通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Robot をライセンスする

Orchestrator で

ここで説明されているように、ライセンスをアクティベーションして Orchestrator にアップロードしたら、あとはロボットを Orchestrator に接続して適切な種類を選択するだけで使用を開始できます。これはロボットをライセンスする際に推奨される方法です。

ロボットを Orchestrator に接続するには、いくつかの方法があります。

ライセンスが使用されるたびに、[ライセンス] ページに種類ごとに反映されます。「ライセンスについて」で説明されているように、ライセンスは種類に応じて消費のされ方が異なる点にご注意ください。

コマンド ラインから

コマンド ラインからライセンスをアクティベーションするには、LicenseTool ユーティリティを使用します。

コマンド プロンプトを利用して、ロボット上でライセンスをアクティベーションすることもできます。この方法は、ロボットが Orchestrator に接続されていない場合に推奨されます。

コマンド ラインからのアクティベーションは、以下に記載されているとおり、オンラインでもオフラインでも行えます。

  • C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe activate -l 9555-2303-2194-5598 - マシンがインターネットに接続されている場合
  • C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe activate-offline -f c:\Downloads\license.txt - マシンがインターネットに接続されていない場合

📘

プロキシ経由でロボットをライセンスすることもできます。手順について詳しくは、こちらをご覧ください。

2 年前に更新



Robot をライセンスする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。