通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Attended ロボットの並列実行

Attended ロボットは、人間と同じマシンで動作します。通常、ユーザー イベントによってトリガーされ、人間の監督下でのみ実行する必要があります。ライセンスに従ったロボットの自動化機能の詳細をお読みください。

Parallel Attended の実行は、特定のユーザーの端末上のロボットによって実行されます。プロセスは、同じ Windows セッションで同時に実行されます。

複数の実行中のプロセスが同じ依存関係の異なるバージョンを必要とする場合でも、実行中の各プロセスは独自のバージョンの依存関係を使用します。たとえば、プロセス A依存関係 18.4.6 を必要とし、プロセス B依存関係 19.4.4 を必要とする場合、各プロセスは、依存関係の必要なバージョンをダウンロードして使用します。

この種類のライセンスに従って、Attended ロボットは、1 つのフォアグラウンド プロセス (UI 操作によって) と複数のバックグラウンド プロセス (UI 操作なし) を同時に実行できます。

フォアグラウンド プロセスは、オートメーション プロジェクトが UI 要素を操作する必要がある場合に使用されます。これらのプロセスは、UIAutomation アクティビティに大きく依存しています。一度に実行できるフォアグラウンド プロセスは 1 つだけです。

バックグラウンド プロセスは、画面上の UI 要素を操作する必要はありませんが、情報を渡すためにバックグラウンド プロセスに依存しています。UIAutomation アクティビティは、これらの種類のプロジェクトでは使用できません。フォアグラウンド プロセスが既に実行されている場合でも、複数のバックグラウンド プロセスを 1 つのマシン上で同時に実行できます。

プロセスの種類は、通常、使用するアクティビティの種類によって決まります (UI 要素を操作するかどうか)。ただし、Studio から新しいプロセスを作成するときに種類を指定できます。デフォルトでは、特に指定しない限り、すべてのプロセスはフォアグラウンドとしてマークされます。

📘

注:

この種類のロボットでは、Orchestrator からプロセスを開始できません。ロボット エージェント (トレイ) またはコマンド プロンプトからのみ開始できます。

少なくとも 1 つのプロセスが実行されている限り、ロボットは Orchestrator でビジーとしてマークされます。

既に実行中の別のフォアグラウンド プロセスを開始することはできません。一方、バックグラウンド プロセスは、他のプロセスのステートや種類に関係なく開始できます。

バックグラウンド プロセスで[プロセスを並列実行] アクティビティを使用すれば、必要なトリガーに基づいて他のプロセスを開始できます。このアクティビティにより開始したプロセスは独立して動作します。たとえば、特定のアクションを監視するバックグラウンド プロセスによって新しいプロセス (フォアグラウンドまたはバックグラウンド) を開始し、特定のアクションの監視を中断されることなく継続できます。このアクティビティによって読み込まれたバックグラウンド プロセスは、フォアグラウンド プロセスおよび 1 つ以上のバックグラウンド プロセスが既に実行中であっても、ただちに開始されます。アクティビティがフォアグラウンド プロセスを開始した場合、以下のいずれかの状況が発生します。

  • 他のフォアグラウンド プロセスが実行されていない場合は、プロセスがただちに開始されます。
  • フォアグラウンド プロセスが既に実行中の場合は例外がスローされます。

1 年前に更新


Attended ロボットの並列実行


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。