通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.10.1

公開日: 2020 年 10 月 28 日

🚧

重要

Test Manager をアップグレードするには、v2020.10.2 を使用する必要があります。v2020.10.1 は、アップグレードから取り下げされました。

更新内容


Azure DevOps との連携

Synchronize your work items to Test Manager to expand on your test management efforts, agile planning, and defect tracking. For more information, see Connecting an Azure DevOps Project.

ユーザーとロールの管理

Assign roles and privileges, and manage users that have access to Test Manager. For more information, see Users and Groups.

ファイルの添付

Add any file type as a document to your requirements, test cases, and test sets, to improve contextual information. For more information, see Documents.

カスタム フィールド

Define custom attributes for your requirements, test cases, and test sets. For more information, see Custom Fields.

メール通知

Now you can configure an email server to receive notifications about user access authorizations. For more information, see Email Notifications.

改良点


ダッシュボード レポート

テスト プロジェクトのステータスを、以下の KPI パネルから簡単に把握できるようになりました。

  • 未解決の不具合: Jira に接続されたプロジェクトの不具合のレポートです。
  • 合計カバレッジ: 要件の合計数のうち、少なくとも 1 つのテスト ケースが割り当てられている要件の割合です。
  • 自動化率: 自動化/手動の手順が定義されていないテスト ケースの割合です。自動化された/手動テスト用のテスト ケースもそれぞれ表示します。

手動テスト

エラーに関するより詳細なレポートを作成するために、手動テスト用のテスト ケース実行に対してスクリーンショットやその他のファイルを追加できるようになりました。

テスト セット

Orchestrator からテスト セットをリンクして、Test Manager から実行できるようになりました。

ナビゲーションと検索

検索とフィルター処理機能を改良し、最近作業したオブジェクトを簡単に見つけられるようにしました。

UX の改良

アイコン パッケージに磨きをかけ、新しいスタイルに作りかえました。

廃止・削除された機能


外部レポート

The Execution Results Summary view is now deprecated and will be removed in future versions from the set of reporting views described in Using External Reporting Tools.

バグ修正


  • Test Manager の v2020.4.3 へのアップグレードが正常に実行されませんでした。
  • 正しく構成されていないコネクターに対する不具合の作成に失敗していました。
  • 不具合を作成すると、正常な試行に対して例外をスローしていました。
  • 特定の状況下では、不具合のリンクを解除するとエラーが発生していました。
  • ソースから Jira の要件を削除しても、Test Manager に正常に反映されませんでした。
  • Jira と Xray を介して追加されたテスト ケースが読み取り専用ではありませんでした。
  • オブジェクトを正常に作成した後、まれに設定ウィンドウが閉じていました。
  • 3 文字未満の単語を使用して検索を行うと、空のポップアップ メッセージが表示されていました。
  • 不具合がリンクされていないと、不具合に関する情報がテスト実行結果に表示されませんでした。
  • Jira では削除されたが Test Manager には残っているテスト ケースが実行結果に含まれていた場合、実行結果が Xray にプッシュされませんでした。
  • データ ドリブンなテスト ケースを再実行すると、エラーが発生していました。
  • テスト ケースからオートメーションのリンクを解除しても、ページを更新しないと [自動化済み] ラベルが削除されませんでした。
  • Test Manager で Xray のテスト ケースを削除しても、Jira では [UiPath Automation] ラベルが残ったままでした。
  • Test Manager からプロセスの記録のドキュメントのリンクが表示されても、Task Capture でプロセスの記録にアクセスできませんでした。
  • モダン フォルダーでの Orchestrator のテスト実行が、Test Manager では表示されませんでした。
  • テスト ケースに複数のラベルを適用すると、特定の状況下で内部サーバー エラーが発生していました。
  • テスト ケースがないテスト セットを実行できていました。
  • テスト セットの結果に、以前に削除されたテスト ケースが表示されていました。
  • テスト実行の一覧がランダムな順で表示されていました。
  • 特定の状況下では、不具合のリンクを解除するとテスト ケースのエラーが発生していました。

7 か月前に更新


2020.10.1


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。