通知を受け取る

UiPath Robot

UiPath Robot ガイド

LicenseTool コマンドの説明

UiPath.LicenseTool.exe は、ライセンスをオンラインまたはオフラインでアクティベーションし、ライセンス情報を更新できるコマンド ライン ユーティリティです。このユーティリティは、既定で C:\Program Files\UiPath\Studio フォルダーにあります。

Please note that this tool is only used to activate your license locally. If you choose to activate your license with this tool, it is important to specify that you use a Stand-alone license when you create a Robot in Orchestrator for that particular machine.

このページに記載されている例はすべて、ユーザーがまず cd コマンド (cd C:\Program Files\UiPath\Studio) を使用して UiPath.LicenseTool.exe ユーティリティの格納場所まで移動した、という想定で構成されています。

オンラインでの操作

次のコマンドを使用して要求を処理するには、アクティブなインターネット接続が必要です。

アクティベート (Activate)

既存のライセンス コードを使用してライセンスをオンラインでアクティベーションするには、activate コマンドを使用します。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-l--LicenseCode

アクティベーションに必要なライセンス コードです。

必須です。

-u--ProxyUrl

プロキシ接続に使用される URL (http://your.proxy.server.com など) です。

任意です。

-p--ProxyPort

プロキシ接続のポート番号です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-s--ProxyUser

プロキシ接続に関連付けられているユーザー名です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-w--ProxyPassword

プロキシ接続に関連付けられているユーザーのパスワードです。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe activate -l 9555-2303-2194-5598
License registration state: ActiveLicense
License successfully activated!

オンラインでのアクティベーションは Studio からも行えます。

更新

既存のライセンスをオンラインで更新するには、update コマンドを使用します。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-u--ProxyUrl

プロキシ接続に使用される URL (http://your.proxy.server.com など) です。

任意です。

-p--ProxyPort

プロキシ接続のポート番号です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-s--ProxyUser

プロキシ接続に関連付けられているユーザー名です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-w--ProxyPassword

プロキシ接続に関連付けられているユーザーのパスワードです。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe update
License registration state: ActiveLicense
License successfully updated!

ディアクティベーション

ローカル ライセンスをディアクティベーションするには、deactivate コマンドを使用します。これにより、ライセンスが別のコンピューターでアクティベーションできるようになります。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-u--ProxyUrl

プロキシ接続に使用される URL (http://your.proxy.server.com など) です。

任意です。

-p--ProxyPort

プロキシ接続のポート番号です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-s--ProxyUser

プロキシ接続に関連付けられているユーザー名です。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

-w--ProxyPassword

プロキシ接続に関連付けられているユーザーのパスワードです。

任意です。-u パラメーターを使用する場合は必須です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe deactivate
License registration state: NoLicenseAvailable
License successfully deactivated!

オフラインでの操作

Activation-Request

ライセンス コードからアクティベーション トークンを生成するには、activation-request コマンドを使用します。生成されるトークンは、対応するライセンス ファイルを生成するためにアクティベーション ポータルで使用する必要があります。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-l--LicenseCode

