通知を受け取る

UiPath Studio

UiPath Studio ガイド

ネイティブ RDP の自動化について

リモート デスクトップ プロトコル (RDP) は、ネットワーク経由で別のコンピューターに接続するために一般的に使用される方法です。ネイティブ RDP の自動化機能を使用することで、プロジェクトのセレクターは、自分のコンピューターで行うのと同じように生成され、Robot をインストールすることなくネットワーク上のコンピューターで実行できます。このように、少ない労力で UIAutomation アクティビティの全範囲を活用できます。

📘

注:

Besides the standard Windows Remote Desktop client, the Azure Windows Virtual Desktop client is also supported to automate Azure Virtual Desktop resources.

最初のオートメーション プロジェクトを作成する前に、これらの設定手順で説明しているように、まずリモート デスクトップ マシンに UiPath リモート ランタイム コンポーネントを、クライアント マシンに UiPath Windows リモート デスクトップ拡張機能をインストールする必要があります。

プロセスの構築に問題が発生している場合は、を参照することもできます。

2 か月前に更新

ネイティブ RDP の自動化について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。