通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2022 年 5 月

2022.4

Release date: 9 May 2022  

今年最初のロング ターム サポート製品である、v2022.4 をリリースしました。 

Studio and Robot received some important performance improvements, and you can now automate faster from build to run. UiPath Assistant becomes available on macOS, and you can run attended automations on more platforms. 
Action Center now allows you to encrypt data, providing better control, thus restricting visibility of user-sensitive data. You can use OAuth 2.0-based robot authentication and connect your unattended robots to Orchestrator with a client ID and client secret pair. Also, you can build connections between objects by defining tags and then adding them to different objects across the UiPath products.

更新内容 

パフォーマンスの改良 

Studio でさまざまな機能強化を行ったことにより、起動速度、プロジェクトを開いて作成する速度、多数のファイルを含むプロジェクトでソース管理に変更を送信する速度が向上しました。Windows およびクロスプラットフォームのプロジェクトにおいて、実行時とパブリッシュ時の両方でコンパイル速度が向上しました。同様に、v2022.4 の Studio で作成された Windows とクロスプラットフォーム対応のプロセスの起動速度が、前回のリリースと比較して最大 50% 向上しました。また、プロジェクトの実行時に、実行と実行の間でプロジェクトを閉じて再度開いた場合でも、最後の実行以降に変更されたファイルのみが再コンパイルされるようになりました。

macOS で UiPath Assistant が利用可能に 

We are happy to announce that with the 2022.4 release, UiPath Assistant for macOS becomes available on macOS, enabling you to access automations right from your desktop. The Auto-Update functionality now also supports Assistant and Robot on macOS.

OAuth 2.0 ベースのフレームワークを使用したロボットの認証  

In this release, we ship a new robot authentication mechanism that uses the OAuth 2.0 framework as the basis for its authentication protocol, meaning unattended robots can connect to Orchestrator using a client ID - client secret pair generated via machine template objects. The client ID - client secret pair generates a token that authorizes the connection and provides the robot with access to Orchestrator resources.

Orchestrator のタグ機能 (リソース カタログ サービス)  

Starting with 2022.4, you can build connections between objects by defining tags and adding them to different objects across the UiPath products. Tags allow you to identify which resources are relevant to you or create a unified taxonomy to help everyone find resources faster.

Document Understanding に手書き文字の読み取り機能と新しい ML パッケージを追加 

Handwriting capabilities are now available for the UiPathDocumentOCR and the UiPathDocumentOCR_CPU packages, by integrating the HandwritingRecognitionOCR. UiPathDocumentOCR_CPU, Utility Bills, W9, and Passports ML Packages are now available as GA and five new out-of-the-box pre-trained ML Packages are now available to ease your work. On top of this, New architecture is available on extraction ML Packages, with major benefits. The Evaluation Excel spreadsheet also received new sheets, allowing you to better organize and interpret the evaluated data. 

Action Center でデータの暗号化が可能に 

Action Center now allows you to encrypt data that could contain user-specific or organization-specific information. This becomes critical for organizations that have multiple teams using the same infrastructure. In the 2022.4 release, we provide an option for organizations to store Action data in an encrypted state for specific business categories. Data encryption allows individual teams to encrypt data so they can keep Action data and other sensitive information separated and controlled. This new feature enhances security and strengthens privacy protection. Find out more details in our documentation.

Orchestrator の組織レベルでの SAML 連携

この連携により、Okta や PingOne など、SAML 2.0 標準をサポートするサードパーティの ID プロバイダー (IdP) に UiPath の環境を接続できます。
この連携はこれまでもホスト レベルで利用できましたが、今回からは組織レベルでも有効化できるようになりました。

Standalone Orchestrator: About the SAML authentication model | Configuring the SAML integration (for organizations)

製品別のリリース ノート  

このリリースに含まれる UiPath 製品群の各コンポーネントの更新内容の詳細については、以下のリンク先をご覧ください。 

相互運用性マトリクス

For more information, see the compatibility matrix table.

アクティビティ パッケージのバージョン

以下のバージョンのアクティビティ パッケージが .msi インストーラーに含まれており、ローカル フィードから確認できます。

  • アスタリスク (*) の付いたパッケージは、Studio で新しく作成されるプロジェクトに依存関係として既定で追加されます。
Activity PackVersion
UiPath.UIAutomation.Activities*v22.4.4
UiPath.System.Activities*v22.4.1
UiPath.Web.Activitiesv1.11.1
UiPath.Excel.Activities*v2.12.3
UiPath.Mail.Activities*v1.15.1
UiPath.Word.Activitiesv1.10.1
UiPath.ComplexScenarios.Activitiesv1.1.6
UiPath.Presentation.Activitiesv1.3.3
UiPath.Testing.Activities*v22.4.2
UiPath.MobileAutomation.Activitiesv22.4.4
UiPath.Persistence.Activitiesv1.3.4
UiPath.PDF.Activitiesv3.6.0
UiPath.Terminal.Activitiesv2.4.0
UiPath.Form.Activitiesv1.9.6

5 か月前に更新


2022 年 5 月


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。