通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

自動レコーディング

自動レコーディングは非常に便利で時間の節約に役立ちます。自動レコーディングにより業務プロセスの骨組みを得ることができ、カスタマイズやパラメーター化を簡単に行う事も可能です。

自動的に生成されたアクティビティ

次の例に示すように、自動レコーディングで記録できるアクションの場合は、一部のアクティビティが自動的に生成されます。

  • クリック – ボタン (ベーシックおよびデスクトップ) またはリンク (Web) をクリックしたときに生成されます。[プロパティ] パネルのオプションを使用して、アクションの前後に遅延時間を追加したり、クリックの種類を変更したり、キー修飾子を追加したりできます。
  • 文字を入力 – テキスト フィールドなど、任意の編集可能な UI 要素に入力をしたときに生成されます。[プロパティ] パネルのオプションを使用して、アクションの前後またはキー ストロークの合間に遅延時間を追加したり、いつでもテキストを変更したり、入力の前にフィールド全体を消去したり ([フィールド内を削除]) できます。
  • 項目を選択 - ドロップダウン リストやコンボ ボックスから項目を選択したときに生成されます。[プロパティ] パネルのオプションを使用して、アクションの前後に遅延時間を追加したり、選択した項目を変更したりできます。
  • チェック - ラジオ ボタンやチェック ボックスをクリックしたときに生成されます。[プロパティ] パネルのオプションを使用して、アクションの前後に遅延時間を追加したり、チェック ボックスのオン/オフを切り替えたりできます。

アクティブな UI フレームワーク

記録している間は、さまざまなアプリケーション UI 要素を検出した際の異なった結果に合わせて、アクティブな UI フレームワーク を変更することができます。

次のオプションを使用できます。

既定 (Default)

これは UiPath 独自のメソッドです。通常はすべての種類のユーザー インターフェイスで問題なく機能します。

Active Accessibility

これは、アプリケーションへのアクセスを可能にするための Microsoft の以前のソリューションです。ソフトウェアが旧式で、[既定値] では機能しない場合に、このオプションの使用をお勧めします。

UI 操作の自動化

これは、Microsoft の改良型アクセシビリティ モデルです。ソフトウェアが新しく、[既定値] では機能しない場合に、このオプションの使用をお勧めします。

📘

注:

記録している間、アクティブな UI フレームワークF4 ショートカット キーを使用して切り替えることができます。

2 年前に更新


自動レコーディング


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。