通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2021.4.3

Release date: 26 April 2021

新機能と改良点

Excel の自動化

新しいアクティビティ

  • Autofit Range - Changes the displayed column width and/or row height in the specified range to the widest entry in each column and the highest entry in each row.
  • Get Excel Chart - Copies an Excel chart to the clipboard for use in other activities or saves it as a picture file.
  • Insert Excel Chart - Inserts a chart in a sheet at the specified location.
  • Find/Replace Value - Searches in a specified range for certain values. Depending on what operation you choose, it either returns the location of the cell or replaces the value with another given value.
  • Refresh Excel Data Connections - Gets the latest data by refreshing all sources in an open Excel workbook.
  • Update Excel Chart - Updates the properties of an existing Excel chart.

改良点

  • SharePoint support has been added to the Use Excel File activity. You can open Excel files stored on SharePoint by placing the SharePoint URL in the Excel File field.
  • A new property called Read Formatting was added to the Use Excel File activity that lets you choose the formatting that will be applied to values read from Excel.
  • A new property called Start in column was added to the Append Range activity.
  • A new property called Empty Row Behavior was added to the For Each Excel Row activity that lets you select how the automation behaves if an empty row is encountered.
  • The Text files entry was added to the Select File dialog when browsing for Excel files using the Use Excel File activity.
  • You can now choose whether Excel windows are visible during the automation and what formatting will be applied to values read from Excel by using the options in the Excel Project settings window.
  • New formatting options have been added to the Format Cells activity that enable you to change the alignment, font, and the fill color of a cell.
  • The Copy Range activity has received the following updates:
    • タイトルを [範囲をコピー/貼り付け] に変更しました。
    • [ターゲット] フィールドがセルをサポートするようにしました。1 つのセルを指定し、そのセルを起点として、コピーしたデータを書き込むことができます。
    • 新しく [ソースのヘッダーを除外] オプションを追加しました。オンにすると、[元の範囲] の最初の行はコピーされません。
  • You can now get the number of rows in an Excel object (ranges, tables, sheets) by using the Row Count property through the Plus plus buttonplus button menu.
  • The Excel Project Settings window has been updated with a new settings category called Excel Preview that determine how Excel files are accessed when using the Plus plus buttonplus button menu.

メールの自動化

改良点

PowerPoint の自動化

新しいアクティビティ

改良点

  • SharePoint support has been added to the Use PowerPoint Presentation activity. You can open presentations stored on SharePoint by placing the SharePoint URL in the PowerPoint File field.
  • A new property called Replace all has been added to the Replace Text in Presentation activity.
  • The Add Table Data to Slide activity has been updated with the following new properties:
    • ソースのヘッダーを除外 - オンにすると、追加元の表の最初の行がコピーされません。
    • 動作 - スライドへの表データの追加方法を決定します。
  • [アクティビティ] パネルの [プレゼンテーション] カテゴリの名称を [PowerPoint] に変更しました。

Word の自動化

新しいアクティビティ

改良点

  • You can now open and modify documents from remote locations (e.g. SharePoint/Teams) using a URL in the Word file field of the Use Word File activity. Currently this only supports opening existing files, you can’t create new files on a remote location using a URL path.

共通アクティビティ

新しいアクティビティ

  • Generate Data Table from Text - Generates a DataTable variable from structured text.
  • Modify Date - Updates a date value using modifications including adding or subtracting days and finding the first or last day of the week, month, or year.
  • For Each Row in Data Table - Executes an action once for each row in a specified Data Table.
  • Filter Data Table - Enables you to filter a Data Table by specifying conditions in the Filter Wizard window.
  • Read Row Item - Retrieves a value from a row in a Data Table according to a specified column.
  • Update Row Item - Assigns the specified value into the indicated column of a Data Table row.

改良点

  • You can now use saved for later credentials from the Get Username/Password activity to enter passwords in activity fields that require SecureString passwords.
  • Orchestrator credentials can now be retrieved using the Get Username/Password activity and choosing Orchestrator in the Credentials Source field.

Google Workspace (G Suite) の自動化

Google ドキュメント系Google ドライブ系、および Google スプレッドシート系アクティビティを使用して、お使いの Google Workspace でファイル、ドキュメント、およびシートを作成・編集できるようになりました。これらのアクティビティを使用するには、まず [パッケージを管理] ウィンドウから UiPath.GSuite.Activities パッケージの最新バージョンをインストールする必要があります。

Google ドライブからファイルまたはフォルダーを指定する必要があるアクティビティを設定する際に、アクティビティ内で利用可能なファイル ブラウザーを使用してファイルまたはフォルダーをすばやく指定できます。

When working with Google Sheets activities, you can select sheets and named ranges directly from the Plus plus buttonplus button menu.

StudioX では以下のアクティビティが利用可能です。

Automation Ops によるガバナンス

  • StudioX can now be governed through Automation Ops, a new web-based application available in Automation Cloud that offers an easy way to define and deploy governance policies across the organization.

その他の改良点

  • 各アクティビティの連携先のアプリケーションを識別しやすくするために、Excel、PowerPoint、Word、Google スプレッドシート、Google ドキュメント、および Google ドライブ カテゴリ下のすべてのアクティビティで、連携先のアプリケーションと同じアイコンが表示されるようになりました。
  • The Repair Tool for Microsoft Office has an improved user experience and a few new features:
    • 修復計画の一部として、Microsoft Office の修復ツールを実行できます。
    • 修復の実行後に問題が発生した場合は、Windows レジストリを修復前の設定に復元できます。
    • 修復計画に含めるアクションを選択し、計画を実行する前に各アクションのレジストリ変更に関する詳細を確認できます。
  • Excel アドインをインストールする際に、システム上に古いインストールが存在するかどうかを StudioX が検出し、ある場合は自動的にアンインストールするようになりました。
  • ファイルの自動化アクティビティにおけるプロパティの表示名 [[CurrentFile] フル パス] の「フル パス」部分を「完全名 (フル パスを含む)」と表示されるように変更しました。

既知の問題

  • [メールを送信]、[メールを転送] または [メールに返信] アクティビティの本文として使用するために選択した Word 文書に画像が含まれている場合、一部の画像が送信するメールの本文に表示されないことがあります。
    メールの本文に画像が表示されない場合は、以下の回避策をお試しください。
    • Word 文書を開いて画像を削除した後、再度画像を追加します。
    • Word 文書の拡張子を .zip に変更し、アーカイブを展開してから、[word] フォルダー内にある [document.xml] ファイルを開きます。xml ファイル内で属性 r:link を検索し、削除します (例: r:link="rId11")。ファイルを保存し、展開したファイルを再度 zip 圧縮してから拡張子を .docx に戻します。

バグ修正

  • Fixed an issue where an activity was not focused when clicking the Plus plus buttonplus button menu.
  • The Copy Range activity no longer incorrectly pastes the data when columns are selected as the source range.
  • 大規模なプロジェクトにアクティビティを追加すると、 StudioX が一時的にフリーズすることがありましたが、この問題を修正しました。

1 日前に更新


2021.4.3


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。