通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.4.1

Release date: 11 May 2020

更新内容

UiPath Assistant

本リリースでは、UiPath Assistant が新しく登場しました。幅広い機能を備えており、有人の (ユーザーの操作を伴う) 自動化に活用できるさまざまなテクニックを提供します。代表的な機能は以下のとおりです。

  • プロセスのスケジューリングに役立つアラーム ウィジェット
  • よく使用するプロセスに素早くアクセスできるお気に入り登録機能
  • その他、ドキュメントに記載されているさまざまな機能

注: 本リリース以降は、従来のロボット トレイへの新機能の追加はありません。また、従来のロボット トレイは 2021.4 からサポート対象外になる点にご注意ください。今後は UiPath Assistant をご使用いただくことをお勧めします。

ピクチャ イン ピクチャ (試験段階)

ユーザーとロボット間のコラボレーションをさらに強化するピクチャ イン ピクチャ機能が登場しました。ユーザーが使用しているマシン上で、分離セッションを使用して Studio と StudioX のプロセスやライブラリを実行・デバッグできるため、作業の手を止める必要がありません。

デスクトップ上に表示される調整可能なウィンドウで Assistant の挙動を確認しつつ、別の業務に対応できます。Assistant を使用して上手にマルチタスクをしましょう。

診断ツール

Diagnostic Tool (診断ツール) はこれまでのコマンドライン「diagtool.exe」に代わる機能で、使いやすい UI、グループ化されたコレクター、収集された情報のプレビュー機能を備えており、今回新しく提供されたコマンドラインとは別物です。収集したい情報に応じたコレクターを事前定義された一覧の中から選択し、収集後にその情報をプレビューできます。

SafeNet を使用してログインする

ロボットのログイン セッションのセキュリティを向上させるため、SafeNet AT の HSM と連携しました。アクティベーションすると、Unattended ロボットは HSM を使用して Windows にログインします。

簡略化されたプロキシ設定

プロキシ設定が 1 つのファイルで構成できるようになりました。ファイル内のパラメーターを設定するだけで、UiPath Assistant、NuGet、および Orchestrator 関連のアクティビティでこのプロキシ設定をグローバルに使用できます。

Robot JavaScript SDK

Robot JavaScript SDK を使用することでブラウザーからでもプロセスを実行できるようになりました。手順は簡単で、対応するアドオンをインストールし、ユーザーの好みに合わせて SDK の仕様を設定するだけです。これにより、プロセスを Web ブラウザーから簡単に開始できると共に、引数を渡したり、出力を元にプロセスを開始したりすることができます。

互換性が損なわれる変更

本リリース以降、バージョンが 2020.4 の Robot が接続できるのは、バージョンが 2019.10 以降で TSL 1.1 以降をサポートする Orchestrator インスタンスのみとなります。

既知の問題

  • Newtonsoft.Json.Linq.JObject 変数が定義されているワークフローを含む Orchestrator プロセスを実行すると失敗します。
  • Windows のメイン セッションへのログインに PIN を使用している場合、ピクチャ イン ピクチャのセッションを開始するたびに資格情報の入力を求められます。パスワードを使用して Windows セッションにログインする場合は、この問題は発生しません。

バグ修正

  • Studio から開始したプロセスに対して、Orchestrator 内のロボットのステータスがリアルタイムで更新されていませんでした。
  • ローカルでライセンスされた Studio を使用しており、Windows 資格情報マネージャー内のユーザーの資格情報が以下の形式の場合、コマンド ラインからプロセスを実行すると例外がスローされていました。
    UiPath:user=domain\user
    Domain\user
    Password

7 か月前に更新


2020.4.1


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。