通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.4.2 (GA)

一般提供 (GA)

Release date: 8 July 2020

Test Manager の一般提供

Test Manager の一般提供を開始しました。Test Manager を使用することにより、1 つの場所で要件管理、分析とレポート、手動テスト、テストの文書化を行えます。

更新内容

リリース バージョン管理スキーム

バージョン管理スキームをセマンティック バージョン管理に変更し、更新を区別しやすくしました。このバージョン管理スキームを採用することにより、Test Manager では次の例で示すリリース形式でバージョン管理を行います。例: 20.4.2 (メジャー.マイナー.パッチ)

Xray Test Management for Jira との連携

Xray Test Management for Jira を使用してテスト管理ができるようになりました。Test Manager に Xray をコネクターとして追加することで、テストを同期できます。コネクターの追加には、前提条件として Jira Server のアカウントと UiPath Test Manager for Jira v1.0.5 が必要です。
詳細については、「Connecting an Xray Project (Xray プロジェクトに接続する)」をご覧ください。

[手動] / [自動化済み] ラベルの自動追加

テスト ケースにオートメーションを追加すると、自動で [自動化済み] のラベルがテスト ケースに付けられます。同様に、手動テスト用のテスト ケースには [手動]のラベルが付けられます。これらのラベルは互いに独立しているため、1 つのテスト ケースに両方のラベルを付けることもできます。一般的なシナリオでは、これらをフィルター処理のオプションとして使用できます。

テスト実行のステータス

[テスト結果] ページでは、テスト実行のステータスを [実行中]、[完了]、または [キャンセル済み] のテストに絞り込んで確認できます。実行中のテスト実行は一覧の最上部に配置されるため、すぐに確認できます。

テスト ケースを作成する

[要件] ページでテスト ケースを作成して要件に直接割り当てられるようになりました。

改良点

テスト ケース バージョンの表示

概要ウィンドウでテスト ケースのバージョンを表示し設定できます。

インストール中にテナント設定を構成

Test Manager のインストール中にテナント設定を構成できます。パスワードはテナント固有です。

プロジェクト設定

使いやすさを向上させるために、[プロジェクト設定] ボタンを、現在開いているプロジェクトの上部ツールバーに移動しました。

カスタム外部レポート

外部レポート ツールに新しいビューと列を追加しました。
使用できるようになったビューと列は以下のとおりです。

  • Requirements (要件) (id (ID)、objkey (オブジェクト キー)、name (名前)、description (説明)、project_id (プロジェクト ID))
  • Requirements Test Cases (テスト ケースの要件) (requirement_id (要件 ID)、test_case_id (テスト ケース ID))
  • Defects (不具合) (id (ID), external_key (外部キー)、external_link (外部リンク)、name (名前)、description (説明))

現在のビューに以下の列が追加しました。

  • Test Case Logs (テスト ケース ログ) (variation_id (バリエーション ID)、defect_id (不具合 ID))
  • Test Executions (テスト実行) (id (ID), description (説明))
  • Test Cases (テスト ケース) (project_id (プロジェクト ID))

テスト ステップ結果の手動変更

直前に実行されたテスト ケース内で誤って設定されたテスト ステップ結果を手動で変更できるようになりました。

Orchestrator のフォルダー

手動で Test Manager にフォルダーを追加する必要がなくなりました。実行結果が、関連付けられた Orchestrator インスタンスから自動で取得されるようになりました。

バグ修正

  • 特定の状況下では、Orchestrator から特定のフォルダー内の結果をインポートできないという問題がありましたが、フォルダーが正常にインポートできるようになりました。
  • ステップを含めずにテスト セットを実行すると、失敗した結果が生成されていました。このようなテスト セットの結果は、 [なし] と表示されるようになりました。
  • エラー メッセージが正常にフォーマットされていませんでした。
  • 複数のデータの組み合わせを使用してデータ ドリブン テスト ケースを実行すると、不正確な結果が生成されるとともに、テスト ケースのログに詳細が表示されませんでした。

7 か月前に更新


2020.4.2 (GA)


一般提供 (GA)

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。