォーカスを設定] は、指定した UI 要素にキーボード フォーカスを設定します。画像およびテキスト操作の自動化を実行する際は、特定のウィンドウをフォアグラウンドに (他のウィンドウよりも上に) 表示する機能が必要不可欠になります。このアクティビティは、入力として「ターゲット」を受け取ります。ターゲットとなることができるのは、Region 変数、UIElement 変数、またはセレクターです。セレクターは、何を自動化する必要があるのか、どこでアクションを実行する必要があるのかを識別するのに役立ちます。また、[画面上で指定] 機能を使用してターゲットを自動的に生成することもできます。この機能は、指定したリージョンで UI 要素の識別を試み、それらに対応するセレクターを生成します。この機能が使用できない場合は、手動での介入が必要になることがあります。

2 年前に更新


マウスおよびキーボードのアクティビティ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。