UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ネイティブ RDP オートメーションの仕組み

リモートデスクトップマシン上のアプリケーションのセレクター

UiPath リモート ランタイム コンポーネントと Windows リモート デスクトップ拡張機能のインストールが完了すると、リモート デスクトップ マシン上のアプリケーションの個々の UI 要素がネイティブで検出されます。

これは、リモートデスクトップマシンで開いたメモ帳用に生成されたセレクターの外観です。

<rdp app='mstsc.exe' cls='TscShellContainerClass' title='* - Remote Desktop Connection' />
<wnd app='notepad.exe' cls='Notepad' title='Untitled - Notepad' />

ローカルアプリケーションとして開かれるメモ帳に対して生成されたセレクターは、次のようになります。

<wnd app='notepad.exe' cls='Notepad' title='Untitled - Notepad' />

2 つのセレクターの唯一の違いは、対応する RDP 接続のすべての詳細を含む <rdp> タグです。リモートデスクトップマシンで開かれたアプリケーションから UI 要素を選択すると、自動的に追加されます。

サポートされる機能

ネイティブ RDP サポートにより、次が可能です。

  • リモートデスクトップマシンで開かれたアプリケーションのセレクターを生成する。
  • **UiPath.UIAutomation.Activities** パッケージのアクティビティ ([クリック]、[文字を入力] など) を使用する。
  • データや画面スクレイピングウィザードを使用する。
  • ブラウザーを自動化する。

アーキテクチャの概要

UiPath リモート ランタイムはリモート デスクトップ マシンにインストールされ、Windows リモート デスクトップ拡張機能はクライアント コンピューターにインストールされます。コンポーネント間の通信は、ICA 仮想チャネルを介して行われます。

1 年前に更新


ネイティブ RDP オートメーションの仕組み


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。