通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

SAP WinGUI の操作の自動化について

SAP WinGUI は、SAP アプリケーションの SAP 機能にアクセスするために、最も広く使用されているインターフェイスです。SAP ERP、SAP ECC、SAP S/4HANA などのアプリケーション、および SAP BI/BW、SAP CRM、SAP SCM、SAP PLM、その他の SAP Business Suite アプリケーションに対応しています。

SAP WinGUI の API スクリプティングを有効にすると、信頼性の高い SAP WinGUI オートメーションを作成できます。Studio と Robot を使用するには、ローカル コンピューターとサーバー側の両方で SAP WinGUI スクリプティングを有効にする必要があります。SAP 用の最初の自動化プロジェクトを作成する前に、実行しなければならない設定手順があります。

SAP の UI 要素はコントロールと呼ばれ、それらを検出して使用するには、固有の手法やアクティビティが必要になる場合があります。詳細については、サポートされる SAP 要素を参照してください。

以下に示す SAP WinGUI のバージョンは、Windows 7 と Windows 10 の 2 つのアーキテクチャの種類 (32 ビットと 64 ビット) の両方に対応しています。SAP ログオンおよび SAP ログオン パッドは、すべてのバージョンが対応しています。

  • SAP WinGUI 7.40
  • SAP WinGUI 7.50
  • SAP WinGUI 7.60

提供中のすべてのテーマ (Belize、Blue Crystal、Corbu など) を SAP の自動化に使用できます。

以下のアクティビティは、SAP の自動化向けに特別に調整されています。

SAP WinGUI 要素に対して生成されるセレクター内では、ワイルドカード正規表現を使用できます。

SAP GUI の API スクリプティングがアクティブ化されていない場合、または組織で許可されていない場合は、Computer Vision 系アクティビティを使用して SAP WinGUI インターフェイスを操作できます。

4 か月前に更新


SAP WinGUI の操作の自動化について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。