アクティベーションに必要なライセンス コードです。

必須です。

o--FileName

ライセンス情報をファイルに書き込みます。このパラメーターを指定しないと、ライセンス情報はコマンド プロンプト ウィンドウに表示されます。

任意です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe activation-request -l 9555-2303-2194-5598
Activation Token: eyJsaWNlbnNlQ29kZSI6Ijk1NTUtMjMwMy0yMTk0LTU1OTgiLCJlbWFpbCI6InNvbWUuZW1haWxAZXhhbXBsZS5vcmciLCJtZXRhZGF0YSI6eyJyYW0iOiIzNDE0NjA0MTg1NiIsImRpc3BsYXlOYW1lIjoiSW50ZWwoUikgVUhEIEdyYXBoaWNzIDYzMCIsInZlcnNpb24iOiIxOS43LjAiLCJzeXN0ZW1MYW5nIjoiMDQwOSIsInN5c3RlbU1vZGVsIjoiT3B0aVBsZXggNTA2MCIsIm9zTmFtZSI6IlBDLURPRE9JVUIiLCJ1c2VyTmFtZSI6ImJvZ2Rhbi5kb2RvaXUiLCJzeXN0ZW1OYW1lIjoiUEMtRE9ET0lVQiIsImRpc3BsYXlSZXMiOiIxMDI0IGJ5IDc2OCBwaXhlbHMsIFRydWUgQ29sb3IsIDYwIEhlcnR6IiwicHJvY2Vzc29yIjoiSW50ZWwoUikgQ29yZShUTSkgaTctODcwMCBDUFUgQCAzLjIwR0h6Iiwic3lzdGVtVHlwZSI6Ing2NC1iYXNlZCBQQyJ9LCJsaWNlbnNpbmdNb2RlbERhdGEiOnsidXNlcklkIjoiYm9nZGFuLmRvZG9pdSIsIm1hY2hpbmVJZCI6IlBDLURPRE9JVUIifX0=
Go to https://activate.uipath.com and paste the activation token in the dialogue box to generate the license file for offline activation.

Activate-Offline

ライセンスをオフラインでアクティベーションするには、activate-offline コマンドを使用します。activation-request コマンドで生成されるアクティベーション トークンを使用してアクティベーション ポータルから取得したライセンス ファイルを使用します。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-f--LicenseFile

アクティベーション ポータルから取得したライセンス ファイルへのパスです。

必須です。1

-i--LicenseContent

Activation-Request 操作の使用後に受け取るライセンス ファイルのコンテンツです。

必須です。1

  • 1 - activate-offline 操作では、パラメーター -f または -i のいずれかしか使えません。同時に両方を使用することはできません。
C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe activate-offline -f c:\Downloads\license.txt
License registration state: ActiveLicense
License successfully activated!

オフラインでのアクティベーションは Studio からも行えます。

Update-Request

ライセンスの更新トークンを生成するには、update-request コマンドを使用します。生成されるトークンは、対応するライセンス ファイルを生成するためにアクティベーション ポータルで使用する必要があります。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-o--FileName

ライセンス情報をファイルに書き込みます。このパラメーターを指定しないと、ライセンス情報はコマンド プロンプト ウィンドウに表示されます。

任意です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe update-request
Update Token: eyJsaWNlbnNlQ29kZSI6Ijk1NTUtMjMwMy0yMTk0LTU1OTgiLCJlbWFpbCI6bnVsbCwibWV0YWRhdGEiOnsicHJvY2Vzc29yIjoiSW50ZWwoUikgQ29yZShUTSkgaTctODcwMCBDUFUgQCAzLjIwR0h6Iiwic3lzdGVtTW9kZWwiOiJPcHRpUGxleCA1MDYwIiwidXNlck5hbWUiOiJib2dkYW4uZG9kb2l1IiwiZGlzcGxheVJlcyI6IjEwMjQgYnkgNzY4IHBpeGVscywgVHJ1ZSBDb2xvciwgNjAgSGVydHoiLCJ2ZXJzaW9uIjoiMTkuNy4wIiwicmFtIjoiMzQxNDYwNDE4NTYiLCJzeXN0ZW1MYW5nIjoiMDQwOSIsIm9zTmFtZSI6IlBDLURPRE9JVUIiLCJkaXNwbGF5TmFtZSI6IkludGVsKFIpIFVIRCBHcmFwaGljcyA2MzAiLCJzeXN0ZW1UeXBlIjoieDY0LWJhc2VkIFBDIiwic3lzdGVtTmFtZSI6IlBDLURPRE9JVUIifSwibGljZW5zaW5nTW9kZWxEYXRhIjp7InVzZXJJZCI6ImJvZ2Rhbi5kb2RvaXUiLCJtYWNoaW5lSWQiOiJQQy1ET0RPSVVCIn19
Go to https://activate.uipath.com and paste the update token in the dialogue box to generate the license file for offline update.

