通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

はじめに

Robot は UiPath の実行エージェントであり、Studio で開発されたプロセスを実行できます。プロセスを実行するにはロボットを Orchestrator に接続するか、ローカルでライセンスを取得する必要があります (ライセンスについてをご覧ください)。活用できるロボットの種類はライセンスによって決定され、Robot サービスはデプロイ方法によって決定されます。

ロボットは複数のコンポーネントに分割され、各コンポーネントはオートメーション内の特定のタスク専用として割り当てられます。ロボットのコンポーネントは次のとおりです。

上記の説明にあるようにロボットのコンポーネントを分割することで、開発者、サポート ユーザー、およびコンピューターによるコンポーネントの実行ならびに、どのコンポーネントが実行中であるかの識別や追跡が容易になります。こうすることで、Executor およびサービスに対してそれぞれ異なるファイアウォール ルールを設定するなど、特別な動作をコンポーネントごとに設定できます。

Robot は、ローカル システム アカウントで対話型 Windows セッションを開くことができます。また Robot は、Windows サービスの権限をすべて有しています。

Installing the Robot using UiPathStudio.msi deploys it in Service Mode by default. It can also be installed from the Command Prompt, as explained on this page. Using this installer also allows you to install Agent Desktop as the default Robot Tray.

Robots can also be installed in User Mode. For your Robot, this means that it has the exact same rights as the user under which it has been installed. Installing the Robot from UiPathStudioSetup.exe deploys the User Mode Robot by default. It can also be installed from UiPathStudio.msi, as explained here, or the Command Prompt, as described on this page.

サービス モードの Robot とユーザー モードの Robot はいずれも、高密度ロボットとして設定できます。

Please note that packages downloaded by the Service Mode Robot cannot be run by User Mode Robots. This is because the Service Mode Robot downloads packages in the Local System (not the local user), and the User Mode Robot does not have permissions for that folder. If this happens, it is recommended to delete all packages downloaded by the Service Mode Robot, which are located in the %userprofile%\.nuget\packages folder.

Robot サービスとは無関係に、ロボットを Orchestrator に接続できます。

ユーザー モードの Robot をインストールした場合は、ロボット トレイを閉じると Robot サービスも終了します。サービス モードの Robot をインストールした場合は、ロボット トレイを閉じても Robot サービスは終了しません。

1 年前に更新



はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。