通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

Robot をインストールする

前提条件

Before you proceed with installing the Robot, we highly recommend checking out the compatibility matrix, as well as the Hardware and Software requirements.

Unattended ロボットをインストールするには、ロボットを実行するユーザーに対して次の設定が必要です。

  • [コンピューターの管理] 内で、Remote Desktop Users ローカル グループに追加されている。
998998

📘

重要

あらかじめユーザーを Remote Desktop Users グループに追加しているため、このグループを前述のすべてのポリシーに追加することも可能です。

970970

GUI でのインストール

ロボットをマシンにデプロイするには、次のインストーラーのいずれかを使用します。

  • UiPathPlatformInstaller.exe
  • UiPathStudio.msi
  • UiPathStudioSetup.exe

📘

注:

It is NOT supported to have both the User Mode installer (UiPathStudioSetup.exe) and the Windows installer (UiPathStudio.msi) versions of Studio and the Robot on the same machine.

インストーラーは、Robot の初回購入時に提供されるか、カスタマー サクセス マネージャーまたはサポート チームから入手可能です。

ライセンス契約の条項を読み、同意すると、インストールを続行できます。

UiPathPlatformInstaller.exe

★削除★ UiPathPlatformInstaller.exe file allows you to install the Robot, Studio, and Orchestrator. Administrator rights are required for installation. Please note that this file does not accept command line arguments.

By default, the Robot is installed in the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio directory, but you can change it by adding a custom path in the Installation Path field.

Agent Desktop is automatically installed. You can access it from the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\AgentDesktop directory, or the UiPath Agent Desktop app from the Start Menu.

783783

[製品] セクションから、インストールするコンポーネントを選択します。

  • UiPath Robot のみインストール - 使用するマシン上でオートメーション プロジェクトの実行のみが必要な場合に推奨されます。
  • UiPath Studio と Robot をインストール - 既定のオプションです。使用するマシン上でオートメーション プロジェクトのデザインと実行の両方が必要な場合に推奨されます。

[インストールの種類] セクションから、インストールする Robot の種類を選択します。

  • Service Mode - recommended for unattended automation scenarios and large-scale platform deployments, and runs with the same rights as the user under which it is registered.
  • User Mode - recommended for attended automation scenarios, and runs under the user that installed it, having the exact rights as that particular user.
840840

その他のオプション

インストールをさらにカスタマイズできるオプションがいくつかあります。

  • その他の設定:
    • Enable Signed Execution - If selected, only signed packages can be installed and executed. Read more about signing and verifying packages.
    • Disable Secured XAMLs - If selected, no security for process .xaml files is used, meaning users are allowed to read and modify the process files and logic.
    • テレメトリを無効化 - 選択した場合、UiPath は製品の使用またはパフォーマンスに関するデータを収集しません。詳しくは「テレメトリをオプトアウトする」をご覧ください。

[標準] タブでは、次のオプションが利用できます。

  • ライセンス コード - 任意の項目です。スタンド アロンの無料トライアル、または Enterprise Edition のライセンス キーがある場合は入力します。空白のままにすると、Studio の初回起動時に Studio をアクティベーションするようにプロンプトが表示されます。
  • トレイの Robot を自動的に開始 - 選択した場合、インストールが完了した後、Robot が自動的に起動されます。
  • StudioX Excel アドイン - 選択した場合、StudioX および Microsoft Excel の連携アドインもインストールします。
840840

[詳細] タブでは、次のオプションが利用できます。

  • ツール - チェックボックスにチェックを入れると、JavaChrome、または Citrix 拡張機能もインストールします。拡張機能の詳細についてはこちらをご覧ください。
  • Orchestrator Connection String - Provide the connection string to automatically connect your robot(s) to Orchestrator. More details here.
  • Custom Packages Path - Enables you to provide a custom download location for your workflows and dependencies for UiPath Studio and Robot. By default, these are saved to %ProgramFiles(x86)%\UiPath\Studio\Packages です。
  • パッケージ構成 - ローカル アクティビティをインストール (既定で有効) するかどうか、およびアクティビティの オンライン フィードを無効化するかどうかを選択します。詳しくは「アクティビティ フィードについて」をご覧ください。
  • カスタム NuGet フィード - [フィード名] および [フィード URL] フィールドを使用して、カスタム NuGet フィードをインストールに追加します。
840840

UiPathStudio.msi

★削除★ UiPathStudio.msi file allows you to install the Robot and Studio. Administrator rights are required for installation. Command Line Arguments can be used with this file.

