通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2021 年 3 月

2021 年 3 月 22 日

改良点

  • コンテナーが空の時に十分なスペースが確保されるようにして、コントロールを中にドロップする際のユーザー エクスペリエンスを向上させました。
  • コントロールをドロップする際にコンテナーが自動で展開されないようにしました。このため、コンテナーがネストされていてもコントロールをスムーズに配置できるようになりました。
  • [プロセスを開始] ルールの実行時の挙動を改良しました。ルール内でプロセスが指定されていない場合は、以下のようなメッセージが表示されるようになりました。
  • コントロールの名前が長くても、検索パネルで適切に表示されるようにしました。
  • 所有者を変更する際に表示されるダイアログから、余分なスペースを削除しました。

バグ修正

  • ボタンのテキストが複数行にわたる場合に、テキストが中央揃えで表示されていませんでした。
  • 多数の項目を含む [カスタムの一覧] が複数ある場合、特定のシナリオでの実行時にアプリが応答しなくなっていました。
  • [プロセスを開始] ルールからその子ルール内に、[エラーの種類] と [エラー メッセージ] のチップをドラッグ アンド ドロップできませんでした。
  • [URL を開く] ルールが、一部の有効な URL に対して機能しませんでした。
  • コンテナーを、配置が横方向に設定されている別のコンテナーにドロップすると、ドロップした子コンテナーがつぶれて表示されていました。
  • [ボタン] コントロールにアイコンの一覧が正しく表示されませんでした。
  • [一覧] コントロールに対して、[非表示] プロパティと [無効化] プロパティの設定が機能しませんでした。
  • コントロールのプロパティに対する単一の変更が保存されないことがありました。
  • テナントの名前を変更すると、プロセスを同期できませんでした。
  • ラベルのスタイルを変更しても、一部のプロパティが変更されていないと、スタイルが [カスタマイズ済み] に変更されませんでした。
  • [テキストボックス] コントロールの幅を [Auto] に設定しても、設定が保持されませんでした。
  • 現在のページから前のページに戻ると、戻った先のページの背景色が、戻る前のページの背景色に変更されていました。
  • ユーザーがキャンバスを操作しないと、プロセスのデータが表示されませんでした。
  • [カスタムの一覧] を追加してその中のテンプレートを選択すると、コントロールが自動的に上へスクロールされていました。
  • 特定の状況でアプリをインポートできませんでした。

2021 年 3 月 10 日

改良点

  • アプリの実行時に、ページの読み込みイベントによってプロセスを開始するのにかかる時間を短縮しました。
  • 必要な情報だけが選択的にインポートされるようにして、実行時のパフォーマンスを最適化しました。

バグ修正

  • ドロップダウン リストを開いた状態でページをスクロールしても、ドロップダウン リストがスクロールされずにその場に表示され続けていました。
  • アプリのデザイン時に、「日付の選択」コントロール内にカーソルが表示されていました。
  • ルール ビルダー内の [ページを開く] ルールで、すべてのプロパティ フィールドの横に余計な線が表示されていました。
  • 表のヘッダーを選択すると、プロパティ パネルにトークンが表示されていました。
  • テキストボックスを選択すると、選択中であることを示す枠線が表示されるために、コントロールが少し大きく表示されていました。
  • ドロップダウン リストをポップアップ ページに配置すると、実行時にオプションが表示されませんでした。
  • ルール ビルダーにおける [メッセージを表示] ルールの特定のプロパティで、不要なスクロール バーが表示されていました。
  • カスタムの一覧で項目を選択すると、項目間のスペースの色が変化していました。
  • インポートしたアプリを実行した際に、開始ページではないページが最初に表示されていました。
  • インポートしたアプリを使用すると、特定のケースで、無効なバインドを示すエラーが誤って表示されていました。
  • App Studio 内の特定の文字列のローカライズに関する問題を修正しました。
  • デザイン時と実行時で、列のヘッダーと本文のスタイルが逆になっていました。

3 か月前に更新


2021 年 3 月


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。