通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.4.0

Release date: 11 May 2020

改良点

Insigts が Orchestrator の階層フォルダー構造をサポートするようになりました。このためすべてのダッシュボードとデータを、フォルダーおよび/またはサブフォルダーでフィルター処理できます。

フォルダー機能に加え、Insights は長期実行のワークフローもサポートするようになりました。長期実行のワークフロー データ専用にデザインされたダッシュボード (Go! Marketplace からダウンロード可能) とライセンス データ (Insights のインストール後すぐに利用可能) を追加しました。

UiPath Platform に新しく加わった StudioX ロボット、Studio Pro ロボット、Testing ロボットは Insights で完全にサポートされており、これらのロボットのデータを取り込むことができます。

また、Insights のインストールやテナント有効化の手順、ならびにアップグレードの方法をよりシンプルになるように改良しました。

既知の問題

  • Insights のバージョンをアップグレードした後、ブラウザーのキャッシュをクリアして Insights のページをリロードし、UI の更新を反映させる必要があります。
  • [ロボット] ダッシュボードのガント チャート ウィジェットを編集すると、Insights と Orchestrator のページがどちらも応答しなくなる場合があります。
  • カレンダー ヒートマップ ウィジェットを Orchestrator で表示しようとしても正常に機能しません。このウィジェットは現在は Insights ポータルでのみ表示できます。
  • [ビジネス ROI] ダッシュボードを画像としてエクスポートしようとすると失敗する場合があります。なお、PDF としてのエクスポートは正常に機能します。この問題は Orchestrator でのみ発生し、Insights ポータルでは期待どおり動作します。
  • Orchestrator のプロセスのカスタム名の設定が Insights に反映されません。

7 か月前に更新


2020.4.0


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。