通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

DataBridgeAgent を使用してデータを読み込む

📘

注:

DataBridgeAgent を使用すると、データが BLOB ストアに読み込まれます。このため、Process Mining Cloud にデータを読み込む際には UiPath Automation Cloud によって IP アドレスを確認することができません。つまり、お使いのテナントに IP 制限が設定されている場合、信頼できる IP 範囲にないマシンから DataBridgeAgent でデータを読み込んだ場合でも制限が適用されず、データが Process Mining Cloud にアップロードされます。

はじめに

オンプレミス (スタンドアロン) のディスカバリー アクセラレータで使用するデータを抽出したりデータセットを準備したりするのと同様に、Process Mining でもデータをソース システムから抽出してデータセットを作成する必要があります。このページでは、DataBridgeAgent を使用して Process Mining で使用するためのデータをソース システムから抽出する方法について説明します。

📘

注:

DataBridgeAgent は、カスタムの .mvp コネクタがある場合にのみ使用してください。それ以外の場合は、CData Sync、Theobald Xtract Universal for SAP、またはファイルを使用してデータをアップロードします。

DataBridgeAgent をダウンロードする

Use the following link to download DataBridgeAgent: https://download.uipath.com/ProcessMining/versions/22.4.1/DataBridgeAgent/DataBridgeAgent-22.4.1.zip.

DataBridgeAgent はスタンドアロンのツールです。DataBridgeAgent を使用するための別個のフォルダーをサーバー上に作成することをお勧めします。

📘

注:

DataBridgeAgent は必ず C:\ ドライブのフォルダーにインストールしてください。DataBridgeAgent には非常に長い名前のコネクタが含まれており、ファイル パスが非常に長くなる可能性があります。このため、datarun.bat ファイルを実行してデータセットを作成する際に問題が発生する可能性があります。

DataBridgeAgent を Process Mining のインストール フォルダー (PLATFORMDIR) にインストールしないでください。また、DataBridgeAgentダウンロード フォルダーにインストールしないでください

DataBridgeAgent

DataBridgeAgent はスタンドアロン パッケージで、Process Mining Cloud で使用するためのデータをソース システムから Snowflake に抽出するために使用します。DataBridgeAgent には UiPath Process Mining のオンプレミス (スタンドアロン) のビルドと、データセットを準備するために必要なオンプレミスの .mvp コネクタが含まれています。現在、DataBridgeAgent には以下のオンプレミス .mvp コネクタが含まれています。

If you want to use your own custom .mvp connector, you can add it to DataBridgeAgent. In this case, you need to configure DataBrigdeAgent for use with your connector. See Adding a custom connector to DataBridgeAgent.

オンプレミス版のインストールとの違い

DataBridgeAgent はオンプレミス (スタンドアロン) でのインストールとは異なります。違いは以下のとおりです。

  • コマンドライン ツールであるため、ユーザー インターフェイスを持たない
  • 個別のライセンスを必要としない
  • IIS を必要としない

📘

注:

DataBridgeAgent には、既にコネクタが含まれています。コネクタ自体をダウンロードしてデプロイする必要はありません。

前提条件

See System requirements.

To be able to upload the data to Automation Cloud you need to have the Shared Access Signature (SAS) uri of the Azure blob storage to which the extracted data needs to be uploaded. See Obtaining the SAS uri of a process app.

SAP ソース システムからデータを抽出する

If you want to use data directly from your SAP system in Automation Cloud you must set up the SAP extraction before you can use DataBridgeAgent. See Set up Native SAP Extraction for a detailed description.

.csv ファイルを読み込んでデータを抽出する

.csv ファイルから読み込んだデータを使用する場合は、以下を必ず確認してください。

  • テーブルごとに別個の .csv ファイルが利用可能である。
  • .csv ファイルのファイル名が、コネクタの入力テーブルの名前と同じである。
  • Process Mining で使用されるすべてのフィールドが .csv ファイルに存在する。
  • .csv ファイルのフィールドの名前が、Process Mining の列で使用されているフィールドの名前と同じである。

The CSV settings can be defined in the CSV parameters of the DataBridgeAgent.

ODBC 接続経由でデータを抽出する

ODBC 接続を介して外部データ ソースのデータを使用する場合、必要な ODBC ドライバーがサーバーにインストールされていることを確認してください。

📘

注:

64 ビット バージョンを持つデータベースには、すべて ODBC 接続を使用してアクセスできます。必要な 64 ビット ODBC ドライバーを UiPath Process Mining サーバーにインストールし、サーバーがその特定のシステムにアクセスできる必要があります。

資格情報ストアを使用する

A Credential store allows you to use passwords without showing the actual password. See Set up a Credential Store for a detailed description.

By default, an encrypted credential store is used. See Setting up an encrypted file-based credential store for more information.

📘

注:

サーバー設定を変更するには、<EXTRACTORDIR>\databases\ServerSettings.json ファイルを編集します。

約 1 か月前に更新

DataBridgeAgent を使用してデータを読み込む


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。