通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

TemplateOne 1.0.0

Release date: 29 April 2022

このページでは、TemplateOne 1.0.0 について詳しく説明しています。

新機能

TemplateOne パッケージ

TemplateOne には 2 つのパッケージが用意されています。

  • TemplateOne-EventLog-1.0.0.mvtag;
  • TemplateOne-Cases-EventLog-1.0.0.mvtag です。

If your data for cases and events is available in one input file, you use TemplateOne-EventLog-1.0.0.mvtag. If your data for cases and events is split up into two different input files, you use TemplateOne-Cases-EventLog-1.0.0.mvtag. See Getting started with TemplateOne.

基本 SQL コネクタ

この TemplateOne のリリースには、基本 SQL コネクタが含まれています。

🚧

重要

今回のリリースでは、SQL コネクタを含む Process Mining アプリを初めて公開します。このアプリには、Microsoft SQL Server のデータベースも必要です。Microsoft SQL Server のライセンスは UiPath Process Mining のライセンスには含まれていないため、個別に取得する必要があります。

基本 SQL コネクタを備えた TemplateOne を使用するには、定義された形式と入力データが一致する必要があります。TemplateOne を使用するには一部のフィールドは必須です。つまり、TemplateOne が正しく動作するには、必須のデータが入力データのファイルで利用可能な状態である必要があります。必須フィールドは次のとおりです。

  • アクティビティ
  • case_id
  • event_end

その他のフィールドは任意で、TemplateOne でより詳細なデータを表示させるために使用できます。

さらに、TemplateOne では、ケースとイベントの両方のプロパティで、カスタムのケース/イベント フィールドを利用できます。

  • text 型: 30 フィールド
  • double 型: 10 フィールド
  • datetime 型: 10 フィールド

See Input tables of TemplateOne.

データベース接続の構成

A TemplateOne.setting.csvconfiguration file is now available to set up the database connection string. See Steps to roll-out TemplateOne.

改良点

  • [実際の日付][予定日] がエンドユーザー フィルターとして利用できるようになりました。
  • エンドユーザー フィルター [イベントの手動処理時間][イベントの処理時間] に置き換えられました。
  • エンドユーザー フィルター [イベントの手動処理時間][イベントの処理時間] に置き換えられました。

3 か月前に更新

TemplateOne 1.0.0


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。