通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator および SAP Connector 2021.10

Release date: 25 October 2021

This page provides more information about the Purchase-to-Pay Discovery Accelerator and SAP Connector for Purchase-to-Pay Discovery Accelerator.

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator


買掛金 (Accounts payable)

The Purchase-to-Pay Discovery Accelerator now enables you to analyze the Accounts payable process of the Purchase-to-Pay process regarding paying suppliers and vendors for goods and services purchased. The new Accounts payable menu contains the following dashboards to analyze the Purchase-to-Pay process from an invoices point of view:

  • Accounts payable - Process
  • Accounts payable - Invoice items
  • Accounts payable - Events
    [Accounts payable] メニューの導入に伴い、[Analysis] メニューの名称を [Procurement] に変更し、メニュー内のダッシュボードも以下のように変更しました。
  • Procurement - Process
  • Procurement - Purchase requisitions
  • Procurement - Purchase orders
  • Procurement - Events
  • Procurement - Root cause analysis

📘

[Procurement] プロセスまたは [Accounts payable] プロセスのいずれかのみを分析する場合は、不要なプロセスのダッシュボードを無効化できます。その場合、コネクタでは Purchase-to-Pay Discovery Accelerator で使用されるデータのみが読み込まれます。

ダッシュボード

Events ダッシュボード

[Procurement] - [Events][Accounts payable] - [Events] ダッシュボードを追加しました。ビジネス ユーザーは、Purchase-to-Pay プロセスで発生するイベントをより詳細に分析できます。ブロック イベントや変更イベントは、理想的には発生しないほうがよいため、非標準値として示されます。

Efficiency - On-time payment

The new Efficiency - On-time payment dashboard enables you to monitor discounts and analyze on-time and late payments. It displays detailed information on discounts and losses caused by early or late payments. See Efficiency - On-time payment.

詳細

Details - Invoices ダッシュボードと Details - Invoice items ダッシュボード

[Details] - [Invoices] および [Details] - [Invoice items] ダッシュボードを追加しました。請求書や請求書明細をさらに詳細に分析できます。このダッシュボードでは、請求書または請求書明細の属性の詳細と、それらに関連するイベントが表示されます。

Details - PO items

[Details] - [End-to-end] ダッシュボードの名称を、[Details] - [PO items] に変更しました。また、[PO items] ダッシュボード内に [Process overview] ダッシュボードを追加しました。ここでは、選択中の 1 つの購買発注明細の詳細情報と、その明細に関する全情報の概要を示すガント チャートが表示されます。

新機能

根本原因分析 (Root-cause analysis)

[Procurement] - [Root cause analysis] ダッシュボードを追加しました。ビジネス ユーザーは、望ましいプロセスとの差異を引き起こす具体的な根本原因を特定できます。根本原因分析を使用すると、特定の望ましくない動きが見られる購買発注明細の状態を分析できます。

The imageimage in the header of:

  • [Efficiency] - [Supplier performance] ダッシュボードの項目 [What is the late delivery rate?]
  • [Efficiency] - [On-Time payment] ダッシュボードの項目 [Discounts]
  • [Compliance] - [Maverick buying] ダッシュボードの項目 [Where does maverick buying occur?]
    このマークをクリックすると、定義済みのフィルターが適用された状態で [Analysis] - [Root cause analysis] ダッシュボードが開きます。

以下の画像で例をご確認ください。

482482

KPI

[Procurement] - [Process] ダッシュボードの KPI に、[Percentage first time right] を追加しました。

アクティビティ コードの属性

Activity code is now available as an optional attribute in the Events_base table of the Purchase-to-Pay Discovery Accelerator input data. See Input Tables of Purchase-to-Pay Discovery Accelerator 2021.10.

設定: Activity code

If you define the Activity code attribute as an input attribute, you can configure the attribute description in the SAP Connector for Purchase-to-Pay Discovery Accelerator.

Several activities in the Purchase-to-Pay Discovery Accelerator are used to calculate metrics or tags. If the Activity code attribute is defined in your input data, the activity code is used for these calculations instead of the attribute name.

If your source system uses a different name for a certain activity, the Activity code can be used to map your activity to the appropriate activity in Purchase-to-Pay Discovery Accelerator to make sure that the correct activities are used for calculations. The Activity code attribute also enables you to display the name of the attribute in your local language. In this case, you replace the attribute name with the localized name.

See Configuring the Activity code

改良点

規定外購買 (Maverick buying)

[Overview] - [Procurement] ダッシュボードと [Compliance] - [Maverick buying] ダッシュボードの KPI である [Maverick buying] が、すべてのユーザー フィルターを考慮するようになりました。たとえばサプライヤーのフィルターを適用すると、[Percentage maverick buying] の KPI は選択したフィルター条件に適応し、選択したサプライヤーの規定外購買率のみが表示されます。

Efficiency - Automation ダッシュボード

[Efficiency] - [Automation] ダッシュボードのデータが、購買発注書のエンドツーエンド イベントではなく、Events_base テーブルのすべてのエンティティのイベント ログに基づいて表示されるようになりました。

期間フィルター

ほとんどのダッシュボードで期間フィルターの名称を変更し、実際に適用される日付の種類が表示されるようにしました。たとえば、 [PO creation date] などです。

Value (値) の属性

すべての Value (値) の KPI とメトリックに、値が属するエンティティを示す情報が含まれるようになりました。たとえば、[Value (requested)][Value (ordered)][Value (invoiced)] のように表示されます。

割合を示すメトリック

The Number of metric now also has a Percentage of metric available in the same dashboard. It calculates the relative size of an entity within a category related to the other categories.

カスタマイズ性の向上

分布グラフと棒グラフのリンク、およびプロセス グラフと棒グラフとのリンクを、これらのグラフを含むすべてのダッシュボード上で解除しました。このため、KPI を追加しやすくなりました。

スタイル

The styling of dashboards is now in line with TemplateOne and Process Mining (Cloud).

ヒントや情報ウィンドウのテキストの改良

情報ウィンドウのテキストやヒントのオーバーレイに、基となる属性の意味も表示されるようにしました。

KPI バー

KPI バーに表示される KPI の順序を、すべてのダッシュボードで統一しました。

SAP Connector for Purchase-to-Pay Discovery Accelerator


新機能

入力テーブル

New input tables are added for Accounts payable and additional attributes are added to existing tables. See Input Data of the SAP Connector for Purchase-to-Pay Discovery Accelerator for a complete overview.

改良点

会計伝票の種類の設定

SAP_Connector_for_Purchase-to-Pay_Discovery_Accelerator.settings.csvAccounting document type (BLART) の設定パラメーターを追加しました。これにより、支払いの種類を設定できます。

6 か月前に更新

Purchase-to-Pay Discovery Accelerator および SAP Connector 2021.10


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。