Update-Offline

ライセンスをオフラインで更新するには、update-offline コマンドを使用します。update-request コマンドで生成される更新トークンを使用してアクティベーション ポータルから取得したファイルを使用します。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-f--LicenseFile

アクティベーション ポータルから取得したライセンス ファイルへのパスです。

必須です。1

-i--LicenseContent

Update-Request 操作の使用後に受け取るライセンス ファイルのコンテンツです。

必須です。1

  • 1 - update-offline 操作では、パラメーター -f または -i のいずれかしか使えません。同時に両方を使用することはできません。
C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe update-offline -f c:\Downloads\license-update.txt
License registration state: ActiveLicense
License successfully updated!

Deactivation-Request

ローカル ライセンスをオフラインでディアクティベーションし、ディアクティベーション トークンを生成するには、deactivation-request コマンドを使用します。ライセンスは、ローカル コンピューター上でただちにディアクティベーションされ、必要に応じて別のライセンスをアクティベーションできます。ライセンスのディアクティベーションを行うには、生成されるディアクティベーション トークンをアクティベーション ポータルで使用する必要があります。このコマンドを使用してオフラインでディアクティベーションされたライセンスは、解放されるまで再利用できない点にご注意ください。次のパラメーターがサポートされています。

パラメーター

説明

Priority

-o--FileName

ライセンス情報をファイルに書き込みます。このパラメーターを指定しないと、ライセンス情報はコマンド プロンプト ウィンドウに表示されます。

任意です。

C:\Program Files\UiPath\Studio\UiPath.LicenseTool.exe deactivation-request
Deactivation Token: eyJsaWNlbnNlQ29kZSI6Ijk1NTUtMjMwMy0yMTk0LTU1OTgiLCJsaWNlbnNpbmdNb2RlbERhdGEiOnsidXNlcklkIjoiYm9nZGFuLmRvZG9pdSIsIm1hY2hpbmVJZCI6IlBDLURPRE9JVUIifSwibWV0YWRhdGEiOnsib3NOYW1lIjoiUEMtRE9ET0lVQiIsInVzZXJOYW1lIjoiYm9nZGFuLmRvZG9pdSIsInZlcnNpb24iOiIxOS43LjAiLCJkaXNwbGF5UmVzIjoiMTAyNCBieSA3NjggcGl4ZWxzLCBUcnVlIENvbG9yLCA2MCBIZXJ0eiIsInN5c3RlbU5hbWUiOiJQQy1ET0RPSVVCIiwicHJvY2Vzc29yIjoiSW50ZWwoUikgQ29yZShUTSkgaTctODcwMCBDUFUgQCAzLjIwR0h6Iiwic3lzdGVtVHlwZSI6Ing2NC1iYXNlZCBQQyIsInJhbSI6IjM0MTQ2MDQxODU2IiwiZGlzcGxheU5hbWUiOiJJbnRlbChSKSBVSEQgR3JhcGhpY3MgNjMwIiwic3lzdGVtTGFuZyI6IjA0MDkiLCJzeXN0ZW1Nb2RlbCI6Ik9wdGlQbGV4IDUwNjAifX0=
License successfully deactivated locally!
To release the license on the sever side and use it on another machine, go to https://activate.uipath.com/deactivate and paste the deactivation-request.

一般的な操作

UiPath.LicenseTool.exe ユーティリティには、一般的なコマンドもいくつか含まれています。ライセンスに関する情報を取得し、サポートされているコマンドとパラメーターに慣れるのに役立ちます。

コマンド

説明

info

以下のような、ライセンスに関する情報を表示します。
アクティベーション ID
ライセンス登録ステート
ライセンス コード
開始日
終了日
猶予期間 (日数)
猶予期間を含む終了日
次の確認日

help

サポートされているすべてのコマンドとパラメーターに関する情報を表示します。

version

UiPath.LicenseTool.exe ユーティリティのバージョンを表示します。

6 か月前に更新


LicenseTool コマンドの説明


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。