This file installs the Robot in the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio directory. It can only be changed with command line arguments.

インストーラーの [詳細] ボタンをクリックすると [製品の機能] ウィンドウが開き、インストールするコンポーネントを選択できます。

495495

既定では、Studio と Robot がインストールされます。これは、対象のマシンでオートメーション プロジェクトのデザインと実行を両方行いたい場合に推奨されます。

Robot のみをインストールする場合は、[UiPath Studio] 機能の横にある buttonbutton ボタンをクリックして、[インストールしない] オプションを選択します。

338338

The Service Mode Robot is installed by default. This is recommended for unattended automation scenarios and large-scale platform deployments, and runs with the same rights as the user under which it is registered.

If you want to install the User Mode Robot, click the buttonbutton button next to the Register as Windows Service feature and select the Entire feature will be unavailable option.

333333

その他の機能をインストールする場合は、インストールする機能の横にある buttonbutton ボタンをクリックして、[この機能はローカル ハード ドライブにインストールされます] オプションを選択します。

333333

追加できるその他の機能は以下のとおりです。

  • Install local activities feed - Creates the local activities feed, in the C:\Program Files (x86)\UiPath\Studio\Packages folder, by default. This option is enabled by default. Having the activities packages locally is useful if you do not intend to connect your Robot to Orchestrator, or you want to have better control of the activities used in an automation project. Check out the list of default activities packages here.
  • エージェント デスクトップの使用 - Robot を起動するときに、ロボット トレイではなく、エージェント デスクトップが開きます。有人による優れた自動化の環境を実現するには、この方法をお勧めします。
334334
  • クライアントを自動でスタート - Windows を起動したときにロボット トレイを起動します。このオプションは既定で無効化されています。
  • UiPath Java 拡張機能 - Java アプリケーションとの連携と自動化をしやすくする UiPath Java 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。Java Bridge をインストールする場合、インストール時間が通常より長くなる場合があります。このオプションは、Java Bridge をシステム ドライブの Java フォルダーにのみインストールします。システム ドライブにないカスタム JRE を使用している場合は、ScreenScrapeJavaSupport ツールを使用して手動でインストールする必要があります。
  • UiPath Chrome 拡張機能 - Chrome でのプロセスの自動化に必要な UiPath Chrome 拡張機能をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。
  • UiPath Citrix 拡張機能 - ネイティブで Citrix アプリを自動化するプロジェクトを作成するための [UiPath Citrix 拡張機能] をインストールします。既定では、このオプションは無効化されています。

Robot とすべてのサブ機能をインストールする場合は、[Uipath Robot] 機能の横にある buttonbutton ボタンをクリックして、[ローカル ハード ドライブにすべてインストール] オプションを選択します。

314314

UiPathStudioSetup.exe

★削除★ UiPathStudioSetup.exe file allows you to install Studio and a User Mode Robot. The installation path is %localappdata%\UiPath, and all other advanced options are already configured to help you get Studio up and running right away.

📘

注:

The User Mode installer (UiPathStudioSetup.exe) does not require administrator rights, meaning that it is installed per user and is limited to the rights that the user has.

コマンド ラインを使ったインストール

Studio and Robot can also be installed using command line arguments with the UiPathStudio.msi file. Administrator rights are required for command line installation. Installing Orchestrator with command line arguments is done with the UiPathOrchestrator.msi file.

1 年前に更新



Robot をインストールする


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。