通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

コマンド ライン インターフェイス

Robot コマンド ライン インターフェイス (UiRobot.exe) は、ジョブの開始を要求することができ、ジョブの出力を待つコンソール アプリケーションです。Robot サービスの直接のクライアントであり、WCF チャネルを使用して通信が行われます。

ロボットでサポートされるコマンド ライン引数の利用には、UiPath Robot サービスが実行されている必要があります。実行されていない場合は、Microsoft 管理コンソール サービス スナップインから起動してください。

11151115

コマンド ライン引数を使用しやすくするために、cd (change directory) コマンドを使用してロボットがインストールされているディレクトリまで移動します。もしロボットの既定の場所を変更していなければ、次のコマンドを使うことができます。例: cd C:\Program Files\UiPath\Studio

引数の説明の章に表示されている例は、このアクションを行ったと仮定して構成されています。

9 か月前に更新


コマンド ライン インターフェイス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。