通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

トレイ

Robot エージェント (UiPath.Agent.exe、ロボット トレイ) は Robot の実際のユーザー インターフェイスです。システム トレイ ウィンドウに利用可能なジョブを表示する WPF アプリケーションです。Robot サービスのクライアントとして、ユーザー入力に基づいて、WCF チャネルを使用してジョブの開始または停止を要求したり、設定を変更したりできます。

865

📘

注:

v2020.10 のリリースより、UiPath Assistant が Robot の既定のユーザー インターフェイスになりました。

Robot をインストールして実行すると、Robot_icon アイコンがシステム トレイに表示されます。このアイコンをクリックすると、Robot エージェントが表示され、右クリックすると [オプション] メニューが表示されます。

342

Robot エージェントを使用すると、次を行うことができます。

  • すべての利用可能なオートメーション プロセスを表示します。
    • ロボットが Orchestrator に接続されている場合、ロボット グループのプロセスとロボットが属するフォルダーが表示されます。
    • Robot が Orchestrator に接続されていない場合、%ProgramData%\UiPath\Packages フォルダーのプロセスが表示されます。Packages フォルダーは、「コマンド ライン パラメーター」ページの説明に従って指定できます。
  • 以下に示すように、プロセスを開始および停止します。プロセスが開始されると、実行ステータスが表示され、実行を一時停止、再開、または停止できます。Studio の [プロセスの設定] ウィンドウから、プロセスに対して [一時停止] ボタンを無効化できます。[ステータスを報告] アクティビティを使用すると、実行時にカスタムのステータス メッセージを表示させることができます。プロセスがトリガーされると、現在のアクティビティが実行された後にそのプロセスが一時停止されます。[ユーザー基本設定] ウィンドウからグローバル キーボード ショートカットを設定して、プロセスを一時停止、再開、または停止できます。
  • 実行中のフォアグラウンドとバックグラウンドのプロセスを表示して管理します。
342
  • 以下に示されるように、新たなバージョンが存在するプロセスや、ダウンロードしてローカルで解凍する必要があるプロセスを確認してダウンロードし、インストール状況を確認することができます。
447
  • Orchestrator への接続状態を確認できます (下図参照)。
    • 接続済み、ライセンス済み - ロボットが存在し、ライセンスが付与されている場合。ホバーすると、「ロボットは接続中で、ライセンスも取得済みです。」というツールチップ メッセージが表示されます。
    • 接続中、ライセンスなし - ロボットが存在していても、ライセンスが付与されている場合。カーソルを合わせると次のようなツールチップ メッセージが表示されます。「サーバーには使用可能なライセンスがありません」。
    • ロボットは利用できません。 - 次のそれぞれの状況で、マウス カーソルを置くと次のツールチップ メッセージが表示されます。
      a. "An Orchestrator Robot definition must exist for this user." - ロボットをホストするマシンが Orchestrator で定義されていません。たとえば、先に Orchestrator でロボットを定義せずに、ConnectionString を使用してそのロボットをデプロイした場合が該当します。
      b. “Robot does not exist.” - 定義されているロボットがありません。
      c. “There are no available licenses on the server.” - 現在、Orchestrator に用意されているライセンスがすべて使用されています。
      d. “Robot already connected to machine ‘Machine_Name’.” - フローティング ロボットが既に別のマシンで使用されています。
      e. "The machine key is linked to another machine!" - Orchestrator との接続に使用したキーが、Orchestrator で別のマシンに属しています。
  • 使用可能なプロセスを検索できます。
346 409

詳細については、Robot エージェントのフィールドの説明をご覧ください。

Robot システム トレイのアイコンの色は、Orchestrator との接続状態を次のように示します。

  • connected - 接続が確立されている場合。
  • disconnected - 未接続の場合。
  • connection_error - エラーが発生した場合 (例: UiPath Robot サービスが停止したなど)。

さらに、アイコンの上にステータスが表示されます。

ロボット エージェントを閉じても、Robot サービスは閉じられません。ユーザー モードの場合、ロボット エージェントを閉じると、Robot サービスも閉じます。

プロセスの実行中に例外がスローされると、[ランタイム実行エラー] ウィンドウが表示されます。これにはエラーの概要と詳細としてのコール スタックが含まれています。

623

2 か月前に更新


トレイ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。