通知を受け取る

UiPath Process Mining

UiPath Process Mining ガイド

AppOne について

はじめに

Process Mining uses data to visualize and analyze the actual end-to-end processes, with all variants and relevant key performance indicators. AppOne consists of multiple dashboards, visualizing different parts of the input data. In this training, a dataset representing an Invoice process is used in the examples and demos.
Traditional Process Mining focuses on analyses to find process improvements. In AppOne it is also possible to constantly monitor your processes after these improvements.

ロール

AppOne では、次の 2 つのロールを使用できます。

  • 監視ユーザー
  • Analyst
    When you log in to AppOne for the first time, you will have the Monitoring Role assigned.

ロール固有のダッシュボード

Certain dashboards in the Overview menu are related to the specific role that you have in AppOne.
All other dashboards available for both roles.

ロールを変更

See Menu Overview.

監視が必要な理由

Monitoring is the act of checking the progress and quality of a process on a regular basis. The goal of monitoring is to determine if everything is going as expected. If deviations are found, action can be taken to improve or change a process.
While monitoring, no detailed analysis of a process is done; instead, you look at the so-called KPIs and Tags.

KPI とタグ

KPI とは、特定の特性の実績値を経時的に評価するための測定可能な値です。KPI は Key Performance Indicator (主要業績評価指標) の略です。

AppOne では、プロセスの監視にタグも使用します。タグとは、このプロセスにおける重要なケースの特性です。通常、これらのタグは、組織のプロセス アナリストが実装フェーズで定義します。

KPIs and Tags support a method for organizations to get everyone on the same page. It is good to involve people by having them monitor their own contribution to the process. It enables the ones who are most invested to look for ways to improve.
It also ensures that the improvements have a high buy-in from the people who must implement them.

分析が必要な理由

Analyzing is the act of examining the process methodically and in detail.
The goal is to either, gain a better overall understanding of the process, or to answer a specific question about the process.

初期分析

Typically, this first analysis is done when the process data is being connected to the platform. The process is then analyzed to understand what is really going on and to identify certain aspects of the process.
Important steps in the first analysis:

  1. KPI とタグを特定し、定義する
  2. データを分類して属性を特定する (ケースの種類、顧客の種類など)
  3. データの完全性と正確性を調べる
  4. 不完全なデータまたは不要なデータをフィルター処理する

To do this successfully one needs to understand the process completely.
The purpose of this first analysis is to make future analyses easier and less error-prone. It allows others to monitor or analyze the data, and to make their analysis experience better.

目標主導型分析

具体的な分析を開始する理由はいくつかあります。以下に、その代表的な例を示します。

  • 特定の数値を得ることを求められた場合: 「先月のスループット時間はどれくらいでしたか。」
  • 監視ユーザーから好ましくない傾向が通知された場合: 「ダッシュボードによると、私のチームの KPI (スループット時間) が増大しているようです。原因の究明を手伝ってください。」
  • 分析が必要な業務上の問題が生じた場合: 「これらのチケットに関する顧客対応に時間がかかると、苦情が増えています。改善できないでしょうか。」

このような分析の目標は、疑問を解決することですが、最初からうまくいくとは限りません。より詳細な分析のために、新たにデータを追加する必要がある場合もあります。重要なのは、そうした新しいデータをわざわざ追加する価値があるかどうかを検討することです。

An alternative method could be to change KPIs and/or Tags. This could lead to new insights and improve the monitoring experience.
A common pitfall when analyzing is to get distracted from the original analysis goal. During goal driven analysis, often new process problems or questions arise, that are tempting to dive in immediately. It is a skill to focus on answering the most important questions and spend time later to answer other questions.

関係者

プロセスの監視と分析は、さまざまなロールで実行できます。

関係者

AppOne のロール

説明

マネージャー、チーム リーダー

アナリスト

KPI やタグについてより詳しく知る必要がある監視ユーザーです。

データ アナリスト、データ サイエンティスト、プロセス アナリスト、プロセス所有者

アナリスト

KPI とタグを正確に見極め、プロセスについて完璧に把握します。
目標主導型分析を実行し、プロセス所有者や監視ユーザーに問題に対する答えまたは解決策を提示します。

プロセス アナリスト、マネージャー、チーム リーダーなど

監視ユーザー

すべてのユーザーがプロセスの同じ KPI とタグにアクセスできますが、特定のロールのみが必要とする固有の KPI も存在します。

たとえば、営業部門は顧客獲得に関する KPI を使用し、IT 部門はダウンタイムについて検討するための KPI を選ぶかもしれません。

2 か月前に更新


参照

e ラーニング プラットフォーム「UiPath アカデミー」で提供しているコースを受講すると、プロセスを分析し、プロセスの改善状況を監視するために、AppOne のメリットを最大限に活用できるようになります。

UiPath アカデミー

AppOne について


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。