通知を受け取る

UiPath リリース ノート

UiPath リリース ノート

2020.7.0

2020 年 8 月 5 日

オンプレミスの AI Fabric の一般提供 (GA) 開始

オンプレミスの AI Fabric の一般提供を開始しました。これは、シングル ノードで構成された、オンプレミスの AI Fabric の最初のバージョンです。今回のリリースにより、マシン ラーニング モデルを Linux 仮想マシン上でローカルにデプロイ、実行、改善できるようになりました。従来のクラウド版に加えてオンプレミス版もデプロイできるようになったため、ユーザーは最適なモデルを選択して AI Fabric の機能を利用できるようになりました。

注: 今回のリリースに伴い、v20.4 でリリースされたオンプレミス版の AI Fabric を非推奨とし、限定提供版として維持します。なお、このバージョンの AI Fabric を利用しているユーザーに対しては、アップグレードの準備が整うまで引き続きサポートを提供します。

AI Fabric はすぐに利用開始できます。トライアル フォームを送信することで UiPath でのエンタープライズ サーバー無料評価版 (英語のみ) に登録できます。登録後すぐに受信する無料評価版用のメールに含まれる新しいセクションには、ライセンス ファイルのダウンロード URL と AI Fabric のインストール方法 に関するドキュメントへのリンクが記載さます。ハードウェアおよびソフトウェア要件に関する情報については、こちらのページをご確認ください。
UiPath 独自の Document Understanding 用のモデルとともに、一般的なタスク (テキストの分類、オブジェクトの検出、表形式データの分類) のためのさまざまなモデルを、オープンソースのコミュニティからデプロイできます。また、独自のモデルを構築し、それを使用することもできます。

6 か月前に更新


2020.7.0


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。