通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Executor

Robot Executor (UiPath.Executor.exe) は、プロセスの実行を直接担当するコンポーネントです。Orchestrator、エージェント デスクトップロボット トレイ、または Studio からジョブを開始するたびに、Robot サービスによって Robot Executor のインスタンスが生成され、IPC プロトコルを使用して必要なすべての命令が伝達されます。

プロセスがデバッグ モードで実行されている間、Studio と Robot Executor 間の通信は、情報が先に Robot サービスに到達することなく、IPC プロトコルを介して直接行われます。

Executor は常にモニターごとに DPI 設定を認識します。つまり、ワークフローは作成時の PC 上での構成に関係なく、任意の DPI で実行できます。Studio 2018.2 で作成されたプロジェクトはブラウザーのズーム レベルに関係なく動作します。DPI 非対応または意図的に非対応とされているアプリケーションの場合は、DPI を無効化できます。

2 年前に更新


Executor


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。