通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

一般提供 (GA)

Release date: 26 April 2021

The ever-increasing scale at which organizations develop automations has brought about the need for an easy way in which companies can ensure all those who design and publish automations adhere to development standards and comply with certain rules, a need the file-based governance model already available for UiPath Studio can only partially meet.

この状況を受けて、今回 UiPath Automation Ops の一般提供を開始しました。一元化された Web ベースのアプリケーションである Automation Ops を使用すれば、大規模なデプロイ環境でも簡単にガバナンス ポリシーを定義してデプロイできます。

主な機能

Here is a quick rundown of what Automation Ops has to offer. For more information, see the Automation Ops Guide.

ガバナンス ポリシーの定義

You can create as many policies as you need for UiPath Studio and UiPath Assistant.

  • For each profile in UiPath Studio, you can enforce:
    • 全般、デザイン、場所の設定
    • ユーザーが使用できるアクティビティ パッケージのソース
    • ワークフロー アナライザーのルールで定義された開発標準
  • For UiPath Assistant, you can manage access to widgets, widget feeds, and custom widgets.

ガバナンス ポリシーのデプロイ

Policy deployment is as granular or as coarse as you need it to be, you can deploy policies at tenant, group, or user level.

さまざまな製品バージョンのサポート

Automation Ops has a different policy template for each supported version of the governed products. When you update Studio and Assistant in your organization, update the policy template to that version to ensure the settings match.

ファイルベースのガバナンスからの簡単な移行

You can quickly migrate your existing Studio policies for the file-based model by generating governance files from Studio and uploading them in Automation Ops.

Automation Ops へのアクセス方法

Automation Ops は UiPath Automation Cloud の一部であり、管理者は Automation Cloud の [管理] セクションからアクセスできます。

2 か月前に更新


一般提供 (GA)